原島敏郎

はらしまとしろう

有限会社 原島マネジメント研究所

[ 大阪市北区 ]

コラム

2015-05-24

新任マネジャーが部下との絆を深める方法

データベースをつくる宿題

 ある企業さんのマネジャーの方々を対象にした研修で、2か月後にフォロー研修を開催することが決まっていたので、「部下のデータベースを作ってくる」というのをフォロー研修までの宿題にしました。すると、ある方が「無理です」とおっしゃいました。理由を聞くと「自分はプレイングマネジャーで、担当を持っている。部下は全員で23人。そのうち20名は違うフロアにいる。2ヶ月で全員のデータベースを作るために会話の場を持つことなど無理です」というので、「では、何人ならできそう?」と聞いてみました。「1人。自分の課に他部署から異動してきた女性社員がいます。最近来たばかりで、まだよく知らないので彼女のデータベースなら作ってみてもいい」「じゃあ、その方だけでいいので取り組んでみてください」ということにしました。宿題のために形ばかりの取り組みはしてほしくなかったからです。「目的はその人と会話をすること。話をすること自体で“あなたに興味や関心がある”というメッセージにもなるし、話のなかからその人の強みや能力を見つけることもあるので、是非やってみてほしい。やってみると何か気づくことがあります」と伝えました。
 2ヶ月後のフォロー研修の朝、そのマネジャーが私の姿を見つけるなり飛んできました。「見てください」といって差し出された表はなんと23人の名前が入ったデータベース。「どうしたんですか?」「いや、これいいわ。役に立ったわ。」と言ってくれましたので、事例として発表してもらうことにしました。発表は次のような内容でした。

宿題をやってみて

 宿題としてデータベースをつくることにした女性は、他部署から異動してきたばかりだが、パソコンのスキルが高く、同じフロアの他の課の人たちからも教えてほしいという声があった。お昼休憩のシフトの関係でお弁当を持ってきて一人で食べていることが多いので、彼女に声をかけた。「貴女が自分の課に来てからゆっくりと話が出来ていないので、話がしたい。もしよかったら、明日お弁当を持ってこずに、一緒に外に食べに行かない?」と聞くと快く受けてくれた。当日色々な雑談をしながら、「ところでお休みの日はどんなことしているの?」「ボランティアをやっています。ボランティアといっても、子どもたちと遊んでいるだけですけどね」彼女は近所の同じ年代の女性たちと一緒に、月1回日曜日に近所の3歳から5歳ぐらいの幼児を集めて「お遊び会」をやっている。毎月、次の「お遊び会」ではどんな遊びをするかを「お遊び会」の前の日曜日に女性たちで集まって、お母さん方のアンケートも参考にしておもちゃをつくったり、簡単な紙芝居をつくったりしている。その「お遊び会」のリーダーをやっている。
 彼女は会社ではおとなしくあまり活発に会話もしない方なのでびっくりして、「すごいリーダーシップを発揮していますね」と驚きを伝えたが、「いやいや、子どもたちと遊ぶのが好きだから。リーダーシップといえるものではないです」「いくら好きだからといっても、ボランティアで来ている人たちをまとめて活動しているところが素晴らしい。十分リーダーシップを発揮していますよ。是非、そのリーダーシップを仕事にも活かしましょうよ。貴女はパソコンスキルが高いので、他の課の人たちも教えてほしいという話があるんです。私もサポートするから、勉強会を開きましょう」と言うと、彼女も引き受けてくれて勉強会を開催することになった。すると彼女はさっそくプログラムを作り、活き活きとして勉強会を始めた。それがきっかけで、他の課の女性社員たちとも会話が弾むようになり楽しそうにしている。

他の部下に試してみる

これはいいかもしれないと思い、違うフロアにも行くことにした。いつもメールで連絡してきて、月1回の打ち合わせの時にしか顔を出さないマネジャーが来たものだから、みんなから「どうしたんですか?」と聞かれ、「いやいや、ちょっと時間があったから、10分だけ」と言って、何名かと雑談。「そうか趣味はゴルフなんだ。今週末にも行くんだ」との情報を得たら、席に戻って、セキュリティをかけたエクセル表を開けてちょこちょこっと記入。週明けに「この前のゴルフ、どうだった?」と聞けば話がつながる。さらに「ゴルフのどんなところが好き?」「いろいろ考えて攻めるところ」そうか、彼は“戦略的”なところがあるのだ、とわかる。

趣味につながる資質

 ゴルフは人によって興味を感じるところが違う。彼のように戦略を考えるところが面白いという人もいるが、自然に触れることができるところ、レベルアップして目標スコアの達成に燃えることができるところ、仲間とワイワイできるところ、いろいろなゴルフ場に行けるところなど、さまざま。また料理が好きな人がいたら、「料理のどこに面白さを感じる?」と聞く。これもさまざま。“何かを作る”ことが好き。素材を探すのが好き。珍しい料理を調べてつくるのが面白い。有り合わせで美味しいものを作るのが面白い。料理の完成をイメージして段取りを考えながら進めていくところが好き。自分で好きなものを作って食べるのが好き。また、趣味の話から、“趣味”の奥にあるその人の特性、能力、資質などを知ることもできる。自分との違いに驚きと興味を感じる。実に楽しい。
 また、そのフロアの部下同士で同じ趣味を持っていることがわかって、今まであまり話をしていなかった人同士の会話も弾み、仕事の連携が取りやすくなったという話まで出てきた。

データベースをつくる楽しさ

 彼はますますデータベースを作ろうとちょっとした時間で情報を引き出していった。段々、エクセル表が埋まってくると、「あれ、A君の欄は真っ白。こんど彼に話しかけてみよう」とか、「ここの情報を引き出すにはどんな質問がいいかな?」などといろいろ工夫して質問を考えて、試していくうちに少しずつ埋まってくる。すると今度は表を完成させたいとも思うようになり、部下と会話することが楽しくもなりどんどん会話の機会をもつようになった。するとそのフロアの人たちから、今までなら入ってこなかったような情報が入ってくるようになった。という内容を事例として発表してくれた。
 彼はとても嬉しかったようで、私に「このデータベースづくりは広めてくださいね。私の事例も使ってくださいね。」と言ってくれていました。それから1年ぐらいたって、彼からメールが届きました。そこには「データベースで気づいたことです。部下は変化します。一度作ったからといって、『A君はこういう人』と決めつけや思い込みしていると実は違っていることもあることがわかりました。常に更新していく意識を持つことが必要です」確かに私たちはつい「この人はこういう人」と自分で作ったイメージでその人を見てしまうことがある。いつもニュートラルな気持ちで接するのはなかなか難しいが決めつけることのないよう気を付けなくてはいけないことを教えてもらいました。

部下との絆を深める

 マネジャーが部下との絆を深めるためには、まず部下をよく知ろうとして様々な会話をしていくこと。そしてその人の大切にしていることや能力、強みを知ること。そして大切にしていることを大切に扱ってあげ、その人の能力や強みを仕事で活用してあげることです。

この記事を書いたプロ

有限会社 原島マネジメント研究所 [ホームページ]

原島敏郎

大阪府大阪市北区角田町8-47 阪急グランドビル20F [地図]
TEL:090-3929-1804

  • 問い合わせ

このコラムを読んでよかったと思ったら、クリックしてください。

「よかった」ボタンをクリックして、あなたがいいと思ったコラムを評価しましょう。

0
<< 前のコラム 次のコラム >>
最近投稿されたコラムを読む
 
このプロの紹介記事
原島 敏郎(はらしま・としろう)さん

マネジャー経験を生かしたコーチングで、実績の上がるチームを作ります(1/3)

「大手企業でリーダーやマネジャーと呼ばれる管理職を経験し、その視点ならではの考え方や苦労を知っているというのはコーチとしての私の強みです」と話すのは、原島マネジメント研究所の代表を務める原島敏郎さんです。クライアントとの対話で「気づき」を引...

原島敏郎プロに相談してみよう!

読売新聞 マイベストプロ

マネジャーならではの考え方や立場を理解した、的確なコーチング

会社名 : 有限会社 原島マネジメント研究所
住所 : 大阪府大阪市北区角田町8-47 阪急グランドビル20F [地図]
TEL : 090-3929-1804

プロへのお問い合わせ

マイベストプロを見たと言うとスムーズです

090-3929-1804

勧誘を目的とした営業行為の上記電話番号によるお問合せはお断りしております。

原島敏郎(はらしまとしろう)

有限会社 原島マネジメント研究所

アクセスマップ

このプロにメールで問い合わせる
プロのおすすめコラム
ビジネスコーチとクライアントとの関係

 プロのビジネスコーチは、クライアントとの対話を通して、「クライアント自身がビジョンや目標を明確にして、そ...

部下との関わり方を考える

 マネジメント研修でコーチングスキルをご紹介したあとで、「コーチングスキルを職場で使ってみたがうまくいかな...

人は他人の話を聞いていない

 いつも部下が端的に要点を絞って結論から報告してくれるとわかりやすいですしイライラもしません。しかし忙しい...

自分のコミュニケーションスタイルを知る

 コーチングの代表的なスキルというと、「聴く」、「承認する」、「質問する」などがあります。これらはコミュニ...

マネジャーの自己肯定感を高める

 様々なマネジャーの方をコーチさせていただいていますが、意外なのは “自己肯定感” が低い方が結構いらっしゃる...

コラム一覧を見る

スマホで見る

モバイルQRコード このプロの紹介ページはスマートフォンでもご覧いただけます。 バーコード読み取り機能で、左の二次元バーコードを読み取ってください。

ページの先頭へ