コラム

 公開日: 2016-05-22  最終更新日: 2017-10-12

障害者(身体・精神・療育)手帳と障害年金

障害者(身体・精神)手帳と障害年金はまったく別の制度なのですが、誤解されていることが多くあります。
例えば、
「身体障害者手帳の等級が4級だから障害年金は受給できない」
「障害者手帳がないから障害年金は受給できない」
「療育手帳の等級がB2だから障害年金は受給できない」

実は、これらはすべて誤解されていることで間違いなのです。
ここでは、障害者(身体・精神・療育)手帳と障害年金の関係について解説します。

障害年金の障害認定基準と、障害者(身体・精神・療育)手帳の認定

障害年金は「国民年金・厚生年金保険障害認定基準」、身体障害者手帳は「身体障害認定基準・認定要領」、精神障害者保健福祉手帳は「精神障害者保健福祉手帳等級判定基準」、療育手帳は国が定めたガイドラインに沿って都道府県毎に基準が設定されています。

つまり、それぞれの制度間で審査される基準が異なっており、同じ障害であっても等級が異なることもあるのです。

身体障害者手帳と障害年金

障害ごとに身体障害者手帳と障害年金の等級を比べると、心臓ペースメーカーは身体障害者手帳ではその依存度などに応じて「1級、3級または4級」とされているのに対し、障害年金では原則「3級」となります。
また、人工関節、人工肛門などでは、身体障害者手帳では「4級、5級、7級」となるのに対して、障害年金では「3級以上」となります。

このように障害者手帳の等級と障害年金の等級が連動していないということが明らかに分かります。

ただ、生活保護制度では、障害者加算を付する条件として、「身体障害者手帳の障害等級が1級~3級または障害基礎年金の1級~2級に該当すること」としています。

このことから、身体障害者手帳の1、2級は障害年金1級に、身体障害者手帳の3級は障害年金の2級に相当する、という読み替えがある程度可能であるといえます。

精神障害者保健福祉手帳と障害年金

精神疾患(統合失調症、発達障害、高次脳機能障害、うつ病など)により、長期にわたり日常生活又は社会生活への制約がある方が精神障害者保健福祉手帳の対象となります。

精神障害者保健福祉手帳と障害年金の診断書様式は似通っているため、手帳が3級なら障害年金も3級であるとの目安に使うことが可能です。

ただ、既に精神障害者保健福祉手帳を持っている方が障害年金を請求したからといって、手帳と同じ等級になるわけではありません。

障害年金を請求する場合、診断書等により改めて障害年金の審査を受ける必要があるため、既に取得していた手帳とは違う等級で決定されることもあるからです。

療育手帳と障害年金

療育手帳は知的障害者に都道府県知事が発行する手帳となります。等級は各都道府県によって様々ですが、大阪府や兵庫県の場合、精神面(知能指数IQ)、生活面、行動面、看護面により、A(重度)B1(中度)B2(軽度)に区分されています。

障害年金では知能指数のみに着眼することなく、日常生活のさまざまな場面における援助の必要度を勘案され総合的に判断されているため、療育手帳の等級がB2(軽度)だからといって障害年金は受給できないということはないのです。

障害者手帳は持っている方はご相談ください

このように、障害者手帳と障害年金の制度はまったく別のものです。

「身体障害者手帳の等級が4級だから障害年金は受給できない」とか「障害者手帳がないから障害年金は受給できない」などというのは間違ったことなのです。

このコラムをお読みいただいた方で、もしかしたら私も障害年金の対象かもしれないと思われた方はぜひご相談ください。

この記事を書いたプロ

かなみ社会保険労務士・行政書士事務所 [ホームページ]

行政書士 松田康

兵庫県川西市緑台3-2-3 出張相談をしています。まずは面談ご予約のお電話をお願いします。 [地図]
TEL:072-741-7670

  • 問い合わせ

このコラムを読んでよかったと思ったら、クリックしてください。

「よかった」ボタンをクリックして、あなたがいいと思ったコラムを評価しましょう。

0

こちらの関連するコラムもお読みください。

<< 前のコラム
最近投稿されたコラムを読む
料金

障害年金サポート料金のお知らせ 料金は「着手金 + 事務手数料」となります。 事務手数料は、障害年金の支給が決定された場合にのみ発生します。 弊所の料金は...

障害年金セミナー依頼
障害年金セミナー 宝塚市

┌☆┐  看護師・介護士対象 障害年金セミナー└─☆━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━‥‥‥☆【セミナー内容】 1.障害年金とは 2.障害年金の対象者 3.よくある障害年金の症...

プロへのみんなの声

全ての評価・評判を見る>>

 
このプロの紹介記事
松田康(まつだ・やすし)プロ

障害年金受給を通じ、夢を持てる生活の実現を手伝いたい(1/3)

 兵庫県川西市の自宅に事務所を構える社会保険労務士、松田康さんは、個人を対象にした障害年金の相談・申請代理を主力業務としています。障害年金は、老齢年金、遺族年金と同じ公的年金の一つ。病気や障害によって日常生活や労働に支障が出ている場合に支給...

松田康プロに相談してみよう!

読売新聞 マイベストプロ

障害年金に特化!知識と経験で障害年金実現へ全力サポート

会社名 : かなみ社会保険労務士・行政書士事務所
住所 : 兵庫県川西市緑台3-2-3 [地図]
出張相談をしています。まずは面談ご予約のお電話をお願いします。
TEL : 072-741-7670

プロへのお問い合わせ

マイベストプロを見たと言うとスムーズです

072-741-7670

勧誘を目的とした営業行為の上記電話番号によるお問合せはお断りしております。

松田康(まつだやすし)

かなみ社会保険労務士・行政書士事務所

アクセスマップ

このプロにメールで問い合わせる
このプロへのみんなの声

がん治療中の方の障害年金をサポート

最初の相談の電話からとても親切な対応で安心して相談するこ...

兵庫県川西市
  • 40代/女性 
  • 参考になった数(3

このプロへの声をもっと見る

プロのおすすめコラム
障害年金の請求と社会保険労務士

障害年金の請求はご自分でできる手続きなのか。 社会保険労務士に依頼する必要はあるのか。ここでは、障...

[ 障害年金の基礎知識 ]

病歴・就労状況等申立書の記入方法

障害年金の請求で必要になる病歴・就労状況等申立書は、「障害により日常生活にどれほどの支障が出ているか」を審...

[ 障害年金の請求手続き ]

てんかんで障害年金を請求するための注意点

薬物療法によってもてんかん発作が続く場合は障害年金の対象となります。ここでは、障害年金を請求するための...

[ 精神の障害 ]

知的障害(精神遅滞)で障害年金を請求する場合の注意点

軽度・中度・重度の知的障害(精神遅滞)も障害年金の対象となります。ここでは、障害年金を請求するための注意...

[ 精神の障害 ]

脳梗塞や脳出血の後遺症で障害年金を請求するための注意点

脳梗塞や脳出血で肢体や言語機能に障害が残った場合も障害年金の対象となります。ここでは、障害年金を請求する...

[ 肢体の障害 ]

コラム一覧を見る

スマホで見る

モバイルQRコード このプロの紹介ページはスマートフォンでもご覧いただけます。 バーコード読み取り機能で、左の二次元バーコードを読み取ってください。

ページの先頭へ