原島敏郎

はらしまとしろう

有限会社 原島マネジメント研究所

[ 大阪市北区 ]

コラム

 公開日: 2015-07-07 

改めてコーチングとは何でしょう?

 改めてコーチングとは 「クライアントが目標達成に必要な知識や能力を自主的に身につけることができるように、コーチが対話を通じてサポートしていくこと」 です。
 “コーチする” あるいは “コーチング” というと、かつてのスポーツ競技のイメージをもって、ある専門領域で優れた技術をもっている人が後輩にその技術を教えたり、アドバイスや指導したりすることを思い浮かべるかもしれません。しかし私たちビジネスコーチは、クライアントの目標達成に必要な課題の解決方法そのものをお伝えするわけではありません。

 クライアントが心から達成したい目標は何か?そのために必要な知識や能力は何か?それをクライアント自身が気づくように、さまざまな角度から質問していきます。そして、必要な知識や能力を身に着けていくために、クライアントが自ら考え、工夫し、学び、行動していけるようにサポートしていきます。主人公はあくまでクライアントです。コーチは、クライアントの潜在的な能力を信じ、それを引出し、その人が持っているすべての能力を使って行動して達成できるように応援していきます。
 
 コーチはクライアントと対話をしています。しかしプロのコーチの会話はとても自然ですから雑談や世間話のように思うかもしれません。しかしプロのコーチがしているのは、あくまでもクライアントの目標達成を目的とした意図のある対話です。目標達成に向けてクライアントにとって必要な要素に焦点を当て、今後どのような行動をしていくのかを明らかにしていきます。
 
 目標達成に必要な要素というのは、人によっても目標の内容によっても違ってきます。知識であったり、スキルであったり、強みや価値観、考え方かもしれません。また信念、思い込みかもしれません。そもそも目標が明確でなかったり、本来の目的に照らし合わせると実は違う目標を設定していたということもあったりします。目標達成に必要な要素というのは、そういったことをさします。

この記事を書いたプロ

有限会社 原島マネジメント研究所 [ホームページ]

原島敏郎

大阪府大阪市北区角田町8-47 阪急グランドビル20F [地図]
TEL:090-3929-1804

  • 問い合わせ

このコラムを読んでよかったと思ったら、クリックしてください。

「よかった」ボタンをクリックして、あなたがいいと思ったコラムを評価しましょう。

5
<< 前のコラム 次のコラム >>
最近投稿されたコラムを読む
 
このプロの紹介記事
原島 敏郎(はらしま・としろう)さん

マネジャー経験を生かしたコーチングで、実績の上がるチームを作ります(1/3)

「大手企業でリーダーやマネジャーと呼ばれる管理職を経験し、その視点ならではの考え方や苦労を知っているというのはコーチとしての私の強みです」と話すのは、原島マネジメント研究所の代表を務める原島敏郎さんです。クライアントとの対話で「気づき」を引...

原島敏郎プロに相談してみよう!

読売新聞 マイベストプロ

マネジャーならではの考え方や立場を理解した、的確なコーチング

会社名 : 有限会社 原島マネジメント研究所
住所 : 大阪府大阪市北区角田町8-47 阪急グランドビル20F [地図]
TEL : 090-3929-1804

プロへのお問い合わせ

マイベストプロを見たと言うとスムーズです

090-3929-1804

勧誘を目的とした営業行為の上記電話番号によるお問合せはお断りしております。

原島敏郎(はらしまとしろう)

有限会社 原島マネジメント研究所

アクセスマップ

このプロにメールで問い合わせる
プロのおすすめコラム
ビジネスコーチとクライアントとの関係

 プロのビジネスコーチは、クライアントとの対話を通して、「クライアント自身がビジョンや目標を明確にして、そ...

部下との関わり方を考える

 マネジメント研修でコーチングスキルをご紹介したあとで、「コーチングスキルを職場で使ってみたがうまくいかな...

人は他人の話を聞いていない

 いつも部下が端的に要点を絞って結論から報告してくれるとわかりやすいですしイライラもしません。しかし忙しい...

自分のコミュニケーションスタイルを知る

 コーチングの代表的なスキルというと、「聴く」、「承認する」、「質問する」などがあります。これらはコミュニ...

マネジャーの自己肯定感を高める

 様々なマネジャーの方をコーチさせていただいていますが、意外なのは “自己肯定感” が低い方が結構いらっしゃる...

コラム一覧を見る

スマホで見る

モバイルQRコード このプロの紹介ページはスマートフォンでもご覧いただけます。 バーコード読み取り機能で、左の二次元バーコードを読み取ってください。

ページの先頭へ