原島敏郎

はらしまとしろう

有限会社 原島マネジメント研究所

[ 大阪市北区 ]

コラム

 公開日: 2015-06-06 

若手研究員がマネジャー候補になった“秘訣”とは

 ある企業で「うちの部に優秀で将来が楽しみな若手研究員がいる。彼をコーチしてほしい」という依頼があった。彼に会って話を聞くと「私は今、岐路に立っていると思う。研究のスペシャリストのままで進むか、マネジメントの世界に進むか?どっちにしろ、いったん決めたら、後戻りはできないことはわかっています」
 彼はある研究のテーマについての「テーマリーダー」という立場で、そのプロジェクトの推進を任されている。かなりの大抜擢だそうだ。しかし研究部門全体の中では、そのプロジェクトの優先順位はそれほど高くなく、プロジェクトメンバーにとっても、自分の本来の仕事もあるし他のプロジェクトのメンバーも掛け持ちしていることもあり、その仕事はついつい後回しになってしまう。プロジェクトメンバーの1人の研究結果が出ないと次の人が実践できない。そういうことがプロジェクトのあちこちで起こり全体の進行が大幅に遅れそうになっている。
 「上司からは、『あなたが皆さんにお願いして、早く実験が進むようにしてください』とだけ言われています。全員自分より先輩だし、テーマの優先度は低いし、お願いしても『できるだけ早くするね』としか回答が返ってこないのです」
 「そのプロジェクトがうまくいけば、プロジェクトメンバーの皆さんにとってどんないいことがありますか?」
 「新製品として市場に出れば、お客様から喜んでもらえる。プロジェクトメンバーも評価ポイントが上がる。でもそれはどの製品でもそうで、この製品に限ったことではありません。それぞれの製品のコンセプトがあって、それぞれのメリットもある。製品の魅力は優劣つけがたい。売り上げ予測からいけば、やはり二の次になってしまいます」
 「では、逆の立場だったら、どんな関わり方をしてもらうとプロジェクトの優先順位があがりますか?」
 「リーダーの“情熱”かな…。もともと個人的につながっている人、仲の良い人、仕事でつながりがあっていい関係になっている人。そういう気心が通じ合っている人に“熱く”語られるとその気になります。…労働組合の会合で仲良くなった人がメンバーにいるので、まずその人から巻き込んでみます」と瞬間にして顔が明るくなりました。
 1か月後のセッションでは、しっかりした口調で、
 「スペシャリストかどうかで悩んでいましたが、マネジャーになる道を選んだ方が、大きいプロジェクトを動かしていくことができます。そっちの方が面白そうです」と言っていました。自分が担当しているプロジェクトも少しずつ好転してきたようだ。

 会社のビジョンやミッションなども十分理解しており、いつも論理的で冷静な判断をしている研究員の人たちだからこそ、論理性と冷静さを越えた“熱い思い”がメンバーを動かしているということを教わりました。その熱い思いをもつことが研究部門でマネジャーになる“秘訣”なのでしょう。

この記事を書いたプロ

有限会社 原島マネジメント研究所 [ホームページ]

原島敏郎

大阪府大阪市北区角田町8-47 阪急グランドビル20F [地図]
TEL:090-3929-1804

  • 問い合わせ

このコラムを読んでよかったと思ったら、クリックしてください。

「よかった」ボタンをクリックして、あなたがいいと思ったコラムを評価しましょう。

0
<< 前のコラム 次のコラム >>
最近投稿されたコラムを読む
 
このプロの紹介記事
原島 敏郎(はらしま・としろう)さん

マネジャー経験を生かしたコーチングで、実績の上がるチームを作ります(1/3)

「大手企業でリーダーやマネジャーと呼ばれる管理職を経験し、その視点ならではの考え方や苦労を知っているというのはコーチとしての私の強みです」と話すのは、原島マネジメント研究所の代表を務める原島敏郎さんです。クライアントとの対話で「気づき」を引...

原島敏郎プロに相談してみよう!

読売新聞 マイベストプロ

マネジャーならではの考え方や立場を理解した、的確なコーチング

会社名 : 有限会社 原島マネジメント研究所
住所 : 大阪府大阪市北区角田町8-47 阪急グランドビル20F [地図]
TEL : 090-3929-1804

プロへのお問い合わせ

マイベストプロを見たと言うとスムーズです

090-3929-1804

勧誘を目的とした営業行為の上記電話番号によるお問合せはお断りしております。

原島敏郎(はらしまとしろう)

有限会社 原島マネジメント研究所

アクセスマップ

このプロにメールで問い合わせる
プロのおすすめコラム
ビジネスコーチとクライアントとの関係

 プロのビジネスコーチは、クライアントとの対話を通して、「クライアント自身がビジョンや目標を明確にして、そ...

部下との関わり方を考える

 マネジメント研修でコーチングスキルをご紹介したあとで、「コーチングスキルを職場で使ってみたがうまくいかな...

人は他人の話を聞いていない

 いつも部下が端的に要点を絞って結論から報告してくれるとわかりやすいですしイライラもしません。しかし忙しい...

自分のコミュニケーションスタイルを知る

 コーチングの代表的なスキルというと、「聴く」、「承認する」、「質問する」などがあります。これらはコミュニ...

マネジャーの自己肯定感を高める

 様々なマネジャーの方をコーチさせていただいていますが、意外なのは “自己肯定感” が低い方が結構いらっしゃる...

コラム一覧を見る

スマホで見る

モバイルQRコード このプロの紹介ページはスマートフォンでもご覧いただけます。 バーコード読み取り機能で、左の二次元バーコードを読み取ってください。

ページの先頭へ