コラム

 公開日: 2017-05-09 

6.どんなときでも平常心で取り組む 

こんにちは、葛西久仁子でございます

職種によっては
危険を伴うもの・緊急事態が発生するものなど
さまざまな場面があるかと思いますが

いついかなる時でも
平常心で仕事に臨むことが大切です



6.どんなときでも平常心で取り組む 


空中で発生する事故以外は、すべての事故が
「クリティカル・イレブン・ミニッツ(離陸後3分、着陸前8分)」に
集中していることが実証されています。

この間は、アテンダントは保安要員に徹し、
頭の中でいろいろな状況をシミュレーションします。

「エンジンから出火したらどうするか」
「機内火災が起きたらどうするか」
「ハイジャックされたらどうするか」
「海上着水したらどうするか」
「オーバーランしたらどうするか」
「ドアが開かなかったらどうするか」
「脱出シュートが開かなかったらどうするか」などです。

あるフライトでのこと。
いつものように着陸態勢に入り、
アテンダントもクルーシートに着席しました。
クリティカル・イレブン・ミニッツに入り、お客様の様子、
機内外の音などに集中しはじめたとき、
いつもより重力(G)のかかり方がきつく感じられたのです。

通常の着陸と違って何かが起きていると思いました。
もしかすると「オーバーラン」するか
「タッチ・アンド・ゴー(一度滑走路に着きながらも再離陸すること)」
になるかもしれないと思い、
お客様に、「シートベルトを腰の低い位置でしっかりと締めてください」
と大声で注意喚起しました。





一度降りかけて急上昇するのですから、とんでもないGがかかります。
ときには10気圧くらいになることもあるのです。
シートベルトにこぶし1つ入る余裕があると、強いGがかかった場合、
体がシートベルトから抜けてしまうことがあるのです。

アテンダントは後ろ向きに座っているので前のめりになり、
シートベルトをしていても転げ落ちそうになります。
それでも平常心を失わず、お客様の安全のために、
緊急事態に備えて頭の中でシミュレーションをはじめます。

やはりタッチ・アンド・ゴーでした。
後に機長は、
「天候が悪くて滑走路がなかなか見えず、
 もしあのまま降りていたらオーバーランして海に突っ込んでいたよ」
と説明してくれました。

コックピットから出てきた機長は汗だくで、
ワイシャツの襟元もびしょ濡れでした。とにかく無事で何よりでした。

例え、どのようなときでも平常心で様々な状況をシミュレーションしていれば、
自ずとすべきことは見えてきます。

この記事を書いたプロ

株式会社 K.BLOOM [ホームページ]

経営コンサルタント 葛西久仁子

大阪府吹田市千里山西4-39 B-1105 [地図]
TEL:06-6337-8054

  • 問い合わせ

このコラムを読んでよかったと思ったら、クリックしてください。

「よかった」ボタンをクリックして、あなたがいいと思ったコラムを評価しましょう。

9

こちらの関連するコラムもお読みください。

<< 前のコラム 次のコラム >>
最近投稿されたコラムを読む
 
このプロの紹介記事
葛西 久仁子(かさい・くにこ)さん

顧客とともに幸せになれる関係構築を手助け(1/3)

株式会社K.BLOOM(ケー .ブルーム)の代表取締役葛西久仁子さんは、人財開花コンサルタトとして、1996年より人材を人財へ開花させるプロとして活動しています。社名のBLOOMは英語で「開花」。一人ひとりの才能を見出し、そこに光を当て「心...

葛西久仁子プロに相談してみよう!

読売新聞 マイベストプロ

従業員一人ひとりの特性を活かし、生産性の高い人財へ

会社名 : 株式会社 K.BLOOM
住所 : 大阪府吹田市千里山西4-39 B-1105 [地図]
TEL : 06-6337-8054

プロへのお問い合わせ

マイベストプロを見たと言うとスムーズです

06-6337-8054

勧誘を目的とした営業行為の上記電話番号によるお問合せはお断りしております。

葛西久仁子(かさいくにこ)

株式会社 K.BLOOM

アクセスマップ

このプロにメールで問い合わせる
プロのおすすめコラム
11.経営理念のない会社は、社員が目標設定できない
イメージ

こんにちは、葛西久仁子でございます行き先を決めないまま乗り物に乗り込んでしまっては目指す場所も定まら...

[ コラム【人財育成術】 ]

10.お客様を失うことに繋がる『~のつもり』は、部下の仕事のマンネリ化を起こす
イメージ

こんにちは、葛西久仁子でございます入社してすぐに研修で色々教わった頃は誰もが新鮮な気持ちで教わったこ...

[ コラム【人財育成術】 ]

9.人財育成とは経営者のミッションである
イメージ

こんにちは、葛西久仁子でございます企業や経営者が“社会から人を預かっている”そういう気持ちで人を雇わな...

[ コラム【人財育成術】 ]

8.部下を開花させるには、『WHY』『WHAT』『HOW』が必要です
イメージ

こんにちは、葛西久仁子でございます上司に教えてもらったことが少なかったからとご自分も部下への指導が疎...

[ コラム【人財育成術】 ]

7.部下を人材から人財へ育てる
イメージ

こんにちは、葛西久仁子でございますスタッフの指導は大切ですしかしながら、できない部分にばかりフォーカ...

[ コラム【人財育成術】 ]

コラム一覧を見る

スマホで見る

モバイルQRコード このプロの紹介ページはスマートフォンでもご覧いただけます。 バーコード読み取り機能で、左の二次元バーコードを読み取ってください。

ページの先頭へ