コラム

2013-12-29

国立大学への道-----いろいろな資料を参考に

今回は、国立大学をしかも一流の大学を目指そうとする人たちに
提携先の資料をもとに、気になった記事を抜粋してお届けします。
------------------------------------------------------

東大一直線の子、二流止まりの子 それぞれの思考パターン 
   ----- プレジデントFamily 2013年5月号より
二流止まりの子の思考パターン(1)--抜粋--
「がんばって合格したんだから、春休みくらい休ませてよ」
いくら私立中高一貫のトップ校・隼トップ校に合格しても、
全員が東大をはじめとした難関大学へ進学できるわけではない。
教育関係者が異口同音に語るのが「中学時代が人生の分かれ道」ということだ。
ある塾の入塾案内に「中学入試直後に偏差値60程度のこどもたちの3ヶ月後を調べてみると
偏差値が45~75の幅で大きく分散した」とある。

二流止まりの子の思考パターン(2)--抜粋--
「みんなできる子ばかりだから、順位が後ろのほうでも仕方がない」
---前略---
3年前、プレジデントFamilyは東大生にアンケートを実施した。
中学時代にスランプはあったかとの問いに、
中高一貫校出身の学生の8割が「はい」と答えた。
興味深いのは、その時期。
実は「中2」をあげた率が最も高かったのだ。なぜか。
高校受験がなく、目標も見失いがちで、
どうしても「中だるみしてしまう」からなのだ。

二流止まりの子の思考パターン(3)--抜粋--
「部活が忙しい。高校受験がないから、勉強できなくても今はいいかな」
中だるみに加え、中2になると部活にも熱が入り始め、
勉強時間が不足することも出てくる。
ここで踏ん張れるかどうかも一流と二流の分かれ目だ。
---中略---
「子供版PDCA]、できない子が大多数だろう。
それは、中学受験で「塾依存の勉強スタイルがしみ込んでいる」からだ。
塾は、試験に出そうな要点をまとめた資料や対策問題を次々に子供に渡す。
その親切すぎるサービスがアダとなり、
子供は常に受け身で、やらされることに慣れてしまっている。
塾が培った「合格への方程式」にのせられてきたわけだが、
「一流大学を目指す段階になってもその姿勢でのままでは伸びしろは小さい」

二流止まりの子の思考パターン(4)--抜粋--
「受験テクニックさえ学べば大学受験も乗り切れる」
同じ学校に合格したのだから、それほど学力に差がない、と考えるのは早計なのだ。
---前略---
中学受験では国語の実力がいまひとつでも合格する子が案外多いんです。
なぜなら、記述式より選択式の解答の方が多いから。
---中略---
選択式の出題も、塾直伝の受験テクニックで、
ある程度絞り込むことが出来ます。
つまり、問題分をよく読解できていなくても正解できる。
でも、中高では記述問題が増え、出題文も難解になります。
テクニックでは正解できなくなる。
---中略---
算数・数学でも似たようなことが言える。
---中略---
塾で教わるパターン演習をやっていれば、
おおよそ解けてしまいます。
でも、そこが落とし穴なんです。
なぜそうなるか、仕組みをきちんと理解していないと、
中高ですこしひねった問題に出あうと苦戦してしまう

最後に、親の対応も、子供のさらなる飛躍に関係するので注意が必要だ。
---中略---思春期を迎え、子供は親に対して”心の仕切り”をつくるもの。
見守るスタンスで、自主性を育ててやりながら少しずつフェードアウトするのがベストだろう。

詳細な記事をご覧になりたい方はプレジデントFamily2013年5月号をご覧ください。

次に、提携先の東進中学生ネットが発行しているトーシンタイムズ2013年臨時増刊より
こんなに違う、高校入試と大学入試
大学1
受験勉強と部活の両立



生きていく力を身につけるために受験は絶好の機会です。
小学校低学年から高校生まで一貫したプログラムで指導する、
一人一人の顔が見える少人数の教室だからこそできることがあります。
「国立大学に合格出来てよかったね!」と笑顔で祝える日ををぜひ私達と共にしましょう!
2014年4月、京都大学に現役合格するための「京大プロジェクト」開設。

低学年からの考える力を育て続けて20年、学びの感性を育むエフイーアイ
お子様の勉強に関する御相談は
0120-06-7045エフイーアイ塾長まで


こどもの未来を教育の力で創り出す少人数制学習塾エフイーアイ

塾歴37年の実績で小学生から一貫した能力(脳力)開発で「学びの感性」を育む。
脳科学に基づいた独自の学習法「フェイス」で低学年から学力形成の基礎となる「地頭力(学習リテラシー)」を育み、先取りによるペーパー学習での点数主義の学習ではない「自ら試行錯誤し、考え抜く力」を鍛えるエフイーアイ

この記事を書いたプロ

進学塾「エフイーアイ」(FEI) [ホームページ]

塾講師 栢原義則

大阪府大阪市天王寺区清水谷町17-6 ウノショウビル4階 [地図]
TEL:06-6764-4599

  • 問い合わせ
  • 資料請求

このコラムを読んでよかったと思ったら、クリックしてください。

「よかった」ボタンをクリックして、あなたがいいと思ったコラムを評価しましょう。

20

こちらの関連するコラムもお読みください。

<< 前のコラム 次のコラム >>
最近投稿されたコラムを読む
セミナー・イベント
エフイーアイ教室案内
イロハス・クールロゴ

● イロハス・クール学習能力育成コース ※「ヒラメキ」と「コツコツ」を合わせて育てる。  エフイーアイの38年にわたる教育の特長「教える」ではなく「育てる」...

NPO法人育プロ

日本の将来を担う次世代の子ども達を育てるうえで、 子育て教育セミナーや各種ワークショップ、イベント、カルチャー教室の開催を通して子育てにかかわっている子育...

プロへのみんなの声

全ての評価・評判を見る>>

 
このプロの紹介記事
栢原義則(かやはら・よしのり)さん

学習はミス&チャレンジ(1/3)

 大阪市天王寺区で学習塾「エフイーアイ」(FEI)は「考えて行動する人」を育てています。教育歴35年の塾長、栢原義則さんは「今の日本では、指示されたことを完璧にこなす人が優秀な人と評価され、そんな人が増えています。でも、それは指示されたこと...

栢原義則プロに相談してみよう!

読売新聞 マイベストプロ

医歯薬&国立大学合格の為、自分で考え抜く学力を鍛える専門家

店名 : 進学塾「エフイーアイ」(FEI)
住所 : 大阪府大阪市天王寺区清水谷町17-6 ウノショウビル4階 [地図]
TEL : 06-6764-4599

プロへのお問い合わせ

マイベストプロを見たと言うとスムーズです

06-6764-4599

勧誘を目的とした営業行為の上記電話番号によるお問合せはお断りしております。

栢原義則(かやはらよしのり)

進学塾「エフイーアイ」(FEI)

アクセスマップ

このプロにメールで問い合わせる このプロに資料を請求する
このプロへのみんなの声

いつも子供の指導に当たっていただきありがとうございます。

お世話になっております。先日は見学させていただきありがと...

M
  • 40代/女性 
  • 参考になった数(6

このプロへの声をもっと見る

プロのおすすめコラム
京都大学に合格しました。_うれしいお知らせ
イメージ

「もしもし、N.Tです。京都大学に合格しました。」電話の向こうで久しぶりに聞く声。「合格したら真っ先にお知ら...

[ エフイーアイが目指すもの ]

チョコレート1枚の仕事---ジンクス健在
いろはすえりーと

高校生からうれしい知らせが届きました。最後の最後で志望校に合格できたと報告してきてくれました。彼女は中学...

[ 地頭力教室イロハス通信 ]

付属池田中学合格_低学年から楽しく学んで結果が出ました。
エフイーアイロゴ

やったー。念願の付属池田に合格だ。今日、大阪の国立付属池田中学の合格発表がありました。私の教室で育った...

[ 地頭力教室イロハス通信 ]

大学では様々な人が学んでいる!
イメージ

大学では様々な人が学んでいる。10年後大学は大きく姿を変えることになりそうです。その流れを見据えてシ...

[ 京大プロジェクト ]

10年後の大学は姿を変えている!_続編
イメージ

10年後の大学は姿を変えている!今年の「世界大学ランキング」で、東京大学が去年の43位から39位にラ...

[ 京大プロジェクト ]

コラム一覧を見る

スマホで見る

モバイルQRコード このプロの紹介ページはスマートフォンでもご覧いただけます。 バーコード読み取り機能で、左の二次元バーコードを読み取ってください。

ページの先頭へ