原島敏郎

はらしまとしろう

有限会社 原島マネジメント研究所

[ 大阪市北区 ]

コラム

 公開日: 2015-06-14  最終更新日: 2015-06-15

女性の部下のパフォーマンスを引き出す(Ⅱ)

 【昨日からの続きです】

感情を理解し論理的に決めつけない

 ・例えば、うまくいかず“つらい”などのネガティブな感情をもつ場合、「そうか。つらいんだね」というように、相手がネガティブな感情をもっていることは認めてあげる。一旦受け止めてから今後のことについて一緒に考えるようにもっていく。
 ・いきなり「そんなこと言っていないで、先に進むことを考えて」などと即反応しないように。逆に一緒になって「そうだね。つらいよね」と同調してしまうと相手は増々しんどくなっていきます。
 ・同じ出来事でも人によって、受け止め方が違います。論理的にとらえる人は、多少“つらい”などと思っても、自ら「じゃあ、次につなげていくために、これから何をしようか」という思考になります。そこに違いがでる場合があることを理解してあげるのがいいでしょう。

日頃の気遣い

 ・女性社員によって、声掛けする回数に大きな差を付けない。依怙贔屓しない。
 ・一方的に指示するのではなく、意見や考えを聞いてから要望する。
 ・話を聞いてあげる場づくりをしてしっかり聞く。「食事を誘うなどの(形式的な)気遣いをしているからそれで大丈夫」と思わない。食事の時の会話が大切。その時もこちらが一方的に話をするのではなく、相手の話を沢山聞く。
 ・日頃から「互いにフォローし合うチームにする」と徹底しておき、体調のすぐれないときに休みやすいようにしておく。
 ・基本的にこちらから相手のプライバシーについて聞くのは非常にデリケートなことです。しかし知っておいた方が両者にとっていいこともあります。例えば親の介護をしている、小さなお子さんがいる、家族に病気の人がいるが、仕事の関係で急きょ休むわけにいかないので困っているなどです。言いたくても言えない人もいますので、「上司として知っておいてほしいことがあったら、遠慮なく言ってください」と日ごろから伝えておくことも大切です。

 こういうような職場風土を作っておいた上で、仕事は男女で差を付けず依頼、要望していく。任せる範囲を明確にして仕事を依頼する。そうすることで、女性社員は安心して自分の能力を発揮していくことが出来ます。
 改めて振り返ってみれば、ひと昔のように「男性は仕事、女性は家庭」という考え方ですとこのような気遣いなどほとんどする必要がありませんでした。その当時の職場を基準にすると随分変わったと思いますが、一人ひとりさまざまな背景と価値観がある今の職場では、基本的に部下に接する際に留意するべきことが変わってきていることに気づきます。

この記事を書いたプロ

有限会社 原島マネジメント研究所 [ホームページ]

原島敏郎

大阪府大阪市北区角田町8-47 阪急グランドビル20F [地図]
TEL:090-3929-1804

  • 問い合わせ

このコラムを読んでよかったと思ったら、クリックしてください。

「よかった」ボタンをクリックして、あなたがいいと思ったコラムを評価しましょう。

1
<< 前のコラム 次のコラム >>
最近投稿されたコラムを読む
 
このプロの紹介記事
原島 敏郎(はらしま・としろう)さん

マネジャー経験を生かしたコーチングで、実績の上がるチームを作ります(1/3)

「大手企業でリーダーやマネジャーと呼ばれる管理職を経験し、その視点ならではの考え方や苦労を知っているというのはコーチとしての私の強みです」と話すのは、原島マネジメント研究所の代表を務める原島敏郎さんです。クライアントとの対話で「気づき」を引...

原島敏郎プロに相談してみよう!

読売新聞 マイベストプロ

マネジャーならではの考え方や立場を理解した、的確なコーチング

会社名 : 有限会社 原島マネジメント研究所
住所 : 大阪府大阪市北区角田町8-47 阪急グランドビル20F [地図]
TEL : 090-3929-1804

プロへのお問い合わせ

マイベストプロを見たと言うとスムーズです

090-3929-1804

勧誘を目的とした営業行為の上記電話番号によるお問合せはお断りしております。

原島敏郎(はらしまとしろう)

有限会社 原島マネジメント研究所

アクセスマップ

このプロにメールで問い合わせる
プロのおすすめコラム
ビジネスコーチとクライアントとの関係

 プロのビジネスコーチは、クライアントとの対話を通して、「クライアント自身がビジョンや目標を明確にして、そ...

部下との関わり方を考える

 マネジメント研修でコーチングスキルをご紹介したあとで、「コーチングスキルを職場で使ってみたがうまくいかな...

人は他人の話を聞いていない

 いつも部下が端的に要点を絞って結論から報告してくれるとわかりやすいですしイライラもしません。しかし忙しい...

自分のコミュニケーションスタイルを知る

 コーチングの代表的なスキルというと、「聴く」、「承認する」、「質問する」などがあります。これらはコミュニ...

マネジャーの自己肯定感を高める

 様々なマネジャーの方をコーチさせていただいていますが、意外なのは “自己肯定感” が低い方が結構いらっしゃる...

コラム一覧を見る

スマホで見る

モバイルQRコード このプロの紹介ページはスマートフォンでもご覧いただけます。 バーコード読み取り機能で、左の二次元バーコードを読み取ってください。

ページの先頭へ