プロTOP:越野泰明プロのご紹介

「箕面のちいさな宝石屋」は、ジュエリーに新たな輝きとストーリーを吹き込むリフォーム・修理専門の宝石店です(2/3)

お客さんのストーリーを聞くことが出来るのが、この仕事の魅力です

お客様の声をじっくり聞く習慣が付いたことは、僕にとってもプラスです

 不景気ながら、バブル経済時代に蓄えられた、たくさんの宝石類が多くの家庭で「持ち腐れ」として眠っている時代です。どこの宝石店でも修理やリフォームをしているそうですが、特化して専門店として発信する店は少ないそうです。
 どんな形でリフォームなどに来られるのでしょうか? 越野さんは具体的な事例を挙げて説明してくれました。「一番多いのが40~50歳代の女性が婚約指輪をリフォームするケースです。当時はダイヤなどを支える爪が立爪(たてづめ)という大きくゴージャスなのが流行していたのですが、もっとシンプルなものにするのです。面白い例としては、経済的に苦しい今の時代、婚約指輪を買う人が少ない。そこで母親から譲り受けた指輪をリフォームしてお嫁さんに引き継ぐケースがありました。また、彼女を亡くした22、3歳の学生さんが来られ『将来結婚を約束していたので、指輪をオーダーメードして墓前に供えたい』と。1時間余り思い出を聞いたら、最初は重々しい雰囲気でしたが、最後には前向きな言葉を聞かせていただき、すっきりした顔で帰られました。商売したことよりも、お話をじっくり聞けたことがうれしかったですねえ」と越野さん。新品を販売していた時より、お客様のストーリーを聞けることが、この仕事の魅力だと言います。「お客様の声に耳を傾ける習慣がつき、僕自身のプラスにもなっています」と感謝しています。
 気になる料金は「小さな店を個人でやっているため、維持費がかからない分、お客様に還元出来ます。デパートやほかの宝石店でするリフォームより、うんと安い。石の大きさやデザインによって、一概には言えませんが」と前置きして、ダイヤなら5、6万円から20万円まで、ペンダントにすると2、3万円から。価格、サービスとも「ちいさなお店だからこそできること」にこだわります。

<次ページへ続く>

【次ページ】 お客様の通信簿(店や商品への感想を書いたアンケート)は重要視しています

越野泰明プロに相談してみよう!

読売新聞 マイベストプロ

宝石のリフォーム・修理に専門化し、ゆっくりと相談ができる

店名 : 相談できる「宝石屋さん」-箕面のちいさな宝石屋-
住所 : 大阪府箕面市船場西1-8-9 船場ビルディング2A [地図]
TEL : 072-702-1646

プロへのお問い合わせ

マイベストプロを見たと言うとスムーズです

072-702-1646

勧誘を目的とした営業行為の上記電話番号によるお問合せはお断りしております。

越野泰明(こしのやすあき)

相談できる「宝石屋さん」-箕面のちいさな宝石屋-

アクセスマップ

このプロにメールで問い合わせる
このプロへのみんなの声

丁寧な対応とリーズナブルな価格が決め手でした!

紛失してしまった真珠のピアスの片方を補填するため、リフォ...

東京都 S
  • 40代/女性 
  • 参考になった数(0

このプロへの声をもっと見る

プロのおすすめコラム
ジュエリーリフォームを動画でご案内

こんにちわ!相談できる宝石屋 越野 泰明です。今日は当店の雰囲気、そしてどんなジュエリーリフォーム...

[ お店のこと ]

宝石を受け継ぐことの大切さ

こんにちわ!相談できる宝石屋 越野 泰明です。日々、ジュエリーリフォームの仕事をさせていただく中で、...

[ 日々徒然 ]

複数のジュエリーを効率よくリフォームするご提案
イメージ

こんにちわ!相談できる宝石屋 越野 泰明です。一般的に多くのジュエリーリフォームは、「ひとつの...

[ こんなこともできます ]

サプライズで贈るジュエリーの誕生日プレゼント
イメージ

「サプライズでジュエリーをプレゼントしたい!!」そのようなご相談をいただきました。世の中の男性。捨...

[ こんなこともできます ]

ジュエリー・宝石の資産性について
イメージ

こんにちわ!相談できる宝石屋 越野 泰明です。よく巷で聞かれる質問が、「ジュエリー・宝石に資...

[ ジュエリーのおはなし ]

コラム一覧を見る

スマホで見る

モバイルQRコード このプロの紹介ページはスマートフォンでもご覧いただけます。 バーコード読み取り機能で、左の二次元バーコードを読み取ってください。

越野泰明のソーシャルメディア

ソーシャルメディアとは

リンク先は越野泰明さんが更新している外部メディアサイトです。

facebook
Facebook
google-plus
Google+
ページの先頭へ