コラム

 公開日: 2012-09-12  最終更新日: 2012-10-17

期間を定めた労働契約(有期労働契約)の法律が改正されました

労働者が安心して働き続けることが可能な社会の実現を図ることを目的として、期間を定めた労働契約(有期労働契約)に関する法律に改正がおこなわれました。有期労働契を長い期間にわたり反復更新した場合に、期間の定めのない労働契約(無期労働契約)への転換が義務付けされます。
改正ポイント3つを解説します。
①はすでに施行されています。②と③は1年以内に施行されます。

◆◆◆◆◆ ①有期労働契約の更新等 ◆◆◆◆◆
【概要】
期間を定めた労働契約(有期労働契約)を何度も更新している労働者が、更新を希望した場合、基本的に会社はその更新を承諾しなければなりません。更新を拒否する場合には、一般の労働者(正社員など)を解雇するほどの理由がなければ、認められません。

【解説】
●契約社員であっても、更新を繰り返している場合には、契約更新をしないということが基本的にできないということです。以前から裁判になった場合は上記のように判断されていましたが、今回、法律の文章としてはっきり定められました。

●契約更新は法人単位でみますので、事業所が違う場合でも含まれます。過去に自社で働いたことがないか確認しておきましょう。(東京→大阪など)

●契約期間途中で辞めていただくのは「解雇」となります。契約期間途中での解雇は正社員以上にハードルが高く、期間満了まで待てない緊急性のある理由が必要です。


◆◆◆◆◆ ②有期労働契約の期間の定めのない労働契約への転換 ◆◆◆◆◆
【概要】
有期労働契約が何度も更新され、通算5年を超えた場合で、その労働者が期間の定めのない契約(無期労働契約)にしてほしいと希望したときは、基本的に会社は無期契約を結ばなくてはなりません。

【解説】
●契約期間が通算5年を超えると使用者は、契約期間と同一の労働条件で、申込みをしたものとみなされます。ただし、有期労働契約と有期労働契約のあいだに6か月以上の空白期間(クーリング期間)がある場合には、2つの労働契約を通算しない、という例外があります。

●実際に働いた期間でなく、契約上の期間を通算した期間でみます。
 例 育児休業期間も含みます。

●有期から無期契約になった転換者用を正社員と異なる労働条件にするのなら、あらかじめ転換者用の就業規則を定めておく対策が必要です。


◆◆◆◆◆ ③期間の定めがあることによる不合理な労働条件の禁止 ◆◆◆◆◆
【概要】
有期労働契約の労働者の労働条件が、「有期契約である」ということが理由で、他の労働者(正社員など)の労働条件と違う場合には、正当な理由が必要です。

【解説】
●職務内容や転勤の有無などの条件が違うために、給与が違うなど、正当な理由があればいいのですが、全く同じ仕事内容なのに、「有期」か「無期」かの差だけで給与などの条件に差がつくのは認められないということです。


★ひとこと★
 大きな改正ですので、契約社員を採用している会社は気をつけてください。
知らない間に契約が5年になっていた。定年後の再雇用契約が5年以上になっていたなども無期契約の対象になってしまいます。(今回の法律の改正前に有期労働契約が開始されている期間は通算されません)
 今回限りの有期契約にしたいのなら、5年を超えないよう契約期間を管理しておくことです。そして契約更新時に次回は更新しないことを説明して納得してもらった上で契約をするようにしましょう。

派遣社員の法律も間もなく改正されます。こちらも注意が必要です!

この記事を書いたプロ

株式会社Niesul(KES社労士事務所併設) [ホームページ]

社会保険労務士 神野沙樹

大阪府大阪市中央区天満橋京町2-6  天満橋八千代ビル別館2A [地図]
TEL:06-6360-9013

  • 問い合わせ

このコラムを読んでよかったと思ったら、クリックしてください。

「よかった」ボタンをクリックして、あなたがいいと思ったコラムを評価しましょう。

1

こちらの関連するコラムもお読みください。

<< 前のコラム 次のコラム >>
最近投稿されたコラムを読む
お客様の声
グループワーク風景

☆---- A社(建設会社)様 ----☆●社会人と学生の違いについて、改めて考える機会になりました。「責任感」を持ってひとつひとつ行動していきたいと思います。●本当...

プロへのみんなの声

全ての評価・評判を見る>>

 
このプロの紹介記事
神野 沙樹(かみの さき)さん

楽しい職場を経営者、社員と一緒に作ります(1/3)

「社会保険労務士というと、年配の人を想像されるようで、お仕事の依頼のあった企業に行くと『あれ?』っていう表情をされる担当者も多いですよ」と、神野沙樹代表は、にっこり笑います。オフィスは天満橋駅のすぐそば。フットワークの良さが身上です。社会...

神野沙樹プロに相談してみよう!

読売新聞 マイベストプロ

経営者、社員との対話を通じて楽しい職場作りを提案します

事務所名 : 株式会社Niesul(KES社労士事務所併設)
住所 : 大阪府大阪市中央区天満橋京町2-6  天満橋八千代ビル別館2A [地図]
TEL : 06-6360-9013

プロへのお問い合わせ

マイベストプロを見たと言うとスムーズです

06-6360-9013

勧誘を目的とした営業行為の上記電話番号によるお問合せはお断りしております。

神野沙樹(かみのさき)

株式会社Niesul(KES社労士事務所併設)

アクセスマップ

このプロにメールで問い合わせる
このプロへのみんなの声

「理詰め」でなく的確なアドバイスで予想を上回るものができました

美容室の理念づくりのお手伝いをしていただきました。 依頼し...

C社様
  • 30代/男性 
  • 参考になった数(4

このプロへの声をもっと見る

プロのおすすめコラム
仕事と介護の両立

内閣府の資料によると、家族の介護や看護を理由とした離職・転職者数は、10万人以上にのぼっています。とりわけ...

[ 労務に関すること ]

育児休業中の就業について

これまでの育児休業給付金制度では、1カ月に11日以上就業した場合は、その支給単位期間について給付金は支給され...

[ 労務に関すること ]

仕事と不妊治療の両立

現在、日本で不妊症に悩むカップルは6組に1組と言われています。不妊治療を行っている男女の年齢層は、30~4...

【女性社員活躍】女性扱い力チェックテスト
イメージ

「女性だから腹を割って話せない」「男性と違って扱いづらい」―――「男女平等」や「女性活躍」と言われている今...

[ 組織活性に関すること ]

【ストレスチェック1】50人未満の企業なら実施しなくてもいいのですよね?

【ストレスチェック1】50人未満の企業なら実施しなくてもいいのですよね?2015年12月から施行予定の...

[ メンタルヘルスに関すること ]

コラム一覧を見る

スマホで見る

モバイルQRコード このプロの紹介ページはスマートフォンでもご覧いただけます。 バーコード読み取り機能で、左の二次元バーコードを読み取ってください。

ページの先頭へ