コラム

2014-04-23

4年生までにつけたい計算力

新学期が始まり、子供たちは新たな気持ちで学校生活を始めます。
保護者の方にしてみれば、元気に学校に通ってくれればよいと思う反面
子供の成績も気になることの一つです。

そこで、今回は4年生までに是非身につけておいて欲しい学力の基準を、
算数の計算に絞ってお話します。



絶対に欠かすことの出来ない脳力の一つが計算力です。

1年生や2年生の間は、まだ基礎の基礎、
足し算や引き算を3桁程度できれば上出来です。
単純に、計算練習の回数を重ねて、数字に慣れれば
たいていの子供たちはやってのけます。

掛け算にしても「ににんがし」と2×2=4と九九を丸暗記すれば事足ります。

しかし、計算力は身についているようで案外油断できないものです。

4年生になって大きな数を扱うようになり、
小数や分数を習いだしたとたん、
計算力がガクッと落ちる子供が出始めます。

小学校の算数が、
「数」と「量」を同時に扱うことに気がついていないと
往々にしてこのようなこと、
学年が進むにつれて計算が出来なくなることがおこります。

「数」と「数」を操作するだけで答えを出す癖がつくと
学年が進むにつれてウエイトが増してくる「量」の領域での計算に
混乱が起こってきます。



まず、2年生ぐらいで位取りがあぶなくなりだします。
繰り上がり、繰り下がりがスムースにいかない子供が出てきます。
応用問題の計算が、足し算ですればいいのか、引き算にすべきなのか
問題のことばから正確に判断できなくなってきます。
掛け算でかける数とかけられる数の区別があやふやになってきます。

3年生になると、足し算や掛け算はすんなり行くのに
引き算や割り算になるととたんにつまり始める子供が増えます。
原因の一つとして、
引き算の場合、
計算の仕方として減減法と加減法の2種類の方法があり
その両方をうまく使える子供が少ないことがあげられます。

学校では、どちらか一方で教えていますので
決して子供だけの責任ではないでしょう。

また、掛け算も足し算とは演算方法が違う計算法なのですが
2+2+2+2+2=2×5のように
掛け算は足し算の延長と錯覚している子供も大勢います。
足し算は同じ単位のものを使って計算する方法で
掛け算は違う単位のものを使って計算する方法です。

特に小学校の間は、どの単位のものを出しているのかを明確にするため
掛けられる数と掛ける数の順序が大事になります。

とにかく、4年生になるまでに計算の基礎と考え方がしっかり身についていないと
「量」の世界で必要となる割合の考え方がすんなりと理解しづらくなるでしょう。

小数や分数が出てきて、掛けたのに答えが元の数より小さくなったり
割ったのに元の数より答えが大きくなったり仕出したとたんパニックになります。

困ったことに、保護者の方の多くは
計算ぐらい出来て当たり前、練習さえすれば出来ないほうが不思議と決め付けて
子供を責めたり、計算も出来ないのかと嘆いたりしています。

しかし、その前に気を取り直して、何処で詰まっているのか
何処で混乱を起こしているのかを、子供と一緒になって
紐解いてあげてください。
案外、つまらないことで落とし穴にはまっていることに気づかれることでしょう。

4年生になるまでの計算の基準を以下に示します。
「繰り下がりのあるあまりの出る割り算がスムースに出来る」

面白いことに31÷9=3余り4のような「繰り下がりがあるあまりの出る割り算」は
全部で100個しかありません。
合格点は3分以内で100点です。



6歳から9歳までの時期は能力(脳力)を育むとても大切な時期です。
「思考力」「判断力」「理解力」をバランスよく鍛えることで
本当に頭のよい子供が育ちます。イロハス・クールは脳科学に基づいた
楽しいプログラムで子ども達の「自ら学びたい」という気持ちを育みます。

見出し:塾歴36年
     低学年からの考える力を育て続けて20年、
     学びの感性を育む[[エフイーアイ
]]

こどもの未来を教育の力で創り出す少人数制学習塾エフイーアイ

塾歴37年の実績で小学生から一貫した能力(脳力)開発で「学びの感性」を育む。
脳科学に基づいた独自の学習法「フェイス」で低学年から学力形成の基礎となる「地頭力(学習リテラシー)」を育み、先取りによるペーパー学習での点数主義の学習ではない「自ら試行錯誤し、考え抜く力」を鍛えるエフイーアイ

この記事を書いたプロ

進学塾「エフイーアイ」(FEI) [ホームページ]

塾講師 栢原義則

大阪府大阪市天王寺区清水谷町17-6 ウノショウビル4階 [地図]
TEL:06-6764-4599

  • 問い合わせ
  • 資料請求

このコラムを読んでよかったと思ったら、クリックしてください。

「よかった」ボタンをクリックして、あなたがいいと思ったコラムを評価しましょう。

6

こちらの関連するコラムもお読みください。

<< 前のコラム 次のコラム >>
最近投稿されたコラムを読む
セミナー・イベント
エフイーアイ教室案内
イロハス・クールロゴ

● イロハス・クール学習能力育成コース ※「ヒラメキ」と「コツコツ」を合わせて育てる。  エフイーアイの38年にわたる教育の特長「教える」ではなく「育てる」...

NPO法人育プロ

日本の将来を担う次世代の子ども達を育てるうえで、 子育て教育セミナーや各種ワークショップ、イベント、カルチャー教室の開催を通して子育てにかかわっている子育...

プロへのみんなの声

全ての評価・評判を見る>>

 
このプロの紹介記事
栢原義則(かやはら・よしのり)さん

学習はミス&チャレンジ(1/3)

 大阪市天王寺区で学習塾「エフイーアイ」(FEI)は「考えて行動する人」を育てています。教育歴35年の塾長、栢原義則さんは「今の日本では、指示されたことを完璧にこなす人が優秀な人と評価され、そんな人が増えています。でも、それは指示されたこと...

栢原義則プロに相談してみよう!

読売新聞 マイベストプロ

医歯薬&国立大学合格の為、自分で考え抜く学力を鍛える専門家

店名 : 進学塾「エフイーアイ」(FEI)
住所 : 大阪府大阪市天王寺区清水谷町17-6 ウノショウビル4階 [地図]
TEL : 06-6764-4599

プロへのお問い合わせ

マイベストプロを見たと言うとスムーズです

06-6764-4599

勧誘を目的とした営業行為の上記電話番号によるお問合せはお断りしております。

栢原義則(かやはらよしのり)

進学塾「エフイーアイ」(FEI)

アクセスマップ

このプロにメールで問い合わせる このプロに資料を請求する
このプロへのみんなの声

160問全問正解しました。

いつもお世話になり、ありがとうございます。 仕事の方が忙し...

T村
  • 30代/女性 
  • 参考になった数(7

このプロへの声をもっと見る

プロのおすすめコラム
京都大学に合格しました。_うれしいお知らせ
イメージ

「もしもし、N.Tです。京都大学に合格しました。」電話の向こうで久しぶりに聞く声。「合格したら真っ先にお知ら...

[ エフイーアイが目指すもの ]

チョコレート1枚の仕事---ジンクス健在
いろはすえりーと

高校生からうれしい知らせが届きました。最後の最後で志望校に合格できたと報告してきてくれました。彼女は中学...

[ 地頭力教室イロハス通信 ]

付属池田中学合格_低学年から楽しく学んで結果が出ました。
エフイーアイロゴ

やったー。念願の付属池田に合格だ。今日、大阪の国立付属池田中学の合格発表がありました。私の教室で育った...

[ 地頭力教室イロハス通信 ]

大学では様々な人が学んでいる!
イメージ

大学では様々な人が学んでいる。10年後大学は大きく姿を変えることになりそうです。その流れを見据えてシ...

[ 京大プロジェクト ]

10年後の大学は姿を変えている!_続編
イメージ

10年後の大学は姿を変えている!今年の「世界大学ランキング」で、東京大学が去年の43位から39位にラ...

[ 京大プロジェクト ]

コラム一覧を見る

スマホで見る

モバイルQRコード このプロの紹介ページはスマートフォンでもご覧いただけます。 バーコード読み取り機能で、左の二次元バーコードを読み取ってください。

ページの先頭へ