コラム

 公開日: 2017-12-12 

エステサロンスタッフのマナーレベルは?

 ここ最近、私が住んでいるローカルな場所でも、
雰囲気が高級な、思わず引き込まれそうになるエステサロンを
あちこちで目にするようになりました。
それだけ需要があるという事ですね!
さて、以前、客としてエステサロンを使わせていただいていた時の事です。
スタッフの方々はとても親しみやすく、要望に応えて一生懸命エステをしてくださいます。



ですが、何回か通って顔の知れたリピーターになってくると、
スタッフも気が緩んできたのかもしれません。
ある日、
「あのお客さんね、チラシで入った初回チケット持って、いろんなお店に行っているんですよ。
絶対回数チケット買わないんです。」
其れを聞いた途端、背筋が凍る思い・・・・・
彼女たちはいつもこんな風に客のことをあちこちで話してるんだと思うのと同時に、
それを客に話すとは!!
それ以来私もそのお店を利用しなくなりました。

利用しなくなった理由はそれだけではありません。
数回チケットが残っている間に、どんどん高額のチケットを売りつけます。

本当に行きたくなるエステサロンとは、
1に技術。高額だから当たり前
2に共感力。
お客様に売りつけるのも、彼女たちにノルマがあるのでしょう。
そういうお店はいずれ業界でも廃れていくはずです。

そのノルマを辞めれば、スタッフは自ら高額書品を売らなくてもよくなります。

お客様は、美しくなりたいために高額料金を払ってお越しになります。
でもその美への追求にも何かしら理由があったり、色々なお悩みがあったりします。
そのようなお客様の体や心の悩みに寄り添いながら、
美しくなる過程をお客様と共に楽しみ、喜びあって行けるようにすること。

人としての行動が、自然とお客様がそのお店に足を運びたくなる源となります。

ホスピタリティ研修を真剣に考えてみませんか。
心から人を受けとめられるエステティシャンを目指しましょう!

この記事を書いたプロ

エアライン&ホスピタリティ [ホームページ]

キャリアコンサルタント 木野本美千代

奈良県奈良市鳥見町 [地図]
TEL:090-3929-3100

  • 問い合わせ

このコラムを読んでよかったと思ったら、クリックしてください。

「よかった」ボタンをクリックして、あなたがいいと思ったコラムを評価しましょう。

0
<< 前のコラム 次のコラム >>
最近投稿されたコラムを読む
プロへのみんなの声

全ての評価・評判を見る>>

 
このプロの紹介記事
木野本美千代(きのもと・みちよ)さん

ホスピタリティーの力で居心地の良い職場環境作りを(1/3)

 ホスピタリティー。日本が世界にもアピールしている「おもてなし」の精神。サービス業にはもちろん必要です。しかし、一般企業にとっても、社員同士がお互いに気持ちよく働くために欠かせないものだと、キャリアカウンセラーでありマナー講師を務める木野本...

木野本美千代プロに相談してみよう!

読売新聞 マイベストプロ

マナーを表面的でなく、心から身につける研修を行います

屋号 : エアライン&ホスピタリティ
住所 : 奈良県奈良市鳥見町 [地図]
TEL : 090-3929-3100

プロへのお問い合わせ

マイベストプロを見たと言うとスムーズです

090-3929-3100

勧誘を目的とした営業行為の上記電話番号によるお問合せはお断りしております。

木野本美千代(きのもとみちよ)

エアライン&ホスピタリティ

アクセスマップ

このプロにメールで問い合わせる
このプロへのみんなの声

企業研修において社員さまのアンケートから

マナーを基本として、社内外において、更に人の役に立つこと...

女性社員様
  • 女性 
  • 参考になった数(0

このプロへの声をもっと見る

プロのおすすめコラム
中国人が日本のおもてなしに感動!
イメージ

 先日、「笑顔のもてなしに感動」という記事を見つけました。寄稿者は2015年、旅行情報アプリを運営する会社代...

[ 人を感動させる笑顔、とは ]

薬局チェーン店における接客

先日心斎橋に出かけたおり、夕方になれば足の踏み場もないほど、人、人、人の波!に改めてびっくり!しました。...

[ 海外旅客と日本人のお客様対応力 ]

客室乗務員受験本2019年度版発売!
イメージ

皆さま、こんにちは!エアライン&ホスピタリティの木野本美千代です。航空業界客室乗務員を目指す人の講座や...

医療に従事する方たちの、患者さんへの寄り添い方
イメージ

ある医院でのお話です。そこは技術が素晴らしい病院で有名です。病院というのは、結局医者の技術が一番必要...

[ ホスピタリティの発揮 ]

医療関係者の患者への接し方について

先日、家族に付き添って、眼科を訪れた時のことです。白内障手術で家族は中に入ってなかなか出てきませんでした...

[ 患者をお客様として迎える ]

コラム一覧を見る

人気のコラムTOP5
スマホで見る

モバイルQRコード このプロの紹介ページはスマートフォンでもご覧いただけます。 バーコード読み取り機能で、左の二次元バーコードを読み取ってください。

ページの先頭へ