コラム

2013-06-06

給与制度をシンプルにする設計の3要素

いつもありがとうございます。生きがいラボの福留です。


これまで、従来の人事制度の根本原理である「アメとムチ」を捨てた
逆発想の人事制度の3つのポイントをお伝えしました。

1.等級制度をなくす

2.評価と給与を分離する

3.キャリア開発制度を中心に据える


前回は、2つ目のポイントである「評価と給与の分離」について
少しだけお伝えしました。

今回は、いよいよ、評価と給与が分離した人事制度の概要を
お伝えしていきます。


まず疑問に思われるのは、


「どうやって給料を決めるの?」


ということではないかと思います。


当然ながら評価以外の基準によって決めることになり、
次の3つの要素を総合考慮して設定します。


●給与制度設計の3つの要素

 1.社員が安心して暮らせる給与水準

 2.業界における給与相場感

 3.会社の支払い能力(財務状態)


給与制度を設計する時の大前提ですが、
新しい人事制度によって月例給与を「減額」することは
出来る限り避けるべきです。

これを大前提として、3つの要素によって給与制度を設計します。


1番目の「社員が安心して暮らせる給与水準」については、
当然ながら、“普通に”暮らせる給与水準を確保することです。

それに加え、結婚や子育て、介護などによる支出増加によって、
社員が安心して暮らせなくなる事態を回避することを考慮に入れて
給与体系を設計します。


2番目の「業界における給与相場感」については、
業界の給与相場がありますので、それを基に水準を決めます。


3番目の「会社の支払い能力」も、給与制度を設計する時には
大変重要です。

しかし、仮に財務基盤が脆弱であったとしても、
一人ひとりの月例給与額を大幅に減額することは、
社員の生活を脅かすことになりますので避けるべきです。

したがって実際には、採用や賞与によって
人件費負担と財務基盤強化のバランスを図ることになります。


給与制度の骨子は以上の通りです。評価と給与を分離すると、
拍子抜けするぐらいにシンプルにできます。

私は当社の考え方を「CSR型給与制度」と呼んでいますが、
給与制度を「安心の提供」のために設計し、
動機づけの道具に使わないことで、劇的にシンプルになるのです。


「給与」というものはそもそも、
不満は生み出すが長期的なモチベーションは生み出さないという
非常に難しい存在です。

給与制度をいくら工夫を重ねて構築したとしても、
不満がゼロになることはありませんし、
社員のモチベーションが目に見えて高まることもありません。

給与制度の目的を「安心の提供」に絞って、
シンプルにすることで、社員からも理解しやすくなります。


次回は、「評価」と「給与」を分離したときに、
「評価」をどのように活用していくかについてお伝えします。


        生きがいラボ株式会社 代表取締役 福留 幸輔

        人事制度コンサルティングについては→こちらへ

この記事を書いたプロ

生きがいラボ株式会社 [ホームページ]

社会保険労務士 福留幸輔

大阪府吹田市高野台2丁目1-B45-109 [地図]
TEL:06-6834-5454

  • 問い合わせ

このコラムを読んでよかったと思ったら、クリックしてください。

「よかった」ボタンをクリックして、あなたがいいと思ったコラムを評価しましょう。

1

こちらの関連するコラムもお読みください。

<< 前のコラム 次のコラム >>
最近投稿されたコラムを読む
 
このプロの紹介記事
福留 幸輔(ふくとめ・こうすけ)さん

社員の成長と幸せを実現する組織体制・人事制度を提案します(1/3)

 「私の幸輔という名前の輔という字は『たすける』という意味です。名前の通り、人の幸福を助ける役割を果たしたい」と語るのは中小企業の組織・人事コンサルティング会社「生きがいラボ」の代表取締役、福留幸輔さんです。 「企業のコンサルタント」とい...

福留幸輔プロに相談してみよう!

読売新聞 マイベストプロ

生きがいにあふれる会社づくりを提案するコンサルタント

会社名 : 生きがいラボ株式会社
住所 : 大阪府吹田市高野台2丁目1-B45-109 [地図]
TEL : 06-6834-5454

プロへのお問い合わせ

マイベストプロを見たと言うとスムーズです

06-6834-5454

勧誘を目的とした営業行為の上記電話番号によるお問合せはお断りしております。

福留幸輔(ふくとめこうすけ)

生きがいラボ株式会社

アクセスマップ

このプロにメールで問い合わせる
プロのおすすめコラム
人事制度が必要な企業規模

人事制度のご相談でよくいただくお悩みが、企業規模と人事制度の関係についてです。 社員さんが何名ぐらい...

[ 人事全般について ]

フロー理論と生きがいについて

一昨日は、福井県での仕事でした。福井のある企業さまの経営方針発表会で、エドワード・デシさんの「自...

[ 人事全般について ]

先頭に立つ者の苦悩

先日はある企業さまで、人材ビジョンの全社員さん向け説明会を開催しました。  プロジェクトメンバーさん...

[ 人事全般について ]

降格・降職の意義

人事制度の構築・見直しにたずさわっていると、降職、あるいは降格せざるを得ないケースにも出会います。  ...

[ 人事全般について ]

人事制度を通して会社が変わる時

私は、お客様の会社で人事制度を構築するとき、 経営陣・幹部社員さん・若手の優秀な社員さんでプロジェクト...

[ 人事全般について ]

コラム一覧を見る

人気のコラムTOP5
スマホで見る

モバイルQRコード このプロの紹介ページはスマートフォンでもご覧いただけます。 バーコード読み取り機能で、左の二次元バーコードを読み取ってください。

ページの先頭へ