コラム

2013-01-11

就業規則作成【規則を作って、何になるのでしょう?】

本日、就業規則を作ろうかと考えられている企業様に訪問しました。

すると、こんなことを尋ねられました。
「就業規則を作った方がいいか迷っているんだけど、今特に問題も起きてないし、何か作るメリットはあるのでしょうか?」

さて、就業規則は何のためにあるのでしょうか…。

この質問に対して、私なりの考えは持っています。

ただ、実はKESで就業規則を作るときにまず行うワークがあります。

それは、
「就業規則(言い換えれば職場のルール)って必要でしょうか?
もしも、必要だと思うなら、なぜ必要なのでしょうか?」というお題を出します。

そして、付箋に思いつく限り書いていただきます。
そのうえで、一枚の紙にまとめます。
(載せている写真は、実際に行ったワークで出来上がったものです。)




ある企業では、社長と1対1で。
ある企業では、社長と幹部の方、計4名で。
ある企業では、役員とは別に、課長クラスの方で、
こんなワークをしました。

社長と1対1で行った企業も、その後社員の方にも同じワークをしてもらいました。


このワークの何がいいかと言うと、ワークをすることで
「もし、ルールが無かったら、会社ってどうなるんだろう?」
「ウチの会社にとって、なんで就業規則が必要なんだろう?」と考えます。

もしも、私たち社労士と社長「だけ」で作成して、単純に「明日からこれで行きます」と言われたら、社員はどうでしょう。

その提示されたルールに興味を持つでしょうか。
答えはNOだと思います。

もちろん、労働条件等、社長と決めるべき点は、社長と決めます。

しかし、「なぜ職場にルールが必要なのか?」「どんなルールだと働きやすいのか?」と言うことは、社員のかたも含めて考えたらいいと思うのです。


さて長くなりましたが、もう一度同じ質問をします。

御社にとって、就業規則は何のために必要なのでしょうか?

答えは各社いろいろあります。

ただ一つ言えることは、就業規則を作るということが最終ゴールではないということ。

あくまでもゴールは、就業規則を作る中で、「働く意味」や「自分が行っている仕事の意義」「仲間の意味」そんなことを考えるきっかけを作ることではないかと思っています。

また次回以降、あらためて、就業規則を作成するときに実施するワークなど、この更新情報でお伝えしていこうと思います。


それでは!
今日も、よい出会いに感謝です!


************
【リンク】
KESの就業規則づくり

この記事を書いたプロ

株式会社Niesul(KES社労士事務所併設) [ホームページ]

社会保険労務士 神野沙樹

大阪府大阪市中央区天満橋京町2-6  天満橋八千代ビル別館2A [地図]
TEL:06-6360-9013

  • 問い合わせ

このコラムを読んでよかったと思ったら、クリックしてください。

「よかった」ボタンをクリックして、あなたがいいと思ったコラムを評価しましょう。

2

こちらの関連するコラムもお読みください。

<< 前のコラム 次のコラム >>
最近投稿されたコラムを読む
お客様の声
グループワーク風景

☆---- A社(建設会社)様 ----☆●社会人と学生の違いについて、改めて考える機会になりました。「責任感」を持ってひとつひとつ行動していきたいと思います。●本当...

プロへのみんなの声

全ての評価・評判を見る>>

 
このプロの紹介記事
神野 沙樹(かみの さき)さん

楽しい職場を経営者、社員と一緒に作ります(1/3)

「社会保険労務士というと、年配の人を想像されるようで、お仕事の依頼のあった企業に行くと『あれ?』っていう表情をされる担当者も多いですよ」と、神野沙樹代表は、にっこり笑います。オフィスは天満橋駅のすぐそば。フットワークの良さが身上です。社会...

神野沙樹プロに相談してみよう!

読売新聞 マイベストプロ

経営者、社員との対話を通じて楽しい職場作りを提案します

事務所名 : 株式会社Niesul(KES社労士事務所併設)
住所 : 大阪府大阪市中央区天満橋京町2-6  天満橋八千代ビル別館2A [地図]
TEL : 06-6360-9013

プロへのお問い合わせ

マイベストプロを見たと言うとスムーズです

06-6360-9013

勧誘を目的とした営業行為の上記電話番号によるお問合せはお断りしております。

神野沙樹(かみのさき)

株式会社Niesul(KES社労士事務所併設)

アクセスマップ

このプロにメールで問い合わせる
このプロへのみんなの声

労務顧問として任せて安心な事務所です

KES社労士事務所の神野さんは、東京のさる大きな事務所で経験...

D社様
  • 60代以上/男性 
  • 参考になった数(8

このプロへの声をもっと見る

プロのおすすめコラム
仕事と介護の両立

内閣府の資料によると、家族の介護や看護を理由とした離職・転職者数は、10万人以上にのぼっています。とりわけ...

[ 労務に関すること ]

育児休業中の就業について

これまでの育児休業給付金制度では、1カ月に11日以上就業した場合は、その支給単位期間について給付金は支給され...

[ 労務に関すること ]

仕事と不妊治療の両立

現在、日本で不妊症に悩むカップルは6組に1組と言われています。不妊治療を行っている男女の年齢層は、30~4...

【女性社員活躍】女性扱い力チェックテスト
イメージ

「女性だから腹を割って話せない」「男性と違って扱いづらい」―――「男女平等」や「女性活躍」と言われている今...

[ 組織活性に関すること ]

【ストレスチェック1】50人未満の企業なら実施しなくてもいいのですよね?

【ストレスチェック1】50人未満の企業なら実施しなくてもいいのですよね?2015年12月から施行予定の...

[ メンタルヘルスに関すること ]

コラム一覧を見る

スマホで見る

モバイルQRコード このプロの紹介ページはスマートフォンでもご覧いただけます。 バーコード読み取り機能で、左の二次元バーコードを読み取ってください。

ページの先頭へ