コラム

 公開日: 2017-08-12  最終更新日: 2017-10-18

てんかんで障害年金を請求するための注意点

薬物療法によってもてんかん発作が続く場合は障害年金の対象となります。

ここでは、障害年金を請求するための注意点について解説いたします。

障害年金の制度でのてんかん発作の分類

障害年金の制度では、てんかん発作の分類を以下のように分類しています。

(A)意識障害を呈し、状況にそぐわない行為を示す発作

(B)意識障害の有無を問わず、転倒する発作

(C)意識を失い、行為が途絶するが、倒れない発作

(D)意識障害はないが、随意運動が失われる発作

てんかん発作の分類によって障害の程度が参考にされる

障害年金の認定基準では、てんかん発作の頻度と分類によって以下のように障害の程度が決まってきます。

障害等級1級

十分な治療にもかかわらず、てんかん性発作の(A)または(B)が月に1回以上あり、かつ、常時の介護が必要なもの

障害等級2級

十分な治療にもかかわらず、てんかん性発作の(A)または(B)が年に2回以上、もしくは、(C)または(D)が月に1回以上あり、かつ、日常生活が著しい制限を受けるもの

障害等級3級

十分な治療にもかかわらず、てんかん性発作の(A)または(B)が年に2回未満、もしくは、(C)または(D)が月に1回未満あり、かつ、労働が制限を受けるもの

てんかん発作で日常生活へどの程度支障を受けているのか

てんかんの障害認定基準はてんかん発作の分類以外にも、てんかん発作によって日常生活へどのような支障を受けているのかも参考とされます。

障害年金を請求する場合、「精神の障害用」の診断書を使用し、診断書裏面の日常生活能力の判定と程度によって日常生活へどのような支障を受けているのか参考とされます。

この日常生活能力の判定は、1.適切な食事、2.身辺の清潔保持、3.金銭管理と買い物、4.通院と服薬、5.他人との意思伝達及び対人関係、6.身辺の安全保持及び危機対応、7.社会性の7項目があります。

このすべての項目に対して、A「できる」、B「自発的にできるが時には助言や指導が必要」、C「自発的かつ適切に行うことはできないが助言や指導があればできる」、D「助言や指導をしてもできない若しくは行わない」という4項目のどれかに判定されて診断書が作成されていきます。

てんかんの場合、発作がないときだけを判定すれば、ほとんどの項目がAの「できる」と判定されるはずで、逆に発作時では、CやDになるのではないでしょうか。

医師に診断書を作成依頼する際には、発作の頻度とともに、この日常生活能力の判定においても、発作間欠期だけでなく、発作時も含めて判定をお願いするようにしておきましょう。 

例えば、発作間欠期でも、発作が生じた場合にどれだけ日常生活や労働に制限を受けているのかを考慮してもらえるようにします。

発作頻度だけなら障害等級2級であるにも関わらず、日常生活能力の判定と程度が軽度であったために、等級に該当しないということもありますので注意が必要です。

薬物療法で発作をコントロールできない場合に障害年金の対象となります。

てんかん発作で障害年金を請求する場合、抗てんかん薬の服用や外科的治療によって、てんかん発作が抑制される場合は、原則として認定の対象になりません。

薬物療法などによっても発作がコントロールできない場合に対象となりますが、これも診断書で処方を受けている薬物の種類を記載してもらわなければなりません。

診断書で処方薬の記載が漏れている場合は、一旦差し戻されて医師へ照会される場合や不支給となってしまうこともありますのでご注意ください。

病歴・就労状況等申立書

てんかん発作で障害年金を請求する場合、病歴・就労状況等申立書も重要になってきます。

てんかん発作で初めて医療機関を受診した時から現在までの経過を整理し、年月順に記入していきます。

これには通院期間や入院期間、医師から指示された事項や就労状況や日常生活状況、受診していなかった期間はなぜ受診をしなかったのかなどを具体的に記入していきます。

診断書は現在の病状を表すもので、病歴・就労状況等申立書はこれまでの病状の経過を表すものと言えます。

また、この病歴・就労等申立書には、日常生活でどんなことで困っているのかを記入する項目もあります。

発作頻度に加えて、発作間欠期で日常生活動作がどの程度損なわれており、そのためにどのような社会的不利益を被っているのかを審査側に伝えます。

小さなことでもいいので、できる限りの事を書きましょう。

病歴・就労等申立書の内容によって不支給になってしまうことや、等級が決まる場合もありますので、気を抜かずに丁寧に記載していきましょう。

   【病歴・就労状況等申立書の記入方法をさらに詳しく】

☆----------------------------------------------------------------☆
    【お問合せ・お申込はこちら 】
    かなみ社会保険労務士事務所 公式ホームページ 
☆----------------------------------------------------------------☆

この記事を書いたプロ

かなみ社会保険労務士・行政書士事務所 [ホームページ]

行政書士 松田康

兵庫県川西市緑台3-2-3 出張相談をしています。まずは面談ご予約のお電話をお願いします。 [地図]
TEL:072-741-7670

  • 問い合わせ

このコラムを読んでよかったと思ったら、クリックしてください。

「よかった」ボタンをクリックして、あなたがいいと思ったコラムを評価しましょう。

0

こちらの関連するコラムもお読みください。

<< 前のコラム 次のコラム >>
最近投稿されたコラムを読む
料金

障害年金サポート料金のお知らせ 料金は「着手金 + 事務手数料」となります。 事務手数料は、障害年金の支給が決定された場合にのみ発生します。 弊所の料金は...

障害年金セミナー
障害年金セミナー 宝塚市

┌☆┐  看護師・介護士対象 障害年金セミナー└─☆━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━‥‥‥☆【セミナー内容】 1.障害年金とは 2.障害年金の対象者 3.よくある障害年金の症...

プロへのみんなの声

全ての評価・評判を見る>>

 
このプロの紹介記事
松田康(まつだ・やすし)プロ

障害年金受給を通じ、夢を持てる生活の実現を手伝いたい(1/3)

 兵庫県川西市の自宅に事務所を構える社会保険労務士、松田康さんは、個人を対象にした障害年金の相談・申請代理を主力業務としています。障害年金は、老齢年金、遺族年金と同じ公的年金の一つ。病気や障害によって日常生活や労働に支障が出ている場合に支給...

松田康プロに相談してみよう!

読売新聞 マイベストプロ

障害年金に特化!知識と経験で障害年金実現へ全力サポート

会社名 : かなみ社会保険労務士・行政書士事務所
住所 : 兵庫県川西市緑台3-2-3 [地図]
出張相談をしています。まずは面談ご予約のお電話をお願いします。
TEL : 072-741-7670

プロへのお問い合わせ

マイベストプロを見たと言うとスムーズです

072-741-7670

勧誘を目的とした営業行為の上記電話番号によるお問合せはお断りしております。

松田康(まつだやすし)

かなみ社会保険労務士・行政書士事務所

アクセスマップ

このプロにメールで問い合わせる
このプロへのみんなの声

両大腿骨骨頭壊死で人工関節となった方の障害年金をサポート

社会保険事務所で2度も断られ、あきらめていましたが、遠方に...

北海道札幌市Y様
  • 40代/女性 
  • 参考になった数(0

このプロへの声をもっと見る

プロのおすすめコラム
障害年金の請求と社会保険労務士

障害年金の請求はご自分でできる手続きなのか。 社会保険労務士に依頼する必要はあるのか。ここでは、障...

[ 障害年金の基礎知識 ]

事例集:第三者証明による初診日認定

 相談者の状況 Tさん、昭和33年生まれ(59歳)、関節リウマチ 相談者の病歴 29歳頃、手首全体が...

[ 障害年金事例 ]

事例集:初診日が明らかにできない場合の取扱い

 相談者の状況 Rさん、昭和43年7月生まれ てんかん発作年金加入歴 昭和59年3月(16歳)~昭和...

[ 障害年金事例 ]

事例集:ステロイド大量投与による大腿骨骨頭壊死 

 相談者の状況 Tさん、45歳男性 ステロイド大量投与による右大腿骨骨頭壊死年金加入履歴 初診から請...

[ 障害年金事例 ]

事例集:脳梗塞の後遺症による障害年金の請求

 相談者の状況 Kさん、59歳男性 脳梗塞の後遺症(右片麻痺 言語機能の障害)家族構成:妻と子(大学...

[ 障害年金事例 ]

コラム一覧を見る

スマホで見る

モバイルQRコード このプロの紹介ページはスマートフォンでもご覧いただけます。 バーコード読み取り機能で、左の二次元バーコードを読み取ってください。

ページの先頭へ