Q&A(このプロの回答)

漢方薬の副作用について教えてください。
こんにちは。

私は学生時代に薬のアレルギー(アナフィラキシーショックと言われました)を発症し、2回立て続けに集中治療室に運び込まれたことがあります。それ以来、薬は怖くて口に出来ません。できるだけ生活改善で体調を崩さないようにしてはいますが、これから年を重ねるに連れ、どうしても薬の世話にならなければならない時期が来ると思います。

当時はパッチテストをすすめられましたが、そのパッチテストでもアレルギーが出ることがあると聞いたので受けませんでした。結局、いまでもどの薬がダメなのか正確にはわかりません。

学生時代から20年近く、そのまま来れたのでまぁいいか、と思う反面、不安もあります。

漢方薬をすすめる人が結構いるのですが、一方で漢方薬も副作用があるとも聞きます。

漢方薬の副作用について、専門家のご意見をいただけると幸いです。
投稿日時:2009-12-18 19:44:24
医療・健康

新井吉秀 あらいよしひで

新井吉秀の回答

漢方薬は正しく使いましょう。

こんにちは。

漢方薬の副作用についてのご質問ですが、
まずはアナフィラキシーについて説明したいと思います。

アナフィラキシーとは、ハチ毒や食物、薬物などが原因で起こる急性アレルギー反応のひとつです。

アナフィラキシーは、じんましんや紅潮等の皮膚症状や、ときに呼吸困難、めまい、意識障害等の症状を伴うことがあり、
血圧低下等の血液循環の異常が急激にあらわれるとショック症状を引き起こし、
生命をおびやかす危険な状態に陥いることがあります。これをアナフィラキシーショックと呼びます。
 
ご質問いただいた方は、薬に含まれる成分が、アレルゲンとなった薬物アレルギーですね。

多くは、ペニシリンやその類似薬、アスピリン等の解熱鎮痛剤、医療機関で検査に用いられる造影剤等によるものです。
この他にも、かぜ薬等に配合されている塩化リゾチームを卵アレルギーをもつ人が服用すると、あらわれることもあります。

また、薬を作るときに使う安定化剤等の添加物によってもアレルギーを起こすことがあり、
同じタイプの薬でも製品名が異なるときには注意が必要です。

多くの場合、原因薬物の服用を中止後、数日間のうちに改善しますが、
場合によっては服薬中止後、数週間経過してから症状が悪化することがあるので注意しましょう。

いまでも、どの薬がダメなのか正確にはわからないということですが、生命にかかわることですので
アレルギーを起こした当時の薬物を記録しておき、医療機関に行った時には、必ずその内容を伝えるようにしてください。

医療機関では症状を緩和する目的で救急用として、通常、アドレナリンという薬が使われます。
特にアナフィラキシーショックを引き起こしている時には、アドレナリンの注射が真っ先に行われます。
アドレナリンは、気管支や血管に働いて呼吸困難や血圧低下等のアナフィラキシー症状を改善します。

このような方法もありますので、 かかりつけ医をつくっておくこともよいかと思います。



さて、漢方薬の副作用についてのご質問ですが、結論から言いますと、漢方薬を正しく使えば副作用はありません。
副作用がないだけではなく、むしろ、目標とする症状以外の所もよくなり体調が良くなることが多いのです。

例えば、子宮内膜症の治療のために漢方薬を続けていくと、子宮内膜症が改善されるだけでなく
肌がきれいになったり、疲れにくくなったり、冷えも改善され、元気になる、などです。

ただし、漢方の基本的な知識がなく、『正しく使わなければ』、副作用の可能性はでてきます。

数年前、小柴胡湯という漢方薬のエキス顆粒による副作用について新聞に掲載されたことがありますが、
これは、漢方の基本的な知識がなく、正しく使われなかったための副作用でした。

某漢方薬メーカーが日本中の病院に、慢性肝炎には小柴胡湯エキス顆粒を使って下さい。と働きかけました。
その結果、漢方の基本的な知識もなしで小柴胡湯エキス顆粒が一年間で五百億円以上 も消費されたのです。

小柴胡湯は炎症を抑える処方です。私達は肝炎の急性期にのみ使います。
炎症のない身体の冷えている人が、炎症を抑える処方をずっと長い期間飲み続ければ
身体の冷えている人に一日三回氷水を飲まされているようなもので
何か良くない副作用が出てもおかしくはないですね。 漢方の基本的な知識がないとこんな使い方をしてしまいます。

小柴胡湯エキス顆粒の袋には番号(⑨)がついているのですが、
大半の医師が⑨番と言い、配合生薬は勿論、処方名すら覚えていないのですからビックリします。

漢方薬は「天然物だから安全」「体に穏やかに効くので副作用がない」というイメージがありますが、
薬としての効き目がある以上、使い方を間違うといろんな副作用が出てくる可能性はあります。

この場合、副作用といっても、その頻度は西洋薬の数十万分の一程度なのですが。。。

間違った使い方をしたために生体に不利な症状が出る場合は、漢方では「誤治」または「誤用」といいます。

熱がある人に体を温めるような漢方薬を用いて炎症を悪化させたり、
冷えの強い人に体を冷やす漢方薬を使って冷えを増悪させるような例も間違った使用が原因です。

乳癌に使ってはいけない生薬や、妊娠中には使えない生薬もあります。

このような誤用による副作用は、漢方に詳しい医師や薬剤師の処方であれば、多くは避けることができますが、
漢方の基本的な知識がなく、『正しく使わなければ』体質や症状に合わない場合もあります。

ご質問の方も漢方を考えるときには、漢方を専門にしているところにご相談くだされば、ご心配はないと存じます。


≪追記≫

漢方薬の副作用ではなくアレルギーの場合もあります。

食べ物のアレルギーでも
バナナやアボガド、キウイフルーツ、クリ、卵、牛乳、小麦(三大アレルゲン)そば等が知られています。
この他にも大豆、魚類、肉類、甲殻類(エビ、カニ等)、野菜、果物等も食物アレルギーを引き起こすことがあります。

同じように、生薬に対するアレルギー反応が起こる可能性も何万人に一人にはあるかもしれません。。

≪参考1≫

西洋薬のほとんどに副作用がある。その副作用と主作用を天秤にかけて
その副作用を上回る主作用があると思われる場合に薬を飲む。 これが西洋薬の基本です。

≪参考2≫

生薬は上品薬(じょうぼんやく)、中品薬、下品薬 に分けられています。 

<上品薬>命を養うことを主として毒なく久しく服しても人を害しない。
     長く多く飲むほど良く、身を軽くし元気を増し老いを遅らせる。長寿を保つことができる

<中品薬>性を養うことを主とする。無毒のものとすこし有毒のものがある。慢性病を治療する目的に用います。(体質改善)
     正しく用いれば病を良くし、衰えたり、やせたりするものを補う。

<下品薬>毒は多いが主に急性病を治療するのに用いる。 不必要に長く飲み続けると身体に害を及ぼす。


  そこで私達は上品薬を常用し自らの治す力(免疫力)を常に高めておきながら
  いくつかの病気では中品薬を主とし上品薬を併用します。(中品薬の効果が良くなる)
  そして良くなって後、上品薬だけを続けていくのが、最良の方法だと確信しています。

  ◎ 様々な悪い環境の多い現代では健康なうちから上品薬の常用をお奨めしています。

回答日時:2009-12-21

質問者

とてもご丁寧で分かりやすいご回答、ありがとうございます!

新井様

とても分かりやすいご説明、ありがとうございます!

これまでいろんなところでいろんな情報を耳に目にしてきましたが、どれを信じたらよいやら、と困っておりました。

ここまで丁寧に解説していただけるとは正直考えておりませんでした。
薬の害を身をもって知る者にとって、とてもありがたい情報です!

考えてみれば、私もたくさんの情報を見聞きしてきたようで、実は「漢方薬の専門家」にしっかりと話をお聞きしたことがなかったように思います。

信頼できる新井さんのような方にアドバイスを頂き、正しい知識を持って薬と付き合っていかないといけないな、と改めて考え直しました。

お忙しいとは思いますが、また相談に乗っていただけるとありがたいです。
いずれ折を見て、ぜひ直接伺いたいと考えております。

誠にありがとうございました。

返信日時:2009-12-24 10:36:24

新井吉秀

自然の恵み

長い説明になりましたが、理解していただけたようで嬉しいです。

予防のためにも治療のためにも、私たちが口から入れるものは、できれば自然界からの漢方薬がいいですね。

健康に勝るものはありません。お身体を大切にしてください。

返信日時:2010-01-05 11:07:35

Q&A一覧に戻る

最近投稿されたコラムを読む
よくあるご質問

私共は、中国医学でも日本漢方のどちらでもなく、西洋医学と漢方医学(東洋医学)のそれぞれの長所を生かしています。 これは重要な問題なので、少々長くなり...

お客様の声

高校生の娘が甲状腺炎から橋本病と診断されました。私自身が、上の子を出産後バセドウ病にかかり完治はしましたが甲状腺は遺伝性の可能性が高いとのことで母親と...

プロへのみんなの声

全ての評価・評判を見る>>

 
このプロの紹介記事
新井吉秀 あらいよしひで

「かけがえのない生命の相談」に取り組む漢方薬局(1/3)

 地下鉄御堂筋線西田辺駅から歩いて約5分、シャープ本社の南に「漢方誠芳園薬局」はあります。JR阪和線鶴ヶ丘駅からなら徒歩約2分で、5年前に「遠方から車でお越しの方も多いので」と、車3台が駐車できる新店舗へ移転し、完全予約制にしました。明るい...

新井吉秀プロに相談してみよう!

読売新聞 マイベストプロ

店名 : 漢方誠芳園薬局
住所 : 大阪府大阪市阿倍野区西田辺町1-12-14 [地図]
TEL : 06-6480-8525

プロへのお問い合わせ

マイベストプロを見たと言うとスムーズです

06-6480-8525

勧誘を目的とした営業行為の上記電話番号によるお問合せはお断りしております。

新井吉秀(あらいよしひで)

漢方誠芳園薬局

アクセスマップ

このプロにメールで問い合わせる
このプロへのみんなの声

治らないといわれていた大人の喘息が良くなりました。

私と娘、ともども喘息で漢方誠芳園薬局さんに お世話になっ...

Y
  • 40代/女性 
  • 参考になった数(17

このプロへの声をもっと見る

プロのおすすめコラム
認知症の種類と症状、原因、予防と治療法について

認知症の種類と症状、原因、予防と治療法について現在日本の認知症患者さんは、厚労省レポートによりますと...

[ 健康 ]

誠芳園三か月日記⑤

◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇誠芳園三か月日記 2012年(平成24年)10月1日から年末までの、漢...

誠芳園三か月日記

◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇誠芳園三か月日記 2012年(平成24年)10月1日から年末までの、漢...

誠芳園三か月日記②

◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇誠芳園三か月日記 2012年(平成24年)10月1日から年末までの、漢...

誠芳園三か月日記③

◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇誠芳園三か月日記 2012年(平成24年)10月1日から年末までの、漢...

コラム一覧を見る

スマホで見る

モバイルQRコード このプロの紹介ページはスマートフォンでもご覧いただけます。 バーコード読み取り機能で、左の二次元バーコードを読み取ってください。

ページの先頭へ