コラム

 公開日: 2018-05-16 

父の事業を承継、元銀行マンが辿り着いたゴール

 前回に引き続き、同志社大学大学院で私が担当する「実践M&A(企業合併・買収)」講座でお招きし、受講者の共感を得たゲスト講師のお話をいたします。今回は、ファミリービジネスとして行っていた企業グループを父親から引き継ぎ、最終的に廃業を行った経験を生かし、現在は事業再生コンサルタントとして活躍されているFさんのストーリーです。

 Fさんは、大学卒業後、金融機関に勤めていましたが、父親である社長が体調不良に陥ったことをきっかけに、約10年で退職、1993年に事業承継の道を選びます。Fさんの企業グループは、建設資材のメーカーX社と商社Y社の2社から成り立っていました。当時の経営環境として、バブル崩壊、阪神淡路大震災、消費税増税、金融危機による貸し渋り、と難局が相次いだことに加え、固有の事情として、輸入元の国から材料を輸入して加工していたメーカーX社の立場は、現地での内製化の加速により脅かされることとなります。

 受講者からの質問もありましたが、震災や増税は、復興特需や駆け込み需要を生みますが、それは反動を伴います。結果として、特需は、現地内製品輸入の氾濫(はんらん)を加速させ、製品価格上昇につながらず、特需が去った後は大幅な売り上げ減に見舞われる結果となったようです。
 

>>つづlき(http://www.jma-ltd.com/news/makitahama26/

この記事を書いたプロ

ジャパンM&Aアドバイザー [ホームページ]

経営コンサルタント 三谷康生

大阪府大阪市中央区北浜3-7-12 京阪御堂筋ビル3階 [地図]
TEL:06-4706-2400

  • 問い合わせ

このコラムを読んでよかったと思ったら、クリックしてください。

「よかった」ボタンをクリックして、あなたがいいと思ったコラムを評価しましょう。

0

こちらの関連するコラムもお読みください。

次のコラム >>
最近投稿されたコラムを読む
 
このプロの紹介記事
三谷康生

気持ちの通ったM&Aを(1/3)

 2015年の1年間に公表された日本企業が関わったM&A(企業の合併・買収)は約2500件。未公表の案件を含めると、推定で4000件ともいわれています。人口が減少し、縮小する日本市場で業績を伸ばすことは難しいと判断し、海外の企業と手を組む事...

三谷康生プロに相談してみよう!

読売新聞 マイベストプロ

20年以上のキャリアを生かし、顧客目線でサービスを提供する

会社名 : ジャパンM&Aアドバイザー
住所 : 大阪府大阪市中央区北浜3-7-12 京阪御堂筋ビル3階 [地図]
TEL : 06-4706-2400

プロへのお問い合わせ

マイベストプロを見たと言うとスムーズです

06-4706-2400

勧誘を目的とした営業行為の上記電話番号によるお問合せはお断りしております。

三谷康生(みたにやすお)

ジャパンM&Aアドバイザー

アクセスマップ

このプロにメールで問い合わせる
プロのおすすめコラム
「北浜M&A通信」3年目を迎えました~ふたたび 「海外企業M&Aでもおもてなし精神」

おかげさまで本コラムも3年目を迎えました。これからも、同志社大学大学院で私が担当する「実践M&A」講座での...

[ M&Aに関するよもやま話 ]

M&A案件の中には、とっても息の長い話もあります「2017年振り返り」

あけましておめでとうございます。今年もさまざまな切り口でM&A(企業合併・買収)にまつわるよもやま話をお届...

[ M&Aに関するよもやま話 ]

M&Aと新語、流行語大賞

 早いもので、今年も残り1ヶ月を切りました。昨年に引き続きまして、「2017新語・流行語大賞」に絡めまして、一...

[ M&Aに関するよもやま話 ]

【100年人生のロールモデル】大学生と語り合ったこと

先月、福島大学経済経営学類奥本教授にお招きいただき、ゲスト講師として、ゼミナールの皆さまにお話させていただ...

[ M&Aに関するよもやま話 ]

「選択と集中」のきっかけ

 東日本と西日本で全く様相の異なった夏がようやく終わりを告げ、爽やかな秋がやってきました。芸術の秋、食欲の...

[ M&Aに関するよもやま話 ]

コラム一覧を見る

コラムのテーマ一覧
スマホで見る

モバイルQRコード このプロの紹介ページはスマートフォンでもご覧いただけます。 バーコード読み取り機能で、左の二次元バーコードを読み取ってください。

ページの先頭へ