プロTOP:近田直人プロのご紹介

子どもと真剣に向きあう教師を支えたい(1/3)

本気で教育に向き合う教師を支えるプロ 近田直人さん

教師の評価は短期間でははかれません

 「今の教師、特に若い教師が伸び伸びとやれる環境をもう一度つくってあげたいんです」。熱っぽく語るのは、「こんだ直人教育研究所」代表の近田直人さん。教師や保護者、企業人らを対象に教育相談や講演、セミナーを開く、“先生の先生”です。
 2015年に退職するまで府立高校の教師を29年間、その後の小学校も含めて計30年で関わってきた生徒は1万人超。進学校からいわゆる教育困難校まで、常に全身全霊で生徒に向き合い続け、今も多くの教え子たちから慕われています。

 そんな近田さんは、現行の教員評価制度(目標の達成状況と日常業務の遂行能力に、生徒や保護者のアンケート結果を加味した5段階評価)が、若い教師の成長の機会を奪っているのでは、と危惧しています。「3年間で評価すべき点もありますが、教師は本来、子どもたちが世の中に出てどういう人間になっていくかというところまで見据えて、教育・指導をすべきなんです。卒業した生徒が大人になり、『あの時はありがとうございました』と感謝の一言がもらえれば、それが教師への一番の評価。目先の評価にとらわれ、失敗しないことや問題が起きないことを気にしていて、本当に子どもたちに向き合えるでしょうか」

 在職中、近田さんは教育困難校といわれた高校に志願して赴任。6年間毎日、登下校時に校門に立って生徒に声をかけ続けました。「将来を思い、褒めるべきは褒め、叱るべきは叱る。教師が生徒を正当に評価し、真剣な姿勢で向き合えば、思いは必ず届く」という信念があったからです。指導に疲れ、諦めかけていた他の教師の意識が近田さんと同じ方向を向いたとき、その成果は遅刻・欠席・退学者の大幅減という形になって表れました。

<次ページへ続く>

【次ページ】 「褒める」と「叱る」のバランスが大切

近田直人プロに相談してみよう!

読売新聞 マイベストプロ

体験と実績に基づき、教育に悩む全ての人をサポートします

屋号 : こんだ直人教育研究所
住所 : 大阪府大阪府八尾市服部川3-94 [地図]
TEL : 090-1488-2002

プロへのお問い合わせ

マイベストプロを見たと言うとスムーズです

090-1488-2002

勧誘を目的とした営業行為の上記電話番号によるお問合せはお断りしております。

近田直人(こんだなおと)

こんだ直人教育研究所

アクセスマップ

このプロにメールで問い合わせる
スマホで見る

モバイルQRコード このプロの紹介ページはスマートフォンでもご覧いただけます。 バーコード読み取り機能で、左の二次元バーコードを読み取ってください。

ページの先頭へ