プロフィール

小西繁雄プロの一番の強み

組織を永続的に発展させる採用と教育の秘けつをお伝えします

採用と教育を通じて、人の主体性を引き出し、“理念と利益を両立させる人材”を育成することで、組織の永続的発展をサポートします

・1963年大阪市生まれ。同志社大学商学部卒。
・学習塾FC本部にて全国セミナー・フランチャイジー指導、リース会社で営業、法律系専門学校で教材・プログラム開発の責任者を経て、独立開業。
・現在は、社会保険労務士 陽光事務所代表として、教育の視点から、一気通貫した採用・育成・就業規則・人事制度・リーダーシップ開発・マネジメントの仕組みを構築することを得意としている。社員の意識・行動改革までを含めた研修・コンサルティング・コーチング手法は高い評価を得ている。
・また、盛和塾<大阪>にて人事労務講座の企画・運営にも携わっている。
*「盛和塾」とは、日本航空・京セラ名誉会長の稲盛和夫氏が主催する経営塾です。

  • ◇主な人材育成関与先
  • 住友精化、ビルバンク、クラボウ、大和エクシード、商船港運、大鉄工業、博報堂、NTTコムウェア、関電パワーテック 他多数
  • 財務省近畿財務局、大阪府、池田市、豊中市、門真市、摂津市、堺市、泉南市、三田市、川西市、宝塚市、滋賀県、東近江市 他
  •  
  • ◇主な取引実績
  • 不動産業、建設業、運送業、デザイン事務所、IT企業、貿易業、旅行業、飲食業、美容院、スパ施設、工芸品製作業、映像企画業、商業写真制作業、計量器製造業、室内装飾工事業、歯科医院、美容外科等
氏名 小西繁雄(こにししげお)
会社名 社会保険労務士 陽光事務所
事業内容 ☑ 優れた人材を引き寄せる「採用コンサルティング」

☑ スタッフ1人から始める「人事評価(スコアシート)策定プロジェクト」

☑ 人生・仕事をワクワクさせる「目標達成プログラム」

☑ 組織の価値観と世界観を育む「就業規則作成・見直し」

採用コンサルティング、人材育成研修、目標達成プログラム、就業規則作成、人事制度構築支援、リーダーシップ開発、マネジメントの仕組み構築
取扱分野 採用コンサルティング、人材育成、目標達成プログラム、就業規則、人事制度
特徴 人の主体性を引き出し、理念と利益を両立させる人材育成をサポートします
職種 経営人事コンサルタント、社会保険労務士、行政書士
住所 〒540-0024
大阪府大阪市中央区南新町1-4-9-4F
電話 050-5879-4413
営業時間 平日9:00~18:00
定休日 土曜、日曜、祝日
ホームページ http://www.konishi-sr.jp/index.html
FAX 050-3730-4555
E-mail konishi@sun45.jp
最近投稿されたコラムを読む
 
このプロの紹介記事
小西 繁雄(こにし・しげお)さん

社員の主体性を育むノウハウがあります(1/3)

 「企業や組織で、社員の能力が生きるかどうかは、その人の主体性が発揮されているかどうかにかかっています」。こう話すのは経営人事コンサルタントとして活躍する社会保険労務士・陽光事務所代表の小西繁雄さんです。企業から採用や研修、人事制度について...

小西繁雄プロに相談してみよう!

読売新聞 マイベストプロ

組織を永続的に発展させる採用と教育の秘けつをお伝えします

会社名 : 社会保険労務士 陽光事務所
住所 : 大阪府大阪市中央区南新町1-4-9-4F [地図]
TEL : 050-5879-4413

プロへのお問い合わせ

マイベストプロを見たと言うとスムーズです

050-5879-4413

勧誘を目的とした営業行為の上記電話番号によるお問合せはお断りしております。

小西繁雄(こにししげお)

社会保険労務士 陽光事務所

アクセスマップ

このプロにメールで問い合わせる
プロのおすすめコラム
中小企業における採用のお困りごとは?

From:小西繁雄「採用なんて求人広告を出して、 応募があったら面接して、 気にいった人に採用通...

[ 採用・教育・評価の仕組みづくり ]

採用・教育・人事評価の核心(コア)とは?

From:小西繁雄前回のコラムで採用、教育、人事評価で成功する会社になるためには、今までとは違った、...

[ 採用・教育・評価の仕組みづくり ]

採用・教育・評価でのお悩みの背景と今後の予測

From:小西繁雄あなたは、社員・パート・アルバイトの採用や教育、人事評価に苦労していませんか?こ...

[ 採用・教育・評価の仕組みづくり ]

コラム一覧を見る

スマホで見る

モバイルQRコード このプロの紹介ページはスマートフォンでもご覧いただけます。 バーコード読み取り機能で、左の二次元バーコードを読み取ってください。

ページの先頭へ