コラム

2016-03-03

歯をメンテナンスする必要性!

虫歯の原因菌はミュータンス菌とラクトバチラス菌です。糖を栄養源として増殖し、酸を作りだし、その酸で歯が溶かされて虫歯を発症します。

虫歯は細菌感染なので、歯がしっかり磨けていないといった口腔環境のほかに、喫煙や過度のストレスなどにより抵抗力が落ちることでも虫歯になります。毎日の生活習慣が、虫歯や歯周病に関係しています。

高齢者は食べ物を上手に飲み込めず、食べ物と一緒に肺に歯周病の細菌が入って誤嚥性肺炎を起こします。歯周病や虫歯は口の中だけの疾病ではなく、身体にも影響を及ぼす可能性があるのです。

虫歯が発生するメカニズム

虫歯はなぜできるのでしょうか?

口の中には約400種類もの細菌が存在します。そのなかで虫歯の原因となる細菌は、ミュータンス菌とラクトバチラス菌です。

ミュータンス菌は砂糖などを栄養源として口の中で増えていき、白や黄白色のネバネバとした物質・歯垢(プラーク)になってしまい、「酸」を作り出します。この酸により、歯が溶かされ虫歯ができます。

さらに、ラクトバチラス菌が住みつき虫歯を進行させます。ラクトバチラス菌は酸素の有無に関係なく、生存できる強い細菌です。糖分の大量摂取や、深い虫歯があったり、つめものの適合が悪い、口の中の清掃状態が悪いと、どんどん増える細菌です。虫歯は糖を摂取する細菌による攻撃で発生し、さらに進行していきます。

生活習慣病のひとつである歯周病

歯肉が丸みを帯び赤くなってブヨブヨしていたり、歯磨きや食事の時にも歯肉から出血することがあれば歯肉炎かもしれません。

近頃では小中学生の4割が歯肉炎であるというデータがあります。歯肉炎をそのままにしていると、歯周病に進行する可能性があるので早めに歯科医で診てもらいましょう。

では歯周病とは、どのような病気でしょうか?

ひと昔前は、歯周病は歯槽膿漏と呼ばれていましたが、今は一般的に歯周病と呼ばれています。歯周病は歯がすみずみまで磨かれておらず、歯と歯茎の間にたまったプラークの中の細菌が増殖して起こります。

歯は歯の表面にあるセメント質と、歯のまわりの骨である歯槽骨との間の歯根膜という繊維がつながって支えられていますが、歯肉に近い部分についたプラークの中の細菌が、これらの組織を壊し、最終的には歯が抜け落ちてしまう恐ろしい病気です。

40歳以上の日本人の約8割が歯周病にかかっていますが、自覚症状がほとんどないままに進行します。気がついた時には重症になっている場合もあるので、定期的に歯科検診を受けることが大切です。

また歯周病は歯磨きがしっかりとできていない状態に、喫煙や過度のストレスなどが加わり抵抗力が落ちる中でも発症するので、生活習慣病のひとつにも数えられます。

規則正しい生活で、虫歯や歯周病にならない身体づくりを心がけましょう。

全身に影響を及ぼす歯周病

歯周病は口の中だけの病気ではなく、実は全身に悪い影響を及ぼすものです。

歯周病で炎症が続いていると、歯周病の菌が出す毒素が血流にのり全身にまわります。

例えば高齢の方は食べ物が上手に飲みこめず、食べ物が食道ではなく肺に入ってしまうことがあります。その際、食べ物と一緒に歯周病菌が肺に入ると誤嚥性肺炎を起こします。また歯周病菌が心臓に運ばれると細菌性内膜炎の原因になりますし、動脈硬化を進行させることもわかっています。

さらに、糖尿病の方は歯周病にかかる率が高いことや、インスリンの機能を低下させる原因になることも判明しています。

歯周病は単に口の中だけの疾患ではありません。高齢になるほど歯茎がやせて歯周病にかかりやすくなり、さらに免疫力を低下するので十分な注意が必要です。

この記事を書いたプロ

堀内歯科医院 [ホームページ]

歯科医 堀内啓史

大阪府岸和田市土生町1401-1 [地図]
TEL:072-427-8111

  • 問い合わせ

このコラムを読んでよかったと思ったら、クリックしてください。

「よかった」ボタンをクリックして、あなたがいいと思ったコラムを評価しましょう。

0
<< 前のコラム 次のコラム >>
最近投稿されたコラムを読む
 
このプロの紹介記事
堀内 啓史(ほりうち・ひろし)さん

「ジルコニア」を使った歯の治療の専門家です(1/3)

 歯のかぶせ物、差し歯をクラウンと言いますが、材質は、どんなものを思い浮かべますか? 金属、プラスチック(レジン)、セラミック(陶器)、メタルボンド(中身は金属で、外から見える部分はセラミック)などが一般的に挙げられるでしょうが、最近、注...

堀内啓史プロに相談してみよう!

読売新聞 マイベストプロ

最新の歯科材料「ジルコニア」を使ったかぶせ物の治療実績が豊富

医院名 : 堀内歯科医院
住所 : 大阪府岸和田市土生町1401-1 [地図]
TEL : 072-427-8111

プロへのお問い合わせ

マイベストプロを見たと言うとスムーズです

072-427-8111

勧誘を目的とした営業行為の上記電話番号によるお問合せはお断りしております。

堀内啓史(ほりうちひろし)

堀内歯科医院

アクセスマップ

このプロにメールで問い合わせる
プロのおすすめコラム
歯のメンテナンスを行うことで歯は長持ちする!

日本では70歳代後半で、約60%の人が総入れ歯になってしまいます。歯に対する意識が高いスウェーデンでは、8...

歯のメンテナンスはどれぐらいの期間で行うべき?

虫歯は自然に治らないので、歯に少しの違和感があれば歯科医院で診てもらい、初期のうちに治療を受けることが大切...

歯をメンテナンスするだけで、普段の生活にこれだけのメリットがある

虫歯治療のためのつめものやかぶせものは数年すると劣化するので、再び治療が必要になります。治療した歯は天然の...

保険が適用されない予防歯科を受けるメリット

虫歯は細菌による感染症です。歯科医院は虫歯や歯周病になってから行くものだと思われていますが、最近では虫歯や...

コラム一覧を見る

スマホで見る

モバイルQRコード このプロの紹介ページはスマートフォンでもご覧いただけます。 バーコード読み取り機能で、左の二次元バーコードを読み取ってください。

ページの先頭へ