コラム一覧 :海外事業の人事労務管理

1件~9件(9件)

現地法人キーパーソンの採用と留意点

イメージ

ベトナム始め海外拠点展開が成功するかどうかの鍵は、まず最初の人材採用にあります。人、モノ、カネ、情報・ノウハウの4つの経営資源のうち、海外経営で最も重要な資源は人です。中小企業にとって、他の3つの経営資源の多くは日本から投資や技術、設備の移転という形で行われます。現地政府が... 続きを読む

海外事業の人事労務管理

2017-03-02

異文化コミュニケーション力とは広い視野と見識が必要

イメージ

企業が海外展開を行うには異文化コミュニケーションが重要と言われます。海外といえばまず最初に思い浮かぶのは語学力です。日本の英語教育の欠陥についてはさんざん言われてきましたが、外国人と普通に英語で会話できる人は、せいぜい2割ぐらいではないでしょうか。つまり8割前後の日本人が... 続きを読む

海外事業の人事労務管理

2017-01-27

新興国展開での人材育成の注意点

イメージ

中小企業が新興国に事業展開して一番苦労されるのがヒトのマネジメントです。特に人をどう採用し、育てて事業経営の柱として確立していくのかが最も重要な経営課題です。新たに海外事業展開を検討されている企業の多くは、事業の事前調査であるフィージビリティスタディを通じて様々な面から機会... 続きを読む

海外事業の人事労務管理

2016-09-06

海外法人での人材育成は出向社員の最大の責務

イメージ

「モノをつくる前にヒトをつくる」、これはパナソニックの松下幸之助創業者の経営哲学の中でも有名な言葉です。人材育成の重要性については、仕事の経験を重ね幅を広げるにしたがって身をもって感じることです。特に海外事業では、人材育成の困難性と重要性は異文化コミュニケーションの側面から... 続きを読む

海外事業の人事労務管理

2016-06-06

食堂の運営には細心の注意を

イメージ

ベトナムに限らず新興国での食堂運営は、従業員福祉においてはかなり重要な位置づけであるという認識を持つ必要があります。日本でも社員食堂がある会社は一般的に福祉が充実していると言えますし、地方の工場などで社員食堂がなければ昼食を取るのも苦労し、昼食時に社員が外に出るのは保安上も... 続きを読む

海外事業の人事労務管理

2016-05-20

不正行為防止のための対応例

イメージ

不正が起きる要因としては動機、機会、姿勢の三つのトライアングルがあります。会社としては就業規則などルールの明確化と罰則だけでは三要因を押さえこむことはできません。地道な啓蒙活動と不正が起きにくい仕組みの構築を一つずつ積み上げていくことが効果的です。いくつかの対応例を紹介しま... 続きを読む

海外事業の人事労務管理

2016-03-31

海外会社で注意する不正行為

イメージ

新興国の海外会社では様々な不正行為が発生する可能性があります。多くがお金絡みのもので、日本人の出向社員が現地に赴任してまず面食らう問題です。日本では滅多に起こらないことばかりですが、新興国では常に起こる土壌があることを理解しなければなりません。就業規則にきちんとやってはいけ... 続きを読む

海外事業の人事労務管理

2016-03-28

日本人出向駐在社員の研修の必要性 ~最大の経営リスクは日本人そのものが原因~

イメージ

海外事業法人を立ち上げますと、経営責任者は当然、管理部門や営業など何人かの日本人出向・駐在社員が現地に赴任します。海外勤務を何度か経験している大手企業の社員は別にして、おそらく過半数は海外勤務が初めてというのではないかと思います。ある規模以上の企業では、海外赴任させると... 続きを読む

海外事業の人事労務管理

2016-03-27

海外事業での人事労務管理の留意点

イメージ

海外事業経営で一番苦労するのは人事です。一般に経営資源は、ヒト、モノ、カネ、情報と言われますが、ヒトは経営資源の中でも最も入れ替えが難しいものです。ヒトを育てるには時間もコストもかかります。ビジョンも事業戦略も、立案、実行するのは人であり組織です。カネがあればヒトもモノも情... 続きを読む

海外事業の人事労務管理

2016-03-23

1件~9件(9件)

RSS
海外赴任者研修

海外事業の成功には、海外要員、特に海外出向責任者に対する徹底した経営研修が必要です。経営スキルが不足している日本人社員を海外拠点の責任者として赴任させる...

 
このプロの紹介記事
リープブリッジVJ・杉浦直樹さん

海外進出を図る企業を総合的に支援(1/3)

 中小企業診断士の資格を持つ人は、国内に大勢います。しかし、海外に目を向けて、中小企業の立場に立って機動的に一緒に現地へ赴き、全般的に海外展開支援できる独立診断士は、それほどいないでしょう。リープブリッジVJ中小企業診断士事務所代表の杉浦直...

杉浦直樹プロに相談してみよう!

読売新聞 マイベストプロ

みなさまの海外での事業展開を全力で応援します

会社名 : リープブリッジVJ中小企業診断士事務所
住所 : 大阪府大阪市中央区久太郎町4-2-15 星和CITY BLD御堂ビル6階 御堂筋センターオフィス内 [地図]
TEL : 06-7878-6531

プロへのお問い合わせ

マイベストプロを見たと言うとスムーズです

06-7878-6531

勧誘を目的とした営業行為の上記電話番号によるお問合せはお断りしております。

杉浦直樹(すぎうらなおき)

リープブリッジVJ中小企業診断士事務所

アクセスマップ

このプロにメールで問い合わせる
プロのおすすめコラム
来年に向けた思い~節目の年を迎えて~
イメージ

今年もあっという間に年末を迎えました。会社を早期退職し独立開業して早3年になります。そして年が明けるとす...

[ 経営戦略 ]

CSRは海外でのブランディングの起点
イメージ

中小企業にとって海外展開の目的は収益を上げるためというのは当然のことです。顧客や社会の発展に商品、サービ...

[ 経営戦略 ]

新興国展開での人材育成の注意点
イメージ

中小企業が新興国に事業展開して一番苦労されるのがヒトのマネジメントです。特に人をどう採用し、育てて事業経...

[ 海外事業の人事労務管理 ]

地方金融機関は海外支援で中小企業診断士を活用すべし
イメージ

超低金利が続き、金融機関は生き残りをかけて合従連衡が加速しています。都市銀行は3大メガバンクに収斂し、...

[ 海外展開とアドバイザー ]

海外展開したBtoB企業のブランド戦略
イメージ

「ブランド戦略?そんなものいらんいらん!わしら中小企業は下請けでしか生きていかれへん。自分の社名やブ...

[ 経営戦略 ]

コラム一覧を見る

スマホで見る

モバイルQRコード このプロの紹介ページはスマートフォンでもご覧いただけます。 バーコード読み取り機能で、左の二次元バーコードを読み取ってください。

ページの先頭へ