コラム

2014-04-24

低学年の学力が大学合格率を決める_その1

「小学校に入学したばかりだからしばらくゆっくりさせます。」
と言う保護者(特にお受験で失敗した方)に出会います。
「みんなが行くから勉強は公文式で十分」だと。

反対に、少しでも早く勉強させないと
他の子供に後れてしまうと過度な勉強に
子供を追いたてる保護者がいます。

3年生・4年生ごろになって中学受験を意識する頃になると
受験病を罹ったのではないかと思えるほど
親も子も受験勉強に駆り立てられていきます。

子供にかかる費用や子供の為に費やす時間もばかにならないうえに
子供が思うように成績が上がってこないとなると
家庭内の雰囲気(親子の関係)がドンドン険悪になっていきます。


ここで私からのご提案。
低学年の時期にしっかり学習習慣を育みましょう。
「ヒラメキ」と「コツコツ」を身につけましょう。

低学年の学力の育て方で国立大学に合格する確率が大きくなります。

私が「子供は勉強が大好き」というと
ほとんどの方は信じられないようです。

好奇心、持続力、集中力は幼児期に養われます。
家庭での子供の指導者は両親、特に母親です。
低学年になっても同じです。
まず、母親がしっかりと子供のことを理解してください。

指導者(親)が子供に知識を与えているのか、
知恵を与えようとしているのか自問して下さい。

しっかりと遊びや学習で体験や経験を繰り返した子供は
年長児ぐらいになると知識獲得能力の基礎ができ始めています。
知識の量は少なくても、新しいことを獲得していく力が育っています。

一方で、この時期に無理やり知識を詰め込まれた子供は
小学校入学時に、知識の量は他の子供より多いのですが
新しいことに挑戦する力は弱く、負ける勝負はしたがりません。

自分で考えるよりも、答えを教えてもらうことを強く求めます。

これが中学生・高校生になっても続くようだと
もうお手上げとしか言いようがありません。

このタイプによく見られるパターンは
他の子供より知っていることが多いので
「自分は答えを知っているぞ」と自慢できることに
優越感と満足感を求めています。

しかし、本当の意味で勉強させると一番先に根をあげます。



なぜ、低学年の学力の育て方で国立大学合格率が上がるのか。

子供を教育する上で、
小学1年生から小学4年生はとても大事な時期です。

脳の発育が6歳までに90%出来上がるといわれているように、
脳力の発達は10歳までに90%以上が基礎作業を終え、
抽象化能力を獲得するといわれています。

4年生頃に、この抽象化能力がうまく形成出来ないと
5年生、6年生になって急激に学力が落ちてきます。
俗に言われる「10歳の壁」です。

芸事を習い始めるのも6歳の6月ごろからがよいと聞いています。

低学年は子供の将来を決定づける大事な時期です。
この大事な時期を見逃す手はありません。

「考える力を育てる」のにこの時期を逃すのはもったいないことです。
低学年は脳の基礎体力ができ、いままで経験したいろいろな知識を
じっくりと熟成しながら、身につけていくいい時期なのでしょう。

赤ちゃんや小さい子供が、
睡眠中に今日記憶したことを整理しているように
脳科学では低学年の間は少し記憶力が低下すると言われています。

おそらく低学年の間に幼児期に記憶したり体験・経験したことを
次のステップで役立たせることが出来るように熟成するために
脳のメカニズムが働くようになっているのではないでしょうか。


すべてのものには、一番最初に必要なことがあります。

何かをしようとしたときに
一番最初に必要なことがきちんと準備されているのといないのでは
後からの苦労が格段に違うのは日常生活においても経験されることです。

勉強をするうえで何が一番先に必要なことなんでしょうか。

「考える力を作る為に、何が一番最初に必要か」
一度じっくり考えてみるのもいいことだと思います。


子供が成長する過程で、
時期に応じた経験をさせておくことが大切であるように
学習においても低学年の間にしっかりと学習習慣を身につけ
試行錯誤する習慣を体得しているかどうかで
学習能力に顕著な違いが生まれます。

低学年、この大切な時期を見逃す手はありません。

こどもの未来を教育の力で創り出す少人数制学習塾エフイーアイ

塾歴37年の実績で小学生から一貫した能力(脳力)開発で「学びの感性」を育む。
脳科学に基づいた独自の学習法「フェイス」で低学年から学力形成の基礎となる「地頭力(学習リテラシー)」を育み、先取りによるペーパー学習での点数主義の学習ではない「自ら試行錯誤し、考え抜く力」を鍛えるエフイーアイ

この記事を書いたプロ

進学塾「エフイーアイ」(FEI) [ホームページ]

塾講師 栢原義則

大阪府大阪市天王寺区清水谷町17-6 ウノショウビル4階 [地図]
TEL:06-6764-4599

  • 問い合わせ
  • 資料請求

このコラムを読んでよかったと思ったら、クリックしてください。

「よかった」ボタンをクリックして、あなたがいいと思ったコラムを評価しましょう。

8

こちらの関連するコラムもお読みください。

<< 前のコラム 次のコラム >>
最近投稿されたコラムを読む
セミナー・イベント
エフイーアイ教室案内
イロハス・クールロゴ

● イロハス・クール学習能力育成コース ※「ヒラメキ」と「コツコツ」を合わせて育てる。  エフイーアイの38年にわたる教育の特長「教える」ではなく「育てる」...

NPO法人育プロ

日本の将来を担う次世代の子ども達を育てるうえで、 子育て教育セミナーや各種ワークショップ、イベント、カルチャー教室の開催を通して子育てにかかわっている子育...

プロへのみんなの声

全ての評価・評判を見る>>

 
このプロの紹介記事
栢原義則(かやはら・よしのり)さん

学習はミス&チャレンジ(1/3)

 大阪市天王寺区で学習塾「エフイーアイ」(FEI)は「考えて行動する人」を育てています。教育歴35年の塾長、栢原義則さんは「今の日本では、指示されたことを完璧にこなす人が優秀な人と評価され、そんな人が増えています。でも、それは指示されたこと...

栢原義則プロに相談してみよう!

読売新聞 マイベストプロ

医歯薬&国立大学合格の為、自分で考え抜く学力を鍛える専門家

店名 : 進学塾「エフイーアイ」(FEI)
住所 : 大阪府大阪市天王寺区清水谷町17-6 ウノショウビル4階 [地図]
TEL : 06-6764-4599

プロへのお問い合わせ

マイベストプロを見たと言うとスムーズです

06-6764-4599

勧誘を目的とした営業行為の上記電話番号によるお問合せはお断りしております。

栢原義則(かやはらよしのり)

進学塾「エフイーアイ」(FEI)

アクセスマップ

このプロにメールで問い合わせる このプロに資料を請求する
このプロへのみんなの声

家族会議を開いて決めました

小学1年生の娘を持つ母親です。 英語教室を探していたので...

A・D
  • 30代/女性 
  • 参考になった数(0

このプロへの声をもっと見る

プロのおすすめコラム
京都大学に合格しました。_うれしいお知らせ
イメージ

「もしもし、N.Tです。京都大学に合格しました。」電話の向こうで久しぶりに聞く声。「合格したら真っ先にお知ら...

[ エフイーアイが目指すもの ]

チョコレート1枚の仕事---ジンクス健在
いろはすえりーと

高校生からうれしい知らせが届きました。最後の最後で志望校に合格できたと報告してきてくれました。彼女は中学...

[ 地頭力教室イロハス通信 ]

付属池田中学合格_低学年から楽しく学んで結果が出ました。
エフイーアイロゴ

やったー。念願の付属池田に合格だ。今日、大阪の国立付属池田中学の合格発表がありました。私の教室で育った...

[ 地頭力教室イロハス通信 ]

10年後の大学は姿を変えている!
イメージ

10年後の大学は姿を変えている! 2020年を境に大学が大きく変わろうとしています。 大学入試のスタイ...

[ 京大プロジェクト ]

東大には誰でも合格できる!?物事を達成する能力とゲームでハイスコアを出す能力③
イメージ

東大には誰でも合格できる!? 物事を達成する能力とゲームでハイスコアを出す能力③試験で点数を取ることが...

[ 地頭力教室イロハス通信 ]

コラム一覧を見る

スマホで見る

モバイルQRコード このプロの紹介ページはスマートフォンでもご覧いただけます。 バーコード読み取り機能で、左の二次元バーコードを読み取ってください。

ページの先頭へ