コラム

 公開日: 2017-08-18 

時代の変化についていけない既存メディアの劣化


お盆の前に体調を崩して4日ほど家で伏せていました。食欲も落ちていたので医者で薬をもらいながら、普段はあまり見ない平日昼間のテレビを何となく見る時間が多くありました。。以前は結構テレビ番組を見ていた方で、バラエティからドラマ、音楽番組、ニュースまで情報源でもありました。昨今は、テレビが得られる情報の質が落ちてきたうえに、しかも同じような偏った話題しか取り上げていなくて、あまり役に立たないので段々と遠ざかっていました。役立つ情報が少ないことに加え、バラエティ番組でもドラマでも面白いと感じることがなくなってきて、余計にテレビ以外の情報リソース、特にネットを通じた情報入手が多くなってきていました。

体調を崩したことをきっかけに、じっくり既存メディアに触れる時間があったのですが、あらためてメディアの劣化があまりにも激しいことに驚きを覚えました。昨今、既存メディアには未来はないと言われています。単なる情報リソースの多様化ということではなく、メディアに携わる人々の質の劣化、考え方の偏りで、自分で自分の首を絞めている状況に危機感がないと感じました。

ニュースワイドショー番組の異常な世界


いわゆる地上波TV局の番組づくりの質の低下を強く感じます。改めてびっくりしたのが、朝から夕方まで全地上波各局が同じようなニュースワイドショーばっかりやっていることです。朝はほぼ9時ごろから2-3時間ぶち抜きのモーニングショー、そしてお昼前から2時ぐらいまでのワイドショー、そして2時から3時半ぐらいまでと4時から7時ぐらいまではローカル局中心のワイドショーと、ほぼ全局横並びのものばっかりやっています。

しかも、その中身はまあ一緒です。一つ芸能人の不倫の話題があれば、朝から晩まで延々全ての局の全てのワイドショーが取り上げ、知ったかぶりの芸能レポーターが追及したりしています。政治経済に関わることでも、一方的な考え方に立った偏向報道をこれでもかと延々掘り下げ、事実を正しく伝えるよりも、わけのわからないコメンテーターにしゃべらせて、MCが自分の考え方を押し付けるといったものばっかりです。よくも毎日毎日こんな浅い切込みしかできない番組を垂れ流しているなあと恐ろしくなりました。

確かに政治家の中には疑問を持つような人がいます。メディアは問題点をきっちり批判する必要はあるでしょう。しかし、メディアの発想は、いかに大衆受けするかしかないような気がします。毎日ずっと朝からあらゆる地上波のワイドショーで「このハゲー!違うだろ!」の絶叫録音を聞かされてしまうと、政治家の問題というよりも、政府批判の道具に使うだけで、政治不信を増幅させているメディア側の異常性を感じてしまいます。全ての局が、朝から晩まで芸能スキャンダルと偏向的な政治批判、そしてグルメ食レポばかりのワイドショーばかりやっていて、メディアが事実を国民に正しく伝えるという求められる機能を果たしていないと思うのです。

世界情勢の正しい姿を知らされていない


今、北朝鮮のミサイルの問題は深刻な事態です。いつ戦争が始まっても不思議ではありません。でも、既存メディア特にTVしか見ていない人々は、朝から晩まで芸能人の不倫報道や、何が違法なのかさっぱりわからないモリカケ問題で政府ばかりを批判する一方的偏向報道、グルメの食レポやくだらない芸人の楽屋話バラエティなどしか情報源に触れないのですから、お花畑の発想しか持てない人が政治を左右することの怖さを感じます。

国民一人ひとりが意識を高め、世界で今何が起きているのか、それに対して自分は何をするべきなのか真剣に向き合うことが求められています。私自身は、思想的にも政治信条でも特に左右どちらかに偏っているとは思っていません。ただ、事実を正しく理解するという立場を尊重したいと思っています。その意味では、昨今の既存メディアの姿はあまりにも偏りすぎではないかと強く感じます。その偏りは左、右のどちらかというよりも、政界情勢を正しく捉え、ありのままに国民に知らせる役割をないがしろにして、また自省がないという点で、賢愚の「愚」に偏りすぎています。とりわけ加計問題での閉会中審査で、参考人の証言を報道するにあたって、本質ど真ん中の証言をされた前愛媛県知事の加戸さんの内容をほとんど無視して報道しないA新聞やM新聞、そして地上波の民放TVのワイドショーは、国民から知る権利を奪い取って自分のイデオロギーを優先する報道姿勢は異常です。

以前のブログで、メディアを育てるのもスポンサー企業の責任ということを申し上げました。企業は社会を発展させていく公共体の一つです。それぞれ社会的責任があります。コンプライアンスという点からも、メディアの暴走を止めるのもスポンサー企業であるという良識が今こそ問われているように思うのです。勿論、既存メディアの番組にも良質の番組が多くあります。そういった番組こそ積極的にスポンサーとなって支えることで、社会全体の発展に寄与するという姿勢が必要ではないでしょうか。

この記事を書いたプロ

株式会社リープブリッジVJパートナー [ホームページ]

中小企業診断士 杉浦直樹

大阪府大阪市中央区久太郎町4-2-15 星和CITY BLD御堂ビル6階 御堂筋センターオフィス内 [地図]
TEL:06-7878-6531

  • 問い合わせ

このコラムを読んでよかったと思ったら、クリックしてください。

「よかった」ボタンをクリックして、あなたがいいと思ったコラムを評価しましょう。

2

こちらの関連するコラムもお読みください。

<< 前のコラム 次のコラム >>
最近投稿されたコラムを読む
海外赴任者研修

海外事業の成功には、海外要員、特に海外出向責任者に対する徹底した経営研修が必要です。経営スキルが不足している日本人社員を海外拠点の責任者として赴任させる...

 
このプロの紹介記事
リープブリッジVJ・杉浦直樹さん

海外進出を図る企業を総合的に支援(1/3)

 中小企業診断士の資格を持つ人は、国内に大勢います。しかし、海外に目を向けて、中小企業の立場に立って機動的に一緒に現地へ赴き、全般的に海外展開支援できる独立診断士は、それほどいないでしょう。リープブリッジVJ中小企業診断士事務所代表の杉浦直...

杉浦直樹プロに相談してみよう!

読売新聞 マイベストプロ

みなさまの海外での事業展開を全力で応援します

会社名 : 株式会社リープブリッジVJパートナー
住所 : 大阪府大阪市中央区久太郎町4-2-15 星和CITY BLD御堂ビル6階 御堂筋センターオフィス内 [地図]
TEL : 06-7878-6531

プロへのお問い合わせ

マイベストプロを見たと言うとスムーズです

06-7878-6531

勧誘を目的とした営業行為の上記電話番号によるお問合せはお断りしております。

杉浦直樹(すぎうらなおき)

株式会社リープブリッジVJパートナー

アクセスマップ

このプロにメールで問い合わせる
プロのおすすめコラム
来年に向けた思い~節目の年を迎えて~
イメージ

今年もあっという間に年末を迎えました。会社を早期退職し独立開業して早3年になります。そして年が明けるとす...

[ 経営戦略 ]

CSRは海外でのブランディングの起点
イメージ

中小企業にとって海外展開の目的は収益を上げるためというのは当然のことです。顧客や社会の発展に商品、サービ...

[ 経営戦略 ]

新興国展開での人材育成の注意点
イメージ

中小企業が新興国に事業展開して一番苦労されるのがヒトのマネジメントです。特に人をどう採用し、育てて事業経...

[ 海外経営 ]

ベトナム人技能実習生を活かす経営
イメージ

外国人技能実習生の数が増えています。現在、約21万人の外国人技能実習生が日本で働いています。特別永住者を...

[ ベトナム ]

ベトナム人の時間感覚
イメージ

ベトナム人と付き合うとどうしても日本人の感覚とは違うという場面が多くあります。とくに「時間」に関する感覚...

[ ベトナム ]

コラム一覧を見る

スマホで見る

モバイルQRコード このプロの紹介ページはスマートフォンでもご覧いただけます。 バーコード読み取り機能で、左の二次元バーコードを読み取ってください。

ページの先頭へ