コラム

2013-05-23

問題が山積みの「等級制度」

いつもありがとうございます。生きがいラボの福留です。


前回は、従来の人事制度の根本原理である「アメとムチ」を捨てた
逆発想の人事制度の3つのポイントをお伝えしました。

1.等級制度をなくす

2.評価と給与を分離する

3.キャリア開発制度を中心に据える


今回は、「等級制度をなくす」という考えの理由となっている
等級制度がもたらす問題について考えていきましょう。


最も根本的な理由は、前回でもお伝えしたのですが、
「人が人を評価することの限界」に起因します。

等級制度が成立するには、
「人を格付けできる=点数化できる」ことが大前提となります。

しかし、突き詰めて考えていけば、
人に“正しく”点数をつけ、“正しく”格付けすることなど
不可能です。


能力の高さや役割・責任の大きさ、会社への貢献度などによって
処遇に差が生じるのは当然のことですが、

その根拠を評価制度による「評価=点数」にすることは、
客観的合理性、妥当性が担保できないのです。

等級制度はその大前提からして疑わしいと言わざるを得ません。


「人が人を評価することの限界」に関しては次回で詳しく扱い、
今回は等級制度の問題点に焦点を絞りたいと思います。


等級制度のねらいの1番目に挙げた、
「人事処遇の意思決定の合理性・納得性を高める」に関しては、
ほとんどの等級制度はまったく逆に機能しています。

等級制度が障害となって登用・異動を迅速かつ適切に実施できず、
柔軟な組織運営の足かせになっていることがほとんどです。

等級制度がもたらす組織運営上の代表的な問題としては、
次のようなものがあります。


等級制度がもたらす組織運営上の問題

 ●等級制度の通りに登用を行なおうとすると、
  能力の高い有望な若手社員を登用できない。

 ●人事異動によって給与額が変わることを社員が嫌って、
  柔軟な異動ができない。あるいは、それを回避するために
  調整給を設ける付け焼き刃的な対応が増える。

 ●仕事の内容や質は変わらず等級だけ上がる社員が発生し、
  仕事と給与にミスマッチが起こる。

 ●等級だけ上がった役職なしの社員を救済するために、
  名ばかりの役職が生まれる。

要は、制度と実態が乖離を起こすのです。


何故このような乖離が起きるかというと、
これも「人が人を評価することの限界」が根本原因です。

そもそも人を格付けすることなど不可能であり、
その不可能なことを“無理やり”に形にしようとすると、
制度はドンドンと複雑な構造にならざるを得なくなります。

複雑になった等級制度は、
もはや組織運営の実態とはかけ離れてしまっています。

制度のつじつまを合わせることが目的となっているからです。

皮肉なことに、複雑な構造であるからこそ、
等級制度の設計には大変な労力と技術が必要となり、
人事コンサルタントや人事担当者の「腕の見せどころ」と
なってしまいました。

そして、ますます柔軟な組織運営を妨げる存在と
なっていったのです。


少し蛇足になりますが、
「職務分析」「等級制度設計」「評価と給与の連動」は
人事制度構築の山場であり、
人事コンサルタントや人事担当者がノウハウを発揮できる場です。

しかし、私の考えでは、詳細な職務分析など必要ありませんし、
等級制度も必要はなく、
給与制度も評価と分離し出来る限りシンプルにするべきです。

私は、複雑な人事制度は人事コンサルタントや人事担当者の
自己満足だと考えています。


少し長くなってしまいましたので今回はこれで終わります。
次回は等級制度の問題点を、さらに突っ込んでいきたいと思います。


        生きがいラボ株式会社 代表取締役 福留 幸輔

        人事制度コンサルティングについては→こちら

この記事を書いたプロ

生きがいラボ株式会社 [ホームページ]

社会保険労務士 福留幸輔

大阪府吹田市高野台2丁目1-B45-109 [地図]
TEL:06-6834-5454

  • 問い合わせ

このコラムを読んでよかったと思ったら、クリックしてください。

「よかった」ボタンをクリックして、あなたがいいと思ったコラムを評価しましょう。

0

こちらの関連するコラムもお読みください。

<< 前のコラム 次のコラム >>
最近投稿されたコラムを読む
 
このプロの紹介記事
福留 幸輔(ふくとめ・こうすけ)さん

社員の成長と幸せを実現する組織体制・人事制度を提案します(1/3)

 「私の幸輔という名前の輔という字は『たすける』という意味です。名前の通り、人の幸福を助ける役割を果たしたい」と語るのは中小企業の組織・人事コンサルティング会社「生きがいラボ」の代表取締役、福留幸輔さんです。 「企業のコンサルタント」とい...

福留幸輔プロに相談してみよう!

読売新聞 マイベストプロ

生きがいにあふれる会社づくりを提案するコンサルタント

会社名 : 生きがいラボ株式会社
住所 : 大阪府吹田市高野台2丁目1-B45-109 [地図]
TEL : 06-6834-5454

プロへのお問い合わせ

マイベストプロを見たと言うとスムーズです

06-6834-5454

勧誘を目的とした営業行為の上記電話番号によるお問合せはお断りしております。

福留幸輔(ふくとめこうすけ)

生きがいラボ株式会社

アクセスマップ

このプロにメールで問い合わせる
プロのおすすめコラム
人事制度が必要な企業規模

人事制度のご相談でよくいただくお悩みが、企業規模と人事制度の関係についてです。 社員さんが何名ぐらい...

[ 人事全般について ]

フロー理論と生きがいについて

一昨日は、福井県での仕事でした。福井のある企業さまの経営方針発表会で、エドワード・デシさんの「自...

[ 人事全般について ]

先頭に立つ者の苦悩

先日はある企業さまで、人材ビジョンの全社員さん向け説明会を開催しました。  プロジェクトメンバーさん...

[ 人事全般について ]

降格・降職の意義

人事制度の構築・見直しにたずさわっていると、降職、あるいは降格せざるを得ないケースにも出会います。  ...

[ 人事全般について ]

人事制度を通して会社が変わる時

私は、お客様の会社で人事制度を構築するとき、 経営陣・幹部社員さん・若手の優秀な社員さんでプロジェクト...

[ 人事全般について ]

コラム一覧を見る

人気のコラムTOP5
スマホで見る

モバイルQRコード このプロの紹介ページはスマートフォンでもご覧いただけます。 バーコード読み取り機能で、左の二次元バーコードを読み取ってください。

ページの先頭へ