コラム

 公開日: 2018-01-08  最終更新日: 2018-01-09

成人の日は廃止してもよいのでは?


今日は成人の日です。今年は以前に比べては大人しいとは言われているようですが、何年も前から荒れる成人式というニュースをTVで見るたびに、こんな意味のない祝日は止めてしまってはどうかと思っていました。そもそも成人式の式典は地方自治体が戦後始めたのがきっかけであり、文化や伝統に基づくものでもなく、国民を挙げてお祝いしているものでもありません。だいたい出席している成人もほんの一部であり、式典そのものも出席して良かったと満足している人の声も聞きません。ほぼ全員が同窓会代わりに顔を合わせ騒いでいるに過ぎないと思います。

今年の国会では、民法改正案が審議可決されて正式に成人年齢が18歳となります。来年は市町村は18歳から20歳まで3年間の若者を呼んで同じような式典をやるのでしょうか。特に18歳のほとんどは高校三年生であり、1月は受験シーズンの真っ只中でセンター試験の直前になります。とても式典に出る気にもならないでしょうし、自治体として彼らを呼ぶ意味もありません。成人年齢の18歳引き下げに合わせ、まずこのくだらない税金の無駄遣いである成人式を中止する動きがあるのではないかと感じます。

日本は意味のない祝日が多すぎる


海外で長年生活をしていますと、日本ほどやたら祝日が多い国はないことがわかります。日本では年間なんと16日間も祝日があります。何か最近では知らない間に国会で祝日法が改正されてどんどん増えているように思います。7月の海の日とか8月の山の日といったものは、単に6月から8月まで祝日がないからということで無理に理由をつけて設定したように思う人が多いのではないでしょうか。祝日はそもそも国民がそろって祝うという日という主旨から大きく離れ、休日を増やすことで消費を喚起しようというような本末転倒の祝日設定はいかがなものかと思います。祝日が日曜と被ったときに月曜日を振替休日とすることは理解できるものの、本来意味のある日を第二月曜とか第三月曜にできるようなハッピーマンデー祝日であれば、いっそのこと止めてしまってはどうかと思います。

海外では祝日数そのものが少ないこともあり、国民の多くはその祝日の意味をよく知っていますし、町中に国旗や幟がはためいています。本来祝日とはそういうものではないでしょうか。もちろんお祝いする日としての記念日は、会社や学校、地方自治体など所属団体や親戚家族ごとにそれぞれあります。しかし、国民の祝日は国民全員にとって意味のあるものでなくてはならないのではないでしょうか。海の日と山の日もそれぞれ意味があるようですが、ほとんどの国民はその由来を知らないでしょう。

そして、今日の成人の日ですが、その主旨は昭和23年に施行された国民の祝日に関する法律によって、「おとなになったことを自覚し、みずから生き抜こうとする青年を祝いはげます」こととされています。歴史的には、かつて元服の儀が小正月に行われていたことから1月15日になったとのことです。つまり1月15日に行うことに意義があるのであって、それを1月の第二月曜にするのであれば歴史的意味もなくなり、かつ「おとなになったことを自覚」していない「親のすねをかじっている」暴れる新成人を式典に呼んで何を励ますのでしょうか。もし今後もより意味のある成人の日にしようとするのであれば、「おとなになったことを自覚し、みずから生き抜こうとする18歳の青年」による論文やスピーチ、プレゼンコンテストをして表彰することの方がよほど意味があるように思えて仕方がありません。

この記事を書いたプロ

株式会社リープブリッジVJパートナー [ホームページ]

中小企業診断士 杉浦直樹

大阪府大阪市中央区久太郎町4-2-15 星和CITY BLD御堂ビル6階 御堂筋センターオフィス内 [地図]
TEL:06-7878-6531

  • 問い合わせ

このコラムを読んでよかったと思ったら、クリックしてください。

「よかった」ボタンをクリックして、あなたがいいと思ったコラムを評価しましょう。

1

こちらの関連するコラムもお読みください。

<< 前のコラム 次のコラム >>
最近投稿されたコラムを読む
海外赴任者研修

海外事業の成功には、海外要員、特に海外出向責任者に対する徹底した経営研修が必要です。経営スキルが不足している日本人社員を海外拠点の責任者として赴任させる...

 
このプロの紹介記事
リープブリッジVJ・杉浦直樹さん

海外進出を図る企業を総合的に支援(1/3)

 中小企業診断士の資格を持つ人は、国内に大勢います。しかし、海外に目を向けて、中小企業の立場に立って機動的に一緒に現地へ赴き、全般的に海外展開支援できる独立診断士は、それほどいないでしょう。リープブリッジVJ中小企業診断士事務所代表の杉浦直...

杉浦直樹プロに相談してみよう!

読売新聞 マイベストプロ

みなさまの海外での事業展開を全力で応援します

会社名 : 株式会社リープブリッジVJパートナー
住所 : 大阪府大阪市中央区久太郎町4-2-15 星和CITY BLD御堂ビル6階 御堂筋センターオフィス内 [地図]
TEL : 06-7878-6531

プロへのお問い合わせ

マイベストプロを見たと言うとスムーズです

06-7878-6531

勧誘を目的とした営業行為の上記電話番号によるお問合せはお断りしております。

杉浦直樹(すぎうらなおき)

株式会社リープブリッジVJパートナー

アクセスマップ

このプロにメールで問い合わせる
プロのおすすめコラム
来年に向けた思い~節目の年を迎えて~
イメージ

今年もあっという間に年末を迎えました。会社を早期退職し独立開業して早3年になります。そして年が明けるとす...

[ 経営戦略 ]

CSRは海外でのブランディングの起点
イメージ

中小企業にとって海外展開の目的は収益を上げるためというのは当然のことです。顧客や社会の発展に商品、サービ...

[ 経営戦略 ]

新興国展開での人材育成の注意点
イメージ

中小企業が新興国に事業展開して一番苦労されるのがヒトのマネジメントです。特に人をどう採用し、育てて事業経...

[ 海外経営 ]

海外経営責任者に必要な3つの能力
イメージ

以前のブログ「海外経営人材育成が成長発展の鍵」の続きです。海外の経営責任者に必要不可欠な能力とはど...

[ 海外経営 ]

海外経営人材育成が成長発展の鍵
イメージ

あけましておめでとうございます。中小企業の海外展開支援事業を始めて4年になります。この間、中小企業だけで...

[ 経営戦略 ]

コラム一覧を見る

スマホで見る

モバイルQRコード このプロの紹介ページはスマートフォンでもご覧いただけます。 バーコード読み取り機能で、左の二次元バーコードを読み取ってください。

ページの先頭へ