コラム

2013-12-02

イロハス・クール_教育情報_3

イロハス・クール_教育情報_3

こんにちは。エフイーアイ・イロハス・クールの栢原です。
私の教室では立派な先生方が子ども達の為に力を貸して下さっています。
国立大学で教鞭をとっていらっしゃる先生や1級建築士、小説家、詩人、博士もいらっしゃいます。
2014年春、これらの先生方の協力で、新しいスタイルの能力開発教室「京大プロジェクト」を
発足します。楽しみにしていてください。

今、「ゆとりの教育」が終わり、大学も学習スタイルを含めいろいろな制度面で変わろうとしています。
今回は◆育て本好き、子供に読み聞せ_パート2◆
---------------------------------------------------------------------------
  児童文学に詳しい武蔵野大の宮川健郎教授は、読書が与える子供への
>  影響について「言葉を豊かにするとともに内面も育む。思春期までに豊
>  かな内面がつくられれば、大人になるにつれて思考や感受性が深まって
>  いく」と指摘する。
>
>  ★  ☆
>
>   子供の成長にとって有意義な読書だが、子供たちの活字離れが指摘さ
>  れて久しい。我が子の興味を本に向けさせる方法として、宮川教授が推
>  薦するのが本の読み聞かせだ。
>
>   「親が声に出して本を読み上げることで、子供との一体感が生まれる。
>  一緒に風呂に入るのと似た効果があり、読書が次第に習慣になっていく」
>  と指摘。「字がすらすら読めるようになる小学3年生くらいまで、積極
>  的に実践してほしい」とアドバイスする。
>
>   読書を通して家族の触れ合いを増やす「家読(うちどく)」運動に取
>  り組む市民組織「家読推進プロジェクト」事務局長の中島進さんは、親
>  が率先して読書に親しむことの大切さを強調する。「親が読書を習慣に
>  していれば、子供も自然と本の魅力に気付く」という。
>  
>   子供が読書に関心を持ち始めたら、親子で図書館や書店に足を運び、
>  一緒に本を選ぶことを薦める。「古典的な名作、親が子供のころに読ん
>  で面白いと感じた本、図書館や書店の推薦図書など、互いの感想を話し
>  合える分かりやすいテーマの本が適切」
>
>   始業前の読書の普及活動に取り組む「朝の読書推進協議会」事務局長
>  の加藤真由美さんが重視するのは、本をきっかけにした親子のコミュニ
>  ケーション。「子供が国語の授業で習っている作品を教えてもらい、そ
>  こから会話を始めてみては」と提案する。
>
>   題材は教科書や副読本だけでなく、漫画を一緒に読んでも効果はある
>  という。子供が読んでいる本を糸口に会話を弾ませ、別の本へと話題を
>  広げていくのがコツ。「読書を強制したり、親が読ませたい本を押しつ
>  けたりしないよう注意も必要」と話す。
---------------------------------------------------------------
以上塾仲間の先生が送って下さったメールマガジンより転載

合格することだけを目的とした知識の詰め込みと、受験対策だけで大学に進学できたとしても
一時代前とは違い、入学したら終わりではありません。
そのあとの大学入学後での授業に付いていけるかどうか、ちょっと考えてみませんか。

私の知り合いの私立中学校の先生が言っていた言葉をまた思い出しました。
「今年もパンツのゴムが伸びきった生徒が大手塾さんからたくさん入学してきたみたい。
大学入試に向けてまた一苦労だわ」(笑い)

logotop

生きていく力を身につけるために受験は絶好の機会です。
小学校低学年から高校生まで一貫したプログラムで指導する、
一人一人の顔が見える少人数の教室だからこそできることがあります。
「国立大学に合格出来てよかったね!」と笑顔で祝える日ををぜひ私達と共にしましょう!
2014年春、「京大プロジェクト」はじめます。


低学年からの考える力を育て続けて20年、学びの感性を育むエフイーアイ

塾長のコラム
 子育て応援団_お母さんちょっと

お子様の勉強に関する御相談は
0120-06-7045エフイーアイ塾長まで

脳科学を取り入れた楽しいプログラム:イロハス・クール

無料体験を実施しております。
子ども達一人一人を大切にお預かりしている関係上定員に限りがございます。
楽しいプログラムで「考える力」を育み、将来活かせる「才能」に結び付ける
低学年の地頭力を鍛える学習能力開発スクール
イロハス・クール
体験授業お申し込みは 0120-06-7045 まで
※定員になり次第募集を終了いたします。ご了承ください。
※遠方からもお越しいただいております。日時・時間はご相談下さい。

イロハス・ベネッセこども英語教室

英語はツールです。できて当たり前になってきます。大学受験にも欠かすことはできません。
イロハスのベネッセこども英語教室はベテランネイティブと日本人の先生がペアで指導します。
使える英語、トーフルにも直結するGTECジュニア検定が受験できます
ベネッセこども英語教室体験会


こどもの未来を教育の力で創り出す少人数制学習塾エフイーアイ

塾歴37年の実績で小学生から一貫した能力(脳力)開発で「学びの感性」を育む。
脳科学に基づいた独自の学習法「フェイス」で低学年から学力形成の基礎となる「地頭力(学習リテラシー)」を育み、先取りによるペーパー学習での点数主義の学習ではない「自ら試行錯誤し、考え抜く力」を鍛えるエフイーアイ

この記事を書いたプロ

進学塾「エフイーアイ」(FEI) [ホームページ]

塾講師 栢原義則

大阪府大阪市天王寺区清水谷町17-6 ウノショウビル4階 [地図]
TEL:06-6764-4599

  • 問い合わせ
  • 資料請求

このコラムを読んでよかったと思ったら、クリックしてください。

「よかった」ボタンをクリックして、あなたがいいと思ったコラムを評価しましょう。

10

こちらの関連するコラムもお読みください。

<< 前のコラム 次のコラム >>
最近投稿されたコラムを読む
セミナー・イベント
エフイーアイ教室案内
イロハス・クールロゴ

● イロハス・クール学習能力育成コース ※「ヒラメキ」と「コツコツ」を合わせて育てる。  エフイーアイの38年にわたる教育の特長「教える」ではなく「育てる」...

NPO法人育プロ

日本の将来を担う次世代の子ども達を育てるうえで、 子育て教育セミナーや各種ワークショップ、イベント、カルチャー教室の開催を通して子育てにかかわっている子育...

プロへのみんなの声

全ての評価・評判を見る>>

 
このプロの紹介記事
栢原義則(かやはら・よしのり)さん

学習はミス&チャレンジ(1/3)

 大阪市天王寺区で学習塾「エフイーアイ」(FEI)は「考えて行動する人」を育てています。教育歴35年の塾長、栢原義則さんは「今の日本では、指示されたことを完璧にこなす人が優秀な人と評価され、そんな人が増えています。でも、それは指示されたこと...

栢原義則プロに相談してみよう!

読売新聞 マイベストプロ

医歯薬&国立大学合格の為、自分で考え抜く学力を鍛える専門家

店名 : 進学塾「エフイーアイ」(FEI)
住所 : 大阪府大阪市天王寺区清水谷町17-6 ウノショウビル4階 [地図]
TEL : 06-6764-4599

プロへのお問い合わせ

マイベストプロを見たと言うとスムーズです

06-6764-4599

勧誘を目的とした営業行為の上記電話番号によるお問合せはお断りしております。

栢原義則(かやはらよしのり)

進学塾「エフイーアイ」(FEI)

アクセスマップ

このプロにメールで問い合わせる このプロに資料を請求する
このプロへのみんなの声

いつも子供の指導に当たっていただきありがとうございます。

お世話になっております。先日は見学させていただきありがと...

M
  • 40代/女性 
  • 参考になった数(6

このプロへの声をもっと見る

プロのおすすめコラム
京都大学に合格しました。_うれしいお知らせ
イメージ

「もしもし、N.Tです。京都大学に合格しました。」電話の向こうで久しぶりに聞く声。「合格したら真っ先にお知ら...

[ エフイーアイが目指すもの ]

チョコレート1枚の仕事---ジンクス健在
いろはすえりーと

高校生からうれしい知らせが届きました。最後の最後で志望校に合格できたと報告してきてくれました。彼女は中学...

[ 地頭力教室イロハス通信 ]

付属池田中学合格_低学年から楽しく学んで結果が出ました。
エフイーアイロゴ

やったー。念願の付属池田に合格だ。今日、大阪の国立付属池田中学の合格発表がありました。私の教室で育った...

[ 地頭力教室イロハス通信 ]

10年後の大学は姿を変えている!_続編
イメージ

10年後の大学は姿を変えている!今年の「世界大学ランキング」で、東京大学が去年の43位から39位にラ...

[ 京大プロジェクト ]

10年後の大学は姿を変えている!
イメージ

10年後の大学は姿を変えている! 2020年を境に大学が大きく変わろうとしています。 大学入試のスタイ...

[ 京大プロジェクト ]

コラム一覧を見る

スマホで見る

モバイルQRコード このプロの紹介ページはスマートフォンでもご覧いただけます。 バーコード読み取り機能で、左の二次元バーコードを読み取ってください。

ページの先頭へ