原島敏郎

はらしまとしろう

有限会社 原島マネジメント研究所

[ 大阪市北区 ]

コラム

 公開日: 2015-05-26 

どうすれば部下同士の良好な関係づくりができるか?

 以前にも書きましたように、会話の“回数”を重ねると会話“量”となり、会話“量”が増えると、会話の“質”は変化していきます。まずは会話回数と量を増やすことを心掛けることが部下との信頼関係をつくるスタートとなります。しかしそれはマネジャーと部下との関係です。チームをつくっていく上では、部下同士の関係がうまくいているかどうかも意識しておかなくてはいけません。部下の間でプライベートの会話も仕事の会話も良好になされているか?
 マネジャーと1人の部下の間の“会話の線”は1本です。もし部下が2人でしたらマネジャーと部下との“会話の線”は2本。部下同士の“会話の線”は1本です。自分以外の部下同士の会話が起こっているかどうかは1本の線が成り立っているかどうかを見ればいいです。ところが部下が3人になると、マネジャー自身が関わる“会話の線”は3本ですが、部下同士の“会話の線”が成り立っているかどうかは3本の線を確認していく必要が出てきます。部下5人ですと部下同士の“会話の線”は10本。部下の人数が多くなると部下同士の情報交流できているかどうかがつかみきれなくなる可能性が高くなります。
 そこで“仕掛け”をします。「チームビルディング・ミーティング」です。これは信頼関係のあるチームをつくるための会議です。もちろんその先の目的は、協力体制をつくりチーム全体の成果を出し続けるための基盤づくりでもあります。
 そのために互いが理解しあう場、全員で共有できるビジョンを作る場、ビジョン達成に向けての活動を確認しあう場、チームをよくするために建設的な意見を出し合う場として活用していきますが、まずは互いが理解しあう場として活用します。
 これは全員で今までの仕事上の成功体験を発表し合います。その話から個々の強みや大切にしていることを理解し合うことで、相互信頼、相互尊重しあうことがねらいです。その進め方については次回ご紹介します。

この記事を書いたプロ

有限会社 原島マネジメント研究所 [ホームページ]

原島敏郎

大阪府大阪市北区角田町8-47 阪急グランドビル20F [地図]
TEL:090-3929-1804

  • 問い合わせ

このコラムを読んでよかったと思ったら、クリックしてください。

「よかった」ボタンをクリックして、あなたがいいと思ったコラムを評価しましょう。

0
<< 前のコラム 次のコラム >>
最近投稿されたコラムを読む
 
このプロの紹介記事
原島 敏郎(はらしま・としろう)さん

マネジャー経験を生かしたコーチングで、実績の上がるチームを作ります(1/3)

「大手企業でリーダーやマネジャーと呼ばれる管理職を経験し、その視点ならではの考え方や苦労を知っているというのはコーチとしての私の強みです」と話すのは、原島マネジメント研究所の代表を務める原島敏郎さんです。クライアントとの対話で「気づき」を引...

原島敏郎プロに相談してみよう!

読売新聞 マイベストプロ

マネジャーならではの考え方や立場を理解した、的確なコーチング

会社名 : 有限会社 原島マネジメント研究所
住所 : 大阪府大阪市北区角田町8-47 阪急グランドビル20F [地図]
TEL : 090-3929-1804

プロへのお問い合わせ

マイベストプロを見たと言うとスムーズです

090-3929-1804

勧誘を目的とした営業行為の上記電話番号によるお問合せはお断りしております。

原島敏郎(はらしまとしろう)

有限会社 原島マネジメント研究所

アクセスマップ

このプロにメールで問い合わせる
プロのおすすめコラム
ビジネスコーチとクライアントとの関係

 プロのビジネスコーチは、クライアントとの対話を通して、「クライアント自身がビジョンや目標を明確にして、そ...

部下との関わり方を考える

 マネジメント研修でコーチングスキルをご紹介したあとで、「コーチングスキルを職場で使ってみたがうまくいかな...

人は他人の話を聞いていない

 いつも部下が端的に要点を絞って結論から報告してくれるとわかりやすいですしイライラもしません。しかし忙しい...

自分のコミュニケーションスタイルを知る

 コーチングの代表的なスキルというと、「聴く」、「承認する」、「質問する」などがあります。これらはコミュニ...

マネジャーの自己肯定感を高める

 様々なマネジャーの方をコーチさせていただいていますが、意外なのは “自己肯定感” が低い方が結構いらっしゃる...

コラム一覧を見る

スマホで見る

モバイルQRコード このプロの紹介ページはスマートフォンでもご覧いただけます。 バーコード読み取り機能で、左の二次元バーコードを読み取ってください。

ページの先頭へ