プロTOP:栗谷和昭プロのご紹介

社会福祉法人を新会計基準で強くする(3/3)

社会福祉法人の経営改善を提案する栗谷さん

経営基盤の強化が急務です

 社会福祉法人の中には、手を広げ過ぎて資金繰りがにっちもさっちも行かない法人や剰余金をため込む一方で社会福祉にまったく貢献しない法人もあります。そんな法人に対して、栗谷さんは数値目標を持った経営、プランニングを、セミナーで提案しています。
 「例えば、施設の建て替えや改修する年を考えて、積立資産を積み立てる。施設整備の積立資産を取り崩し、新事業を始める。そのことは、新たな給与の原資を生み、職員給与を改善し職員のモチベーションを引き上げ、職員の定着率を高め、それが利用者へのサービス向上に結び付くのです」と栗谷さんは話します。
 このようにして利用者が満足するサービスを提供しなければ、これから先の社会福祉法人は生き延びていけません。
 「高齢者の介護について言えば、現在、民間の株式会社がデイサービス部門に参入し、きめ細かいサービスで、人気を集め、法人税を払いながらも利益を上げています。その一方で、社会福祉法人のデイサービスは苦戦しています。2025年には高齢者が3500万人になると予想されていますが、それまでに、介護報酬の改定が行われる都度、報酬が下がり、今の経営では対応できなくなる事態が予想されます」と栗谷さんは経営基盤を強くしておく必要性を訴えます。
 社会福祉法人は、高齢者にとって最後のセーフティーネットです。今こそ、手を打つ時です。多くの社会福祉法人を支援している栗谷さんの苦言に耳を傾けてみませんか?
(取材年月:2014年7月)

栗谷和昭プロに相談してみよう!

読売新聞 マイベストプロ

社会福祉法人の会計に詳しい知識を持ち、プランニングができる

事務所名 : 栗谷会計事務所
住所 : 大阪府大阪市天王寺区大道3-7-8 河堀ビル4階 [地図]
TEL : 06-6773-6999

プロへのお問い合わせ

マイベストプロを見たと言うとスムーズです

06-6773-6999

勧誘を目的とした営業行為の上記電話番号によるお問合せはお断りしております。

栗谷和昭(くりたにかずあき)

栗谷会計事務所

アクセスマップ

このプロにメールで問い合わせる
プロのおすすめコラム
障害者グループホームの経営実態の把握について その1

 ~新規事業展開への支援のために~ ◆障害者の方々の生活の場として、グループホームはなくてはならないものと...

[ 社会福祉法人 経営 ]

障害者グループホームの経営実態の把握について その2

 ~新規事業展開への支援のために~ ◆障害者グループホーム経営の経営判断に役立つ・根拠ある経営データについ...

[ 社会福祉法人 経営 ]

社福モデルによる内部留保シュミレーション①
イメージ

社会福祉法人の内部留保の推移をみるため、以下のような社福モデルについて検討する。 ■社会福祉法人モデル (...

[ 社会福祉法人 内部留保 ]

社福モデルによる内部留保シュミレーション②
イメージ

 ■シュミレーション 初年     運転資金     25     建物       100    ...

[ 社会福祉法人 内部留保 ]

社福モデルによる内部留保シュミレーション③最終
イメージ

 ■社会福祉法人モデルの検討 当モデルにおいて40年間の内部留保額は、(7.5×20年)+12×20年-(45+14)×2...

[ 社会福祉法人 内部留保 ]

コラム一覧を見る

スマホで見る

モバイルQRコード このプロの紹介ページはスマートフォンでもご覧いただけます。 バーコード読み取り機能で、左の二次元バーコードを読み取ってください。

ページの先頭へ