コラム

 公開日: 2017-08-27 

24時間テレビにみるチャリティ番組の問題点


毎年夏休みの最終週になると日テレ系列で24時間テレビが放送されます。今年で40回目ということです。「愛は地球を救う」というコンセプトで、24時間ぶっ通しでチャリティ番組を放送して視聴者から多くの募金を集め、毎年10億前後から15億ぐらいの募金が全国から寄せられるようです。集められた募金は障がい者支援のための車いすやミニバンなどが寄贈されてきました。テレビメディアがその影響力を行使して、チャリティ番組を行うことの意義は大きいと思いますし、多くの国民の協力を得るためにタレントをパーソナリティ(この意味は英語で通じるのですかね)として司会させたり、ドラマ番組を作ったり、理由はよくわかりませんがマラソンさせています。

番組の主旨については、メディアの社会的責任を果たす活動の一環として十分理解できます。ただ、国民の有限な資産である電波を使って、わざわざ24時間も行うべきものなのか、また一番腑に落ちないのは、この24時間テレビという番組企画を通じて、放送局自身やタレントが「儲ける一大事業」という本質にチャリティとしての欺瞞性を感じてしまうことにあります。

もしこの番組の制作費すべてを放送局が負担し、かつ出演するタレントもチャリティの主旨に賛同して無報酬で参加することで構成され、番組スポンサーの広告費用と視聴者の募金すべてが寄付されるのであれば、私は心からこの番組に賛同して募金を積極的に行っていたと思います。ところが、いろいろと調べてみると、この放送局はチャリティというよりも利益を上げるためにやり続けているのではないかという疑問が出てきました。しかも、番組企画の中身も、障がい者が抱えている問題を健常者の上から目線で、いかにもかわいそう、お涙頂戴的なものばかりが並ぶようになってから、数年前から全く見ないようになりました。ある年だったと思いますが、足の不自由な障がい者に無理やり何かにチャレンジさせて、頑張って目標を達成させる様子を延々とカメラに収め、本番で感動と涙を呼ぶような番組ばかりが並び、私はものすごく嫌な気分になりました。なぜわざわざ障がい者を登山させたり、遠泳させたりしてする必要があるのでしょうか。番組企画するときには、全国でハンディを抱えて頑張って生きている人を探しだし、無理やり絵映えのするようなことに挑戦させていることを見て吐き気を覚えたものです。基本的にテレビの絵は意図的に作られたもので、チャリティという高邁な精神はどこかに飛んでしまっている欺瞞性を見てとれるのです。

普通、ミュージシャンなどがチャリティコンサートをやったり、外国でチャリティ番組をやるときには、だいたい出演者は主旨に賛同して無報酬で行います。入場料収入やスポンサー料から必要経費を引いた残りが寄付されるのです。ところが、この24時間テレビの実態には大きな疑問があります。そもそも24時間テレビを放送した放送局自身はいったいいくら寄付しているのでしょうか。いろいろ調べてみたのですが、募金金額についての報告はあるのですが、放送局や企業の寄付については全く報告がないのです。他のチャリティでは、マッチングという形で集まった寄付と同額を企業側が寄付に足して、倍金額を寄付するというものがありますが、少なくとも24時間テレビではこのような形にはなっていないようです。

どこまで検証できているかわかりませんが、実際にはこの24時間テレビのスポンサー料は単価が高い、つまり放送局にとっての売り上げが大きいといわれています。つまり通常の番組放送一日あたりに得られる収入よりも大幅に増加するのです。そして、番組制作を担当する下請けも儲けが大きくなり、同じように出演するタレントのギャラも多額の金額が支払われるといいます。24時間テレビに明石家さんまや北野武、タモリといった超有名タレントが出演しないのは不思議だと思っていました。彼らはギャラなしであればいくらでも協力して出演するという意思はあるといっていたようですが、どうも放送局側がビッグタレントが無報酬であれば、他の下のクラスのタレントまでギャラなしになってしまい、番組ができなくなってしまうので実現しないみたいです。実際、タレント個人が無報酬で協力したいといっても、そもそもタレントは芸能プロの商品には違いないので、芸能プロの経営という観点から無償というわけにはいかないのだろうと思います。タレントにギャラを払って番組作りをしなければならないのはある程度理解できるとしても、放送局自身はそれら経費を引いて最終的に得られた営業利益全額を寄付しないと欺瞞と言われても仕方がないと思います。ある一説によると、日テレは24時間テレビを通じて一日で20億もの利益を手にするとのことです。スポンサーもチャリティ番組への広告でイメージが上がるので単価の高いスポンサー料を負担しても元が取れ、高額のギャラをもらえるタレントや芸能プロも仕事が増え、番組制作会社も高単価の制作料を手にして、放送局もウハウハの利益を上げるのです。是非、放送局、芸能プロ、タレント、番組制作会社それぞれの寄付金額を公開していただきたいものです。

結局、視聴者が騙されてもってきた貯金箱と障がい者の不幸をダシにして金儲けしている連中が作っているのがこの番組のリアルな姿ではないでしょうか。最近は24時間テレビそのものを見ることはないのですが、今放送中なので少しチャネルを合わせてみました。今年は何か~告白~というテーマのようですが、あまりにも酷いです。人に言っていなかったハンディキャップを告白するとか、兄の子供を引き取って育ててきた女性がその5歳の子供に自分は本当のお母さんではないと告白するとか、癌をわずらい入院するにあたってその病名を子供に告白するとか、いったい何の意味があるんでしょうか。TVメディアの質の劣化をヒシヒシと感じます。

最近はテレビの劣化だけでなく、新聞、ラジオ、週刊誌など既存メディアが特に若年層から見放されている実態をどこまで理解できているのか、メディアの問題点が頻繁に取り上げられるようになってきました。物事の本質を見る力を養いたいと思います。

この記事を書いたプロ

株式会社リープブリッジVJパートナー [ホームページ]

中小企業診断士 杉浦直樹

大阪府大阪市中央区久太郎町4-2-15 星和CITY BLD御堂ビル6階 御堂筋センターオフィス内 [地図]
TEL:06-7878-6531

  • 問い合わせ

このコラムを読んでよかったと思ったら、クリックしてください。

「よかった」ボタンをクリックして、あなたがいいと思ったコラムを評価しましょう。

1

こちらの関連するコラムもお読みください。

<< 前のコラム 次のコラム >>
最近投稿されたコラムを読む
海外赴任者研修

海外事業の成功には、海外要員、特に海外出向責任者に対する徹底した経営研修が必要です。経営スキルが不足している日本人社員を海外拠点の責任者として赴任させる...

 
このプロの紹介記事
リープブリッジVJ・杉浦直樹さん

海外進出を図る企業を総合的に支援(1/3)

 中小企業診断士の資格を持つ人は、国内に大勢います。しかし、海外に目を向けて、中小企業の立場に立って機動的に一緒に現地へ赴き、全般的に海外展開支援できる独立診断士は、それほどいないでしょう。リープブリッジVJ中小企業診断士事務所代表の杉浦直...

杉浦直樹プロに相談してみよう!

読売新聞 マイベストプロ

みなさまの海外での事業展開を全力で応援します

会社名 : 株式会社リープブリッジVJパートナー
住所 : 大阪府大阪市中央区久太郎町4-2-15 星和CITY BLD御堂ビル6階 御堂筋センターオフィス内 [地図]
TEL : 06-7878-6531

プロへのお問い合わせ

マイベストプロを見たと言うとスムーズです

06-7878-6531

勧誘を目的とした営業行為の上記電話番号によるお問合せはお断りしております。

杉浦直樹(すぎうらなおき)

株式会社リープブリッジVJパートナー

アクセスマップ

このプロにメールで問い合わせる
プロのおすすめコラム
来年に向けた思い~節目の年を迎えて~
イメージ

今年もあっという間に年末を迎えました。会社を早期退職し独立開業して早3年になります。そして年が明けるとす...

[ 経営戦略 ]

CSRは海外でのブランディングの起点
イメージ

中小企業にとって海外展開の目的は収益を上げるためというのは当然のことです。顧客や社会の発展に商品、サービ...

[ 経営戦略 ]

新興国展開での人材育成の注意点
イメージ

中小企業が新興国に事業展開して一番苦労されるのがヒトのマネジメントです。特に人をどう採用し、育てて事業経...

[ 海外経営 ]

ベトナム人技能実習生を活かす経営
イメージ

外国人技能実習生の数が増えています。現在、約21万人の外国人技能実習生が日本で働いています。特別永住者を...

[ ベトナム ]

ベトナム人の時間感覚
イメージ

ベトナム人と付き合うとどうしても日本人の感覚とは違うという場面が多くあります。とくに「時間」に関する感覚...

[ ベトナム ]

コラム一覧を見る

スマホで見る

モバイルQRコード このプロの紹介ページはスマートフォンでもご覧いただけます。 バーコード読み取り機能で、左の二次元バーコードを読み取ってください。

ページの先頭へ