コラム

 公開日: 2017-04-11 

26.交渉では常にお客様をしっかり観察する

こんにちは、葛西久仁子でございます

お客さまを観察する際
『心で観ること』が大切です

得た知識やマニュアルばかりに捉われていると
お客さまの心の奥底にある
本当の望みを察することができず
交渉がうまくいかない…という状況にもなりかねません


26.交渉では常にお客様をしっかり観察する


交渉時、お客様の要望を傾聴し、
更に潜在している問題や要望を質問しながら訊き出し、
その上で、解決策や、提案をしていきますが、
いずれの場合もお客様をしっかり観察しながら行います。

『観る』ということは、心を配ってお客様を観るということです。

お客様の顔の表情、行動の変化を観ます。
また対話から、その状況を洞察します。
思いやりの心を持って、『心で観ること』を大切にします。

米国の心理学者アルバート・メラビアンが発見した法則があります。
この法則は、
ノンバーバル(非言語)・コミュニケーションの重要性を示しています。

情報を伝える場合、アイコンタクト、表情、身振り、手振り、触れ合い、
物理的距離が大きく影響しています。



これらのノンバーバル・コミュニケーションが
相手が受け取る情報の55%を占めているという内容です。
この法則を参考にして、お客様と交渉している際には、具体的には、

①アイコンタクト…「眼は口ほどに物を言う」という諺がありますが、
正にその通りで、良く観ると、目にも様々な表情があり絶えず変化しています。
嬉しい目、悲しい目、きょろきょろ動く目など、
その時の心の動きが目に現れてます。

②身振り、手振り…私たちは知らぬ間に手足など
身体の様々な部分を動かしているものです。
嬉しい時は両手を大きく広げるようにして喜びを相手に伝えようとしますし、
落ち込んでいる時は下向き加減で身体の動きはどうしても鈍くなってしまいます。

③顔の表情…極度に緊張している時は表情は硬く強張っていますし、
楽しい時は顔がゆったりとほころんでいるなど、
この時の心の状態がそのまま表情として出ています。

④身体の変化…緊張が高まったりすると冷や汗が出て来る、
行きが乱れるなど、身体的に変化が生じて来ることがあります。
このような、変化に気づくとお客様の状況を的確把握でき、
交渉を有利に運べるようになります。

この記事を書いたプロ

株式会社 K.BLOOM [ホームページ]

経営コンサルタント 葛西久仁子

大阪府吹田市千里山西4-39 B-1105 [地図]
TEL:06-6337-8054

  • 問い合わせ

このコラムを読んでよかったと思ったら、クリックしてください。

「よかった」ボタンをクリックして、あなたがいいと思ったコラムを評価しましょう。

1

こちらの関連するコラムもお読みください。

<< 前のコラム 次のコラム >>
最近投稿されたコラムを読む
 
このプロの紹介記事
葛西 久仁子(かさい・くにこ)さん

顧客とともに幸せになれる関係構築を手助け(1/3)

株式会社K.BLOOM(ケー .ブルーム)の代表取締役葛西久仁子さんは、人財開花コンサルタトとして、1996年より人材を人財へ開花させるプロとして活動しています。社名のBLOOMは英語で「開花」。一人ひとりの才能を見出し、そこに光を当て「心...

葛西久仁子プロに相談してみよう!

読売新聞 マイベストプロ

従業員一人ひとりの特性を活かし、生産性の高い人財へ

会社名 : 株式会社 K.BLOOM
住所 : 大阪府吹田市千里山西4-39 B-1105 [地図]
TEL : 06-6337-8054

プロへのお問い合わせ

マイベストプロを見たと言うとスムーズです

06-6337-8054

勧誘を目的とした営業行為の上記電話番号によるお問合せはお断りしております。

葛西久仁子(かさいくにこ)

株式会社 K.BLOOM

アクセスマップ

このプロにメールで問い合わせる
プロのおすすめコラム
11.経営理念のない会社は、社員が目標設定できない
イメージ

こんにちは、葛西久仁子でございます行き先を決めないまま乗り物に乗り込んでしまっては目指す場所も定まら...

[ コラム【人財育成術】 ]

10.お客様を失うことに繋がる『~のつもり』は、部下の仕事のマンネリ化を起こす
イメージ

こんにちは、葛西久仁子でございます入社してすぐに研修で色々教わった頃は誰もが新鮮な気持ちで教わったこ...

[ コラム【人財育成術】 ]

9.人財育成とは経営者のミッションである
イメージ

こんにちは、葛西久仁子でございます企業や経営者が“社会から人を預かっている”そういう気持ちで人を雇わな...

[ コラム【人財育成術】 ]

8.部下を開花させるには、『WHY』『WHAT』『HOW』が必要です
イメージ

こんにちは、葛西久仁子でございます上司に教えてもらったことが少なかったからとご自分も部下への指導が疎...

[ コラム【人財育成術】 ]

7.部下を人材から人財へ育てる
イメージ

こんにちは、葛西久仁子でございますスタッフの指導は大切ですしかしながら、できない部分にばかりフォーカ...

[ コラム【人財育成術】 ]

コラム一覧を見る

スマホで見る

モバイルQRコード このプロの紹介ページはスマートフォンでもご覧いただけます。 バーコード読み取り機能で、左の二次元バーコードを読み取ってください。

ページの先頭へ