原島敏郎

はらしまとしろう

有限会社 原島マネジメント研究所

[ 大阪市北区 ]

コラム

2015-06-04

部下のキャリアをマネジメントする事例

 以前ご紹介したチームビルディング・ミーティングを実施することでチームを一つにまとめたクライアントさんの事例です。
 現在いい形でチームメンバーがお互い信頼しあっているので、この雰囲気を続けたいと思い、今年の4月に彼は次の手を打ちました。「チームがさらに一つにまとまるためにチームビジョンがほしい。次のチームビルディング・ミーティングのテーマとしてチームビジョンを作りましょう」とチームメンバーに提案しました。チームビジョンは「業績面」と「風土面」が必要です。ともにミーティングまでに全員に考えてもらいました。風土面については工夫が必要でした。皆さんにお願いしたのは「自分の能力を十分発揮していくためには、こんな職場になっているといいな」という要望を同僚に気遣うことなく本音で考える。それをワープロ用紙に打ち込んで、紙に印刷して、筆跡で誰が書いたかわからないようにしてマネジャーに渡す。マネジャーは、出てきた内容をいくつかのカテゴリー分けした資料をつくり、ミーティングでみんなで話し合いました。
 1年後のビジョンとして出来たのが、【業績面】 戦略品目のA製品についてエリア市場でトップシェアとなり社内のモデルチームになっている。【風土面】 互いに批判するのではなく肯定的な表現で支援しあう。(「実績数値が悪い」と批判するのではなく、「活動面で困っていることは何か?」などと質問し支援し合う)
 さらにマネジャーは、全員に「このビジョンを達成するために、一人ひとりのキャリアビジョンは何か」を1週間後のミーティングで発表してもらいました。ビジョンを作る際の基本スタイルは、「全員が成長することで、自分のビジョンとチームビジョンを達成しよう。自分のビジョンの年数は自分で決める。現段階で必ずしもチームと自分のキャリアビジョンが連動していなくてもよい」というものでした。彼らが上げたビジョンは、「エリアマネジャーになりたい」「スペシャリストになりたい」「マーケッターになりたい」「営業以外の○○部署に異動したい」などでした。
 マネジャーは4月と5月にかけて一人ずつじっくり面談して、ビジョンを考えた背景や思いについて語ってもらいました。そして自分のキャリアビジョンに向かってのプランも考えてもらいました(ビジョン達成にむけてこんな勉強をしたい。ここを意識して仕事に取り組みたいなど)。それを6月のミーティングで全員の前で発表してもらいました。
 自分が掲げた立場になりたいのであるならば、まず、自分の今の成果を上げるために真剣に仕事に取り組むこと、そしていつでもその立場になれるように準備しておくことが大切です。
 そしてメンバーは、互いがビジョンに向かって進むことを応援する。批判や否定はしない。承認しあう。その立場になるためには、どんな勉強やスキルを身に着ける必要があるかなど知っている情報を提供する。
 マネジャーもひとりずつ支援する内容を全員の前で宣言しました(マネジャーになりたい人には、自分の仕事の一部を任せる、スペシャリストになりたい人にはその領域のチーム内リーダーになってもらうなど)。部下が抱いているビジョンに向かって全力で取り組むのに今後生じる障害や気がかりなことについてよく把握して、マネジャーとしてできることをしていく約束もしました。
 メンバーにとってみれば、自分の上司は自分のビジョンに理解をしてくれ、さらに支援までしてくれる。同僚であるチームメンバーも応援してくれるわけです。メンバーは自分が仕事で成果を上げていくことが自分の将来ビジョンにつながります。メンバーは安心してチームビジョンと自分のビジョンに向かって自走してくれます。

この記事を書いたプロ

有限会社 原島マネジメント研究所 [ホームページ]

原島敏郎

大阪府大阪市北区角田町8-47 阪急グランドビル20F [地図]
TEL:090-3929-1804

  • 問い合わせ

このコラムを読んでよかったと思ったら、クリックしてください。

「よかった」ボタンをクリックして、あなたがいいと思ったコラムを評価しましょう。

2
<< 前のコラム 次のコラム >>
最近投稿されたコラムを読む
 
このプロの紹介記事
原島 敏郎(はらしま・としろう)さん

マネジャー経験を生かしたコーチングで、実績の上がるチームを作ります(1/3)

「大手企業でリーダーやマネジャーと呼ばれる管理職を経験し、その視点ならではの考え方や苦労を知っているというのはコーチとしての私の強みです」と話すのは、原島マネジメント研究所の代表を務める原島敏郎さんです。クライアントとの対話で「気づき」を引...

原島敏郎プロに相談してみよう!

読売新聞 マイベストプロ

マネジャーならではの考え方や立場を理解した、的確なコーチング

会社名 : 有限会社 原島マネジメント研究所
住所 : 大阪府大阪市北区角田町8-47 阪急グランドビル20F [地図]
TEL : 090-3929-1804

プロへのお問い合わせ

マイベストプロを見たと言うとスムーズです

090-3929-1804

勧誘を目的とした営業行為の上記電話番号によるお問合せはお断りしております。

原島敏郎(はらしまとしろう)

有限会社 原島マネジメント研究所

アクセスマップ

このプロにメールで問い合わせる
プロのおすすめコラム
ビジネスコーチとクライアントとの関係

 プロのビジネスコーチは、クライアントとの対話を通して、「クライアント自身がビジョンや目標を明確にして、そ...

部下との関わり方を考える

 マネジメント研修でコーチングスキルをご紹介したあとで、「コーチングスキルを職場で使ってみたがうまくいかな...

人は他人の話を聞いていない

 いつも部下が端的に要点を絞って結論から報告してくれるとわかりやすいですしイライラもしません。しかし忙しい...

自分のコミュニケーションスタイルを知る

 コーチングの代表的なスキルというと、「聴く」、「承認する」、「質問する」などがあります。これらはコミュニ...

マネジャーの自己肯定感を高める

 様々なマネジャーの方をコーチさせていただいていますが、意外なのは “自己肯定感” が低い方が結構いらっしゃる...

コラム一覧を見る

スマホで見る

モバイルQRコード このプロの紹介ページはスマートフォンでもご覧いただけます。 バーコード読み取り機能で、左の二次元バーコードを読み取ってください。

ページの先頭へ