よくあるご質問

漢方でも日本漢方と中国医学があると聞きましたが、漢方誠芳園薬局さんはどちらの漢方ですか?

私共は、中国医学でも日本漢方のどちらでもなく、
西洋医学と漢方医学(東洋医学)のそれぞれの長所を生かしています。

 
これは重要な問題なので、少々長くなりますが説明させて下さい。

病んでいる人をより良く治すのが良い医学です。
そのためには西洋と東洋とのどちらかにこだわることなく、
それぞれの短所を省き、長所を合理的に融合してより良い医学を創りたい。

このように考えて、名医と称された故山本巌先生は、古今奮闘、医学大系のベースを創り上げ、
私共に基本として次のような指針を示された。(一般の漢方とは、根底から異なるのです)

病人をより良く治すためには ~すべては患者さんのために~

1.病に対する正しい認識を持つこと。
  病そのものを正しく理解しなければ治療の方針も立たないし、
  相手を知らなければ、どう戦うべきかも分からない。
  孫子曰く、「彼を知り、己を知れば百戦百勝す」と。

2.患者の病態を出来る限り正確に把握する。
  病態把握が明確であればあるほど、より良い治療法を施しやすい。
  そのための情報は客観的・定量的で正確なほどよい。
  (漢方の診断法だけでは情報が主観的・定性的であり不正確で再現性に乏しい)

  そこで西洋医学の病態生理を診断の主体とし、
  気・血・水・寒などの東洋医学の病理観を加えたい。

3.その病態に最も適合した方剤を与える。
  その病態に最も適合した方剤をつくるためには、薬物の薬能を熟知して(薬物学)、
  どのように組み合わせて方剤をつくるか(方剤学)を理解しなければならない。

私は、さらに次の二つを重要視しています。

4.「病の認識と病態、そして治り方」の理解を患者さんと共有する。
5.より良く治るために、生活養生が重要。

見直してみると当たり前のことばかりですが、この当たり前のことが
現実の医療ではおざなりになっていることが意外に多い。

日本漢方も中国漢方も、当時は人体解剖が禁止であったため臓器の場所や働きがわからなかった。
そのため陰陽五行論や四診(望診、聞診、切診、問診)による独特の診断法を創り上げた。
全体観や気血水の尺度で見る点はすばらしいけれど、局所や臓器については稚拙であり正確性に欠ける。

一般の漢方では、この特異性にこだわるあまり、西洋医学の長所を採用できていない。
そして、このままでは江戸時代の(チョンマゲ時代の)漢方からすこしも進歩していない。

現代では、西洋医学の正確な病態生理を採用しつつ、漢方の全体観を融合すべきです。
一方で西洋医学には良いクスリがほとんどなく、対症療法ばかりが多くしかも副作用が多すぎる。
漢方薬は正しく使えば副作用はなく、しかもクスリの宝庫なのです。

私は、良くならないのが一番困ります。でも、従来の漢方では難病に対して良くなる確率がどうしても低い。
そのために西洋医学と東洋医学の長所を生かして、良くなる確率を高めています。

この記事のURL

漢方薬の費用を教えてください。

漢方薬は粉薬と煎じ薬があります。
どちらも1日分650円(税込)です。5歳以下は450~550円です。
  ※病気によっては漢方薬以外のものをおすすめする場合もあります。

この記事のURL

煎じ薬ってどんなのですか?煎じ方は?

1日分の組み合わされた生薬がティーバックに入っているものです。

ティーバック1日分、1袋を、袋のまま500~600ccのお水に入れて沸騰させます。
沸騰後、すこし泡がブクブクたつくらいの火に弱め、10分くらい煎じつめます。
(20~40分も煎じないで下さい。)

煎じ終わったら、ティーバックを絞って捨て、残った液を2~3回に分けて飲んで下さい。
液の下に溜まった物は飲まなくても構いません。
  ※煎じる器は鉄以外のものを用いてください。
   インスタントラーメンを作る時の手鍋やホウロウ鍋で大丈夫です。

この記事のURL
最近投稿されたコラムを読む
よくあるご質問

私共は、中国医学でも日本漢方のどちらでもなく、西洋医学と漢方医学(東洋医学)のそれぞれの長所を生かしています。 これは重要な問題なので、少々長くなり...

お客様の声

高校生の娘が甲状腺炎から橋本病と診断されました。私自身が、上の子を出産後バセドウ病にかかり完治はしましたが甲状腺は遺伝性の可能性が高いとのことで母親と...

プロへのみんなの声

全ての評価・評判を見る>>

 
このプロの紹介記事
新井吉秀 あらいよしひで

「かけがえのない生命の相談」に取り組む漢方薬局(1/3)

 地下鉄御堂筋線西田辺駅から歩いて約5分、シャープ本社の南に「漢方誠芳園薬局」はあります。JR阪和線鶴ヶ丘駅からなら徒歩約2分で、5年前に「遠方から車でお越しの方も多いので」と、車3台が駐車できる新店舗へ移転し、完全予約制にしました。明るい...

新井吉秀プロに相談してみよう!

読売新聞 マイベストプロ

店名 : 漢方誠芳園薬局
住所 : 大阪府大阪市阿倍野区西田辺町1-12-14 [地図]
TEL : 06-6480-8525

プロへのお問い合わせ

マイベストプロを見たと言うとスムーズです

06-6480-8525

勧誘を目的とした営業行為の上記電話番号によるお問合せはお断りしております。

新井吉秀(あらいよしひで)

漢方誠芳園薬局

アクセスマップ

このプロにメールで問い合わせる
このプロへのみんなの声

小児喘息が漢方薬で完全治癒。

子供の喘息で新井先生にご相談し、漢方を飲み始めてから 1年...

M
  • 男性 
  • 参考になった数(17

このプロへの声をもっと見る

プロのおすすめコラム
認知症の種類と症状、原因、予防と治療法について

認知症の種類と症状、原因、予防と治療法について現在日本の認知症患者さんは、厚労省レポートによりますと...

[ 健康 ]

誠芳園三か月日記⑤

◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇誠芳園三か月日記 2012年(平成24年)10月1日から年末までの、漢...

誠芳園三か月日記

◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇誠芳園三か月日記 2012年(平成24年)10月1日から年末までの、漢...

誠芳園三か月日記②

◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇誠芳園三か月日記 2012年(平成24年)10月1日から年末までの、漢...

誠芳園三か月日記③

◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇誠芳園三か月日記 2012年(平成24年)10月1日から年末までの、漢...

コラム一覧を見る

スマホで見る

モバイルQRコード このプロの紹介ページはスマートフォンでもご覧いただけます。 バーコード読み取り機能で、左の二次元バーコードを読み取ってください。

ページの先頭へ