原島敏郎

はらしまとしろう

有限会社 原島マネジメント研究所

[ 大阪市北区 ]

コラム

2015-06-09

部下のやる気を引き出す目標設定

 かつて私たちが営業で活動していた時代には、目標は 「数値目標」 だけでした。いわゆる 「成果目標」 です。営業担当者は目標数値が示されると、どの得意先でどれぐらい実績を上げることが出来るかを考え、従来のやり方では達成が難しいようであれば、なんらか工夫していきます。例えば展示会を開く、得意先向け勉強会を開催する、キャンペーンを実施するなど。これらをいつ、どこで、だれを対象に、どうやって、どの商品を扱うかを明確にする。成果を出すためにどのような行動をするのかを目標とする。これが「行動目標」です。
 数値目標しか念頭になく、会社からも目標数値の追求しかされなければ、やらなければペナルティという意識となって “やらされ感” で一杯になってしまします。ですから、「成果目標」 を達成するための 「行動目標」 が大切といわれます。しかし実は 「行動目標」 も、営業担当者にとっては、自分の “外” にある目標です。その 「行動目標」 も “自分にとって” 価値あるものでなければ、やはり “やらされ感” が残ってしまいます。そこで登場するのが 「成長目標」 です。「成長目標」 とは、目標を達成するために必要な 「知識や能力」 を明らかにして、それを身に着けることを目標としたものです。

 具体的な事例です。私のクライアントで営業マネジャーの方の例です。彼の部下の一人に入社3年目のA君がいました。A君は、今まで月平均6,000千円しか売った経験がありません。チームに大きな目標が来たので、A君にも「月10,000千円」という目標を展開せざるを得ない状況となってしまいました。A君は、ダメと思えば最初から、投げ出してしまう傾向があったので、そのマネジャーは、成長目標にフォーカスしてA君と話をしました。
 A君は、営業プロセスのなかで、「製品知識を豊富に持つ」 「得意先のニーズを掴む」 ことは、ある程度出来ていますが、どうも 「クロージング」 が弱い。お客様に買っていただく、その最後の言葉掛けができない、ということを自分で気づき、今期は 「クロージング力を強化する」 という目標も立てました。
 そのために営業手法の書籍を読む、複数の先輩と同行して、先輩のクロージング手法を学ぶ、という行動計画を立て実行しました。そして学んだことを自分の訪問先にも使ってみるようにしました。A君は、月10,000千円は意識しながらも、「クロージング力を強化する」ことを目標に活動したので、モチベーションを落とさずに、徐々にいくつかの新規先を獲得して、年度の終わりの方には安定して月8,000千円を売り上げることが出来るようになりました。A君は、その年度は未達成で終了したのですが、「営業マンとして自分は成長した」という実感を得ることが出来て、次年度に向けて自信がついたようです。

 この事例の場合、「月売上目標、10,000千円」 が 「成果目標 」で、「クロージング力を強化する」 というのが 「成長目標」 となります。高い成果目標の達成だけを求めていくと相手が苦しくなります。しかし成長目標の方は、部下自身がどう取り組むか、の行動面ですし、自分の成長を実感することが出来ます。ですから自分の “内側” にあります。「成長目標」 を設定することが “やらされ感” からの解放となります。部下は自分の成長を意識して目標達成に向かって主体的に活動してくれるようになります。

この記事を書いたプロ

有限会社 原島マネジメント研究所 [ホームページ]

原島敏郎

大阪府大阪市北区角田町8-47 阪急グランドビル20F [地図]
TEL:090-3929-1804

  • 問い合わせ

このコラムを読んでよかったと思ったら、クリックしてください。

「よかった」ボタンをクリックして、あなたがいいと思ったコラムを評価しましょう。

0
<< 前のコラム 次のコラム >>
最近投稿されたコラムを読む
 
このプロの紹介記事
原島 敏郎(はらしま・としろう)さん

マネジャー経験を生かしたコーチングで、実績の上がるチームを作ります(1/3)

「大手企業でリーダーやマネジャーと呼ばれる管理職を経験し、その視点ならではの考え方や苦労を知っているというのはコーチとしての私の強みです」と話すのは、原島マネジメント研究所の代表を務める原島敏郎さんです。クライアントとの対話で「気づき」を引...

原島敏郎プロに相談してみよう!

読売新聞 マイベストプロ

マネジャーならではの考え方や立場を理解した、的確なコーチング

会社名 : 有限会社 原島マネジメント研究所
住所 : 大阪府大阪市北区角田町8-47 阪急グランドビル20F [地図]
TEL : 090-3929-1804

プロへのお問い合わせ

マイベストプロを見たと言うとスムーズです

090-3929-1804

勧誘を目的とした営業行為の上記電話番号によるお問合せはお断りしております。

原島敏郎(はらしまとしろう)

有限会社 原島マネジメント研究所

アクセスマップ

このプロにメールで問い合わせる
プロのおすすめコラム
ビジネスコーチとクライアントとの関係

 プロのビジネスコーチは、クライアントとの対話を通して、「クライアント自身がビジョンや目標を明確にして、そ...

部下との関わり方を考える

 マネジメント研修でコーチングスキルをご紹介したあとで、「コーチングスキルを職場で使ってみたがうまくいかな...

人は他人の話を聞いていない

 いつも部下が端的に要点を絞って結論から報告してくれるとわかりやすいですしイライラもしません。しかし忙しい...

自分のコミュニケーションスタイルを知る

 コーチングの代表的なスキルというと、「聴く」、「承認する」、「質問する」などがあります。これらはコミュニ...

マネジャーの自己肯定感を高める

 様々なマネジャーの方をコーチさせていただいていますが、意外なのは “自己肯定感” が低い方が結構いらっしゃる...

コラム一覧を見る

スマホで見る

モバイルQRコード このプロの紹介ページはスマートフォンでもご覧いただけます。 バーコード読み取り機能で、左の二次元バーコードを読み取ってください。

ページの先頭へ