原島敏郎

はらしまとしろう

有限会社 原島マネジメント研究所

[ 大阪市北区 ]

コラム

2015-07-03

年上の部下へ関わり方を考える

 今、職場では年上の部下の方が増えています。年上の部下のモチベーションをどのように高めていけばいいかわからないという質問が多く出ます。
 年上の部下、年上の部下を持つマネジャーに思いを聞いてみました。

年上の部下をもつマネジャーの思い

 ・自分が若い時にお世話になった人なのに、役割として上司になったために仕事の指示をしなければいけない。気が進まないし気をつかってしまう。
 ・仕事だからと割り切ってお願いすると、『わかった』というが仕事の精度は低くスピードが遅い。真剣に取り組んでいるとは思えない。困っている。
 ・定年再雇用で契約社員になって給与が半分になったから仕事も半分にしてくれと言われ、その人がやりたくない仕事を押し付けられ自分がすることになった。若手も手一杯なのでしかたがない。本当に困っている。
 ・よく休憩する。昼食休憩時は早めに離席し遅く帰って来るなど、やる気が見られない。他の若い部下への示しがつかない。
 ・チームのことを考えずわがままを言う。表面的には従っているが本心からは従ってくれないので困っている。
などです。

年上の部下の本音

 ・自分たちの先輩たちは、組織長のポストがなければ、部門長付きで専門職として処遇してもらっていた。年下で能力的に優れてもいない奴の直接の部下になる。面白くない。
 ・このご時世、役割だから後輩が課長で、私が部下というのは仕方がない。しかし事務的に仕事を渡し、そのうえ会話もあまりないまま評価される。やっていられない。
 ・一生懸命仕事をしたいと思っているし会社の方針について教えてほしいが、こっちに変な遠慮をしている。向こうからは話しかけてこないし、こちらから話しかけづらい雰囲気をつくっている。
 ・腫れ物、厄介者、邪魔者などのように扱われている。自分より若い部下とだけコミュニケーションがとれている。
 ・年齢的に無理がきかない。若い人たちと同じように頑張るが出来ないこともある。そういうとき「サボっている」という顔で見てくる。無視されたりもする。つらい。
 ・自分は会社のなかでお荷物になっているかもしれないが、生活のためやめるわけにもいかない。自分は若い時代に汗水たらして一生懸命働き、若い後輩や部下を育てたのに、その彼らの口から偉そうに会社の方針として指示や命令される。自分にもプライド、自尊心がある。

 年下の上司に対して、好意的でない態度をとるのは、そういう態度に出る前に何らかの理由や背景があります。年上の部下の“感情”を丁寧に扱っていないのかもしれません。
では、どのように関わっていけばいいのでしょうか?それを次のコラムで書いていきたいと思います。

この記事を書いたプロ

有限会社 原島マネジメント研究所 [ホームページ]

原島敏郎

大阪府大阪市北区角田町8-47 阪急グランドビル20F [地図]
TEL:090-3929-1804

  • 問い合わせ

このコラムを読んでよかったと思ったら、クリックしてください。

「よかった」ボタンをクリックして、あなたがいいと思ったコラムを評価しましょう。

0
<< 前のコラム 次のコラム >>
最近投稿されたコラムを読む
 
このプロの紹介記事
原島 敏郎(はらしま・としろう)さん

マネジャー経験を生かしたコーチングで、実績の上がるチームを作ります(1/3)

「大手企業でリーダーやマネジャーと呼ばれる管理職を経験し、その視点ならではの考え方や苦労を知っているというのはコーチとしての私の強みです」と話すのは、原島マネジメント研究所の代表を務める原島敏郎さんです。クライアントとの対話で「気づき」を引...

原島敏郎プロに相談してみよう!

読売新聞 マイベストプロ

マネジャーならではの考え方や立場を理解した、的確なコーチング

会社名 : 有限会社 原島マネジメント研究所
住所 : 大阪府大阪市北区角田町8-47 阪急グランドビル20F [地図]
TEL : 090-3929-1804

プロへのお問い合わせ

マイベストプロを見たと言うとスムーズです

090-3929-1804

勧誘を目的とした営業行為の上記電話番号によるお問合せはお断りしております。

原島敏郎(はらしまとしろう)

有限会社 原島マネジメント研究所

アクセスマップ

このプロにメールで問い合わせる
プロのおすすめコラム
ビジネスコーチとクライアントとの関係

 プロのビジネスコーチは、クライアントとの対話を通して、「クライアント自身がビジョンや目標を明確にして、そ...

部下との関わり方を考える

 マネジメント研修でコーチングスキルをご紹介したあとで、「コーチングスキルを職場で使ってみたがうまくいかな...

人は他人の話を聞いていない

 いつも部下が端的に要点を絞って結論から報告してくれるとわかりやすいですしイライラもしません。しかし忙しい...

自分のコミュニケーションスタイルを知る

 コーチングの代表的なスキルというと、「聴く」、「承認する」、「質問する」などがあります。これらはコミュニ...

マネジャーの自己肯定感を高める

 様々なマネジャーの方をコーチさせていただいていますが、意外なのは “自己肯定感” が低い方が結構いらっしゃる...

コラム一覧を見る

スマホで見る

モバイルQRコード このプロの紹介ページはスマートフォンでもご覧いただけます。 バーコード読み取り機能で、左の二次元バーコードを読み取ってください。

ページの先頭へ