コラム

 公開日: 2012-10-16 

「育児・介護休業法」の改正。すべての企業に適用!

「育児・介護休業法」のうち、従業員数100人以下の企業には猶予されていた制度が、24年7月1日より適用されました!
育児・介護休業法は、企業や事業所の規模や業種を問わず適用されます。すべての会社で介護休暇・所定外労働の制限・短時間勤務制度(所定労働時間の短縮措置)を設けなければなりません。
従業員数100人以下の企業には猶予されていた制度①~③の改正について解説します。


----- ① 介護休暇 -----

● 要介護状態にある対象家族の介護その他の世話を行う従業員は、事業主に申し出ることにより、対象家族が1人であれば年に5日まで、2人以上であれば年に10日まで、1日単位で休暇を取得することができます。

● 介護休暇は、労働基準法で定める年次有給休暇とは別に与える必要があります。

(*1)「要介護状態」とは、負傷、疾病又は身体上若しくは精神上の障害により、2週間以上の期間にわたり常時介護を必要とする状態をいいます。

(*2)「対象家族」とは、配偶者(事実上婚姻関係と同様の事情にある者を含む。)、父母及び子(これらの者に準ずる者として、従業員が同居し、かつ、扶養している祖父母、兄弟姉妹及び孫を含む。)、配偶者の父母です。

(*3)「その他の世話」とは、ア)対象家族の介護、イ)対象家族の通院等の付き添い、対象家族が介護サービスの提供を受けるために必要な手続の代行その他の対象家族に必要な世話をいいます。

 [ 対象となる従業員 ]
・・・原則としてすべての男女従業員。
勤続年数6か月未満の従業員と週の所定労働日数が2日以下の従業員については、労使協定で定めれば対象者から除外できます。

 [ 手続き ]
・・・介護休暇の申出は、休暇を取得する日や理由等を明らかにして、事業主に申し出る必要があります。
介護休暇の利用については緊急を要することが多いことから、当日の電話等の口頭の申出でも取得を認め、書面の提出等を求める場合は、事後となって差し支えないこととすることが必要です。




----- ② 所定外労働の制限 -----
 
● 3歳に満たない子を養育する従業員が申し出た場合には、事業主は、所定労働時間を超えて労働させてはなりません。

(*)所定労働時間は、法定労働時間を超えない範囲で各事業所が定めた労働時間です。


 [ 対象となる従業員 ]
・・・原則として3歳に満たない子を養育するすべての男女従業員。 (日々雇用者を除く。)
ただし、勤続年数1年未満の従業員と週の所定労働日数が2日以下の従業員については、労使協定で定めれば対象者から除外できます。

 [ 手続き ]
・・・所定外労働制限の申出は、1回につき、1か月以上1年以内の期間について、開始予定日と終了予定日等を明らかにして、開始予定日の1か月前までに、事業主に申し出る必要があります。また、申出は何回もすることができます。




----- ③ 短時間勤務制度(所定労働時間の短縮措置) -----


● 事業主は、3歳に満たない子を養育する従業員で育児休業をしていないものに対し、短時間勤務制度(1日の所定労働時間を原則6時間に短縮する制度)を設けなければなりません。

● 短時間勤務制度は、就業規則に規定される等、制度化された状態になっていることが必要であり、運用で行われているだけでは不十分です。

● 短時間勤務制度は、1日の労働時間を原則として6時間(5時間45分から6時間まで)とする措置を含むものとしなければなりません。



 [ 対象となる従業員 ]
・・・原則として、1日の所定労働時間が、6時間を超えるすべての男女従業員。

ただし、次のa~cの従業員は、労使協定で定めれば対象者から除外できます。
a) 当該事業主に引き続き雇用された期間が1年に満たない従業員
b) 週の所定労働日数が2日以下の従業員
c) 業務の性質又は業務の実施体制に照らして、短時間勤務制度を講ずることが困難と認められる業務に従事する従業員


 [ 手続き ]
・・・短時間勤務制度の適用を受けるための手続は就業規則等の定めによります。
こうした定めについては、事業主は、適用を受けようとする従業員にとって過重な負担を求めることにならないよう配慮しつつ、育児休業や所定外労働の制限など他の制度に関
する手続も参考にしながら適切に定めることが必要です。
※ このうち、c)に該当する従業員を適用除外とした場合、事業主は、代替措置として、以下のいずれかの制度を講じなければなりません。
 (ア) 育児休業に関する制度に準ずる措置
 (イ) フレックスタイム制度
 (ウ) 始業・終業時間の繰上げ・繰下げ(時差出勤の制度)
 (エ) 従業員の3 歳に満たない子に係る保育施設の設置運営その他これに準ずる便宜の供与




☆新たにこれらの制度の対象となる企業では、あらかじめ就業規則などに制度を定め、従業員に周知しておく必要があります。

③に関連して「子育て期短時間勤務支援助成金」
http://mbp-osaka.com/kes-sr/column/16654/もご紹介しています。就業規則の見直し時に育児・介護の給付・助成金を活用されてはいかがでしょうか。

この記事を書いたプロ

株式会社Niesul(KES社労士事務所併設) [ホームページ]

社会保険労務士 神野沙樹

大阪府大阪市中央区天満橋京町2-6  天満橋八千代ビル別館2A [地図]
TEL:06-6360-9013

  • 問い合わせ

このコラムを読んでよかったと思ったら、クリックしてください。

「よかった」ボタンをクリックして、あなたがいいと思ったコラムを評価しましょう。

1

こちらの関連するコラムもお読みください。

<< 前のコラム 次のコラム >>
最近投稿されたコラムを読む
お客様の声
グループワーク風景

☆---- A社(建設会社)様 ----☆●社会人と学生の違いについて、改めて考える機会になりました。「責任感」を持ってひとつひとつ行動していきたいと思います。●本当...

プロへのみんなの声

全ての評価・評判を見る>>

 
このプロの紹介記事
神野 沙樹(かみの さき)さん

楽しい職場を経営者、社員と一緒に作ります(1/3)

「社会保険労務士というと、年配の人を想像されるようで、お仕事の依頼のあった企業に行くと『あれ?』っていう表情をされる担当者も多いですよ」と、神野沙樹代表は、にっこり笑います。オフィスは天満橋駅のすぐそば。フットワークの良さが身上です。社会...

神野沙樹プロに相談してみよう!

読売新聞 マイベストプロ

経営者、社員との対話を通じて楽しい職場作りを提案します

事務所名 : 株式会社Niesul(KES社労士事務所併設)
住所 : 大阪府大阪市中央区天満橋京町2-6  天満橋八千代ビル別館2A [地図]
TEL : 06-6360-9013

プロへのお問い合わせ

マイベストプロを見たと言うとスムーズです

06-6360-9013

勧誘を目的とした営業行為の上記電話番号によるお問合せはお断りしております。

神野沙樹(かみのさき)

株式会社Niesul(KES社労士事務所併設)

アクセスマップ

このプロにメールで問い合わせる
このプロへのみんなの声

分かりやすい説明で迅速に対応していただけました

就業規則の改定をお願いしましたが、依頼の期日通りにスピー...

B社
  • 50代/男性 
  • 参考になった数(4

このプロへの声をもっと見る

プロのおすすめコラム
仕事と介護の両立

内閣府の資料によると、家族の介護や看護を理由とした離職・転職者数は、10万人以上にのぼっています。とりわけ...

[ 労務に関すること ]

育児休業中の就業について

これまでの育児休業給付金制度では、1カ月に11日以上就業した場合は、その支給単位期間について給付金は支給され...

[ 労務に関すること ]

仕事と不妊治療の両立

現在、日本で不妊症に悩むカップルは6組に1組と言われています。不妊治療を行っている男女の年齢層は、30~4...

【女性社員活躍】女性扱い力チェックテスト
イメージ

「女性だから腹を割って話せない」「男性と違って扱いづらい」―――「男女平等」や「女性活躍」と言われている今...

[ 組織活性に関すること ]

【ストレスチェック1】50人未満の企業なら実施しなくてもいいのですよね?

【ストレスチェック1】50人未満の企業なら実施しなくてもいいのですよね?2015年12月から施行予定の...

[ メンタルヘルスに関すること ]

コラム一覧を見る

スマホで見る

モバイルQRコード このプロの紹介ページはスマートフォンでもご覧いただけます。 バーコード読み取り機能で、左の二次元バーコードを読み取ってください。

ページの先頭へ