コラム

 公開日: 2017-08-27  最終更新日: 2017-08-31

ベトナムはロボットコンテストで優勝常連


ABUアジア放送連合が主催する大学生が製作したロボットによる競技会があります。1988年にNHKが主催した高専ロボットコンテストが始まり、1991年にNHK大学ロボコンが開催され、1993年、NHK大学ロボコンにタイの大学が参加するようになったのを皮切りに次第にアジア太平洋各国が参加するようになり、2002年アジア太平洋放送連合が主催するABUロボコンとして生まれ変わっています。NHKが地上波で放送するため、一般への認知度が高いロボット競技会の一つとなっています。実は、このABUロボコンではベトナムの大学が優勝常連校となっていることをご存知でしょうか。

日本代表は東大や東工大など一流大学ですが、今年の大会は先日27日に日本で開催され、アジアの強豪を蹴散らし、またもやベトナム代表のラクホン大学が優勝に輝きました。ベトナムの技術力は着実に上がっています。ましてロボット技術という今後の第4次産業革命をけん引する分野で、世界を席巻すると思われていた日本のロボット技術はもはやベトナムにキャッチアップされるという時代が目の前に来ているのです。

ベトナムのロボコンでの実績


第1回 2002年 東京大会   優勝  ◎ ホーチミン工科大学
第2回 2003年 バンコク     優勝  タイ スワンデンディン技術専門学校
第3回 2004年 ソウル     優勝  ◎ ホーチミン工科大学
第4回 2005年 北京      優勝  東京大学
第5回 2006年 KL       優勝  ◎ ホーチミン工科大学
第6回 2007年 ハノイ      優勝  西安交通大学
第7回 2008年 プネ       優勝  西安交通大学
第8回 2009年 東京      優勝  ハルビン工業大学
第9回 2010年 カイロ      優勝  電子科技大学
                   準優勝 ◎ ラクホン大学
第10回 2011年 バンコク    優勝  タイ トゥラキット・バンディット大学
第11回 2012年 香港     優勝  電子科技大学
                   準優勝 ◎ ラクホン大学
第12回 2013年 ダナン    優勝 金沢工業大学
                   準優勝 ◎ ラクホン大学 
第13回 2014年 プネ     優勝  ◎ ラクホン大学
第14回 2015年 ジョグジャカルタ 優勝 ◎ フンイェン技術師範大学
第15回 2016年 バンコク    優勝  マレーシア工科大学
第16回 2017年 東京     優勝  ◎ ラクホン大学

全16回中、優勝6回、準優勝2回と、最近数年では常にベトナムの大学が上位に顔を出しています。とりわけ今年の優勝校で躍進著しいラクホン大学というのは、ホーチミン市近郊のドンナイ省にある大学で、周囲にはロンドウック工業団地など大規模な日系工業団地も多いところです。ただ、ホーチミン市からは少し離れているので、高級人材の採用には苦労されているのですが、こういった優秀な技術系大学から人材を地元で確保できれば大変優位な事業展開となります。最近ではドンナイ省による日本企業誘致でも、ラクホン大学がある省ということを強調されることが多くなってきました。

ベトナムの潜在力の高さと日本技術の危機感


ロボコンのような技能コンテストに関心のない方にとっては、日本企業が置かれている危機についてはなかなか感じることができないと思います。日本の中小企業の声を聞く限りは、日本のモノづくり力は断トツである、品質の高さや技術力は世界でも一流、AIやロボットを活用して先端技術を応用する力は素晴らしい、日本製品は高くても物が良いから輸出でも十分通用するというものが大半です。

中小企業の海外展開に関する相談においても、商品は素晴らしいもので、世界に負けない技術と日本人の勤勉さで十分競争力はあるのだから、絶対に海外でも売れるのは確実。でも販路がないので、優秀な代理店を紹介してほしいというものが多いように思います。偏った考えで変に商品に自信をもっておられると、海外の顧客の声に対して素直に耳を傾けことができなくなります。商品仕様も現地に合わせて変えない、仕様書も翻訳しない、ラベルも商品名もパッケージも日本語のまま、しかも為替リスクを持たず、円建て固定で取引してくれて数量をロットでコミットしてくれる代理店を紹介しろというものです。

もっと海外に目を向け、自社製品のレベルを公平な目で評価する姿勢が必要です。本当に日本の技術力が圧倒的に優位であるのなら、なぜロボット技術応用コンテストであるロボコンで日本のトップ大学がベトナムに負けるのでしょうか。ロボコンは毎年行われてすでに16回を数えます。そのうちで日本の大学が優勝したのはたったの2回という現実、これはいったいどう考えればよいのでしょうか。アジアでロボット技術の先端国は、ベトナムの他には中国やタイ、マレーシアといえるでしょう。日本とともに韓国やインドなどもロボットの世界では立ち遅れているといっても良いでしょう。

ロボコンでの技術は今や特殊分野ではありません。AIやIOTの中核技術です。この分野で立ち遅れることは将来技術立国として大きく立ち遅れる危機感を強く感じるのです。


  

この記事を書いたプロ

株式会社リープブリッジVJパートナー [ホームページ]

中小企業診断士 杉浦直樹

大阪府大阪市中央区久太郎町4-2-15 星和CITY BLD御堂ビル6階 御堂筋センターオフィス内 [地図]
TEL:06-7878-6531

  • 問い合わせ

このコラムを読んでよかったと思ったら、クリックしてください。

「よかった」ボタンをクリックして、あなたがいいと思ったコラムを評価しましょう。

0

こちらの関連するコラムもお読みください。

<< 前のコラム 次のコラム >>
最近投稿されたコラムを読む
海外赴任者研修

海外事業の成功には、海外要員、特に海外出向責任者に対する徹底した経営研修が必要です。経営スキルが不足している日本人社員を海外拠点の責任者として赴任させる...

 
このプロの紹介記事
リープブリッジVJ・杉浦直樹さん

海外進出を図る企業を総合的に支援(1/3)

 中小企業診断士の資格を持つ人は、国内に大勢います。しかし、海外に目を向けて、中小企業の立場に立って機動的に一緒に現地へ赴き、全般的に海外展開支援できる独立診断士は、それほどいないでしょう。リープブリッジVJ中小企業診断士事務所代表の杉浦直...

杉浦直樹プロに相談してみよう!

読売新聞 マイベストプロ

みなさまの海外での事業展開を全力で応援します

会社名 : 株式会社リープブリッジVJパートナー
住所 : 大阪府大阪市中央区久太郎町4-2-15 星和CITY BLD御堂ビル6階 御堂筋センターオフィス内 [地図]
TEL : 06-7878-6531

プロへのお問い合わせ

マイベストプロを見たと言うとスムーズです

06-7878-6531

勧誘を目的とした営業行為の上記電話番号によるお問合せはお断りしております。

杉浦直樹(すぎうらなおき)

株式会社リープブリッジVJパートナー

アクセスマップ

このプロにメールで問い合わせる
プロのおすすめコラム
来年に向けた思い~節目の年を迎えて~
イメージ

今年もあっという間に年末を迎えました。会社を早期退職し独立開業して早3年になります。そして年が明けるとす...

[ 経営戦略 ]

CSRは海外でのブランディングの起点
イメージ

中小企業にとって海外展開の目的は収益を上げるためというのは当然のことです。顧客や社会の発展に商品、サービ...

[ 経営戦略 ]

新興国展開での人材育成の注意点
イメージ

中小企業が新興国に事業展開して一番苦労されるのがヒトのマネジメントです。特に人をどう採用し、育てて事業経...

[ 海外経営 ]

ベトナム人技能実習生を活かす経営
イメージ

外国人技能実習生の数が増えています。現在、約21万人の外国人技能実習生が日本で働いています。特別永住者を...

[ ベトナム ]

ベトナム人の時間感覚
イメージ

ベトナム人と付き合うとどうしても日本人の感覚とは違うという場面が多くあります。とくに「時間」に関する感覚...

[ ベトナム ]

コラム一覧を見る

スマホで見る

モバイルQRコード このプロの紹介ページはスマートフォンでもご覧いただけます。 バーコード読み取り機能で、左の二次元バーコードを読み取ってください。

ページの先頭へ