コラム

 公開日: 2011-05-07  最終更新日: 2014-05-23

○「牛を見捨てられぬ」餌運び続ける 原発事故警戒区域○

いつもご覧いただきまして、ありがとうございます。

育てる、ということは人も動物も同じ想いなんですね。







「牛を見捨てられぬ」餌運び続ける 原発事故警戒区域

KOL net より









「300頭以上の牛が腹をすかせて待っている。行かなければ

 死んでしまう」。



福島第1原発事故で立ち入りが禁じられた20キロ圏内の



警戒区域に、今も牛の餌を運び続ける畜産農家がいる。



丹精込めて育ててきた牛への愛情と、日々の営みを突然



奪った東京電力や国への怒りが、農家を突き動かしている。





<重なり倒れる>
「人が行かなくなった畜舎は悲惨。成牛も子牛も折り重なる

 ように倒れてる。生き残った牛もがりがりにやせて、

 力のない目でこっちを見る。もう、いたたまれない」


20キロ圏内の牧場の様子を切なげに話すのは、二本松市の



農業生産法人「エム牧場」の村田淳社長(56)。



同社は県内7カ所に牧場があり、和牛約1200頭を飼う。



原発事故で職員が避難した後も数日おきに、原発から14キロの



浪江町の牧場にトラックで餌を運んできた。


浪江農場は敷地約30ヘクタールと広大な主力牧場で、震災前は



328頭を飼育。



畜舎を増設するなど規模を拡大中で、近く600頭まで増やす



計画だった。




場長の吉沢正己さん(57)は国が3月12日、20キロ圏内に



避難を指示した後も踏みとどまった。しかし、原発の状況が



悪化したため17日に退避した。



「原発が爆発するたびに、どーんと重い音が響いた。双眼鏡で

 見ると白い煙が立ち上って、もうこれまでかと泣く泣く牛を

 置いてきた」



と振り返る。


その翌日には必死の思いで農場に戻り、畜舎の牛を放牧場に



放した。浪江農場の牛をどうするか、社内で激論が交わされた。



出荷できない牛に経費をかけて維持し、何の意味があるのか。



国の指示に従わず、危険を冒す必要はあるのか―。


「結論は命を見捨てて、同じ生き物として恥ずかしくないのか

 ということ。できる限りのことはしたい」。



率先して浪江に餌を運ぶ村田社長は語る。



吉沢さんも



「東電が事故を起こし、国が住民の意見を聞かずに立ち入り

 禁止の線を引いた。牛や農家は何も悪くない。ひるんで

 逃げるのは嫌だ」



と強調する。



<細い山道抜け>


通り道の浪江町と南相馬市には立ち入り許可を何度も求めて



きたが、認められていない。



「なぜ駄目なんだ」と村田社長は憤る。



やむを得ず、検問を避け、細い山道を抜けていく。



帰りは必ず被ばくの有無を確認するスクリーニングを受けるが、



異常値が出たことはないという。


今、20キロ圏内では春の日差しの中、放された牛や豚がのどかに



草をはみ、その脇の畜舎では逃げられなかった家畜が無残な姿を



さらす。



「まさに天国と地獄だ。本当は家畜を放すのも良くない。

 でも仕方がなかった。畜舎を閉じたまま避難した農家にも

 事情がある。正解なんかない」



と村田社長。


餌を積んだ車が到着すると、放牧場に散っていた牛たちは甘えた



声を上げ、集まってくる。中には生まれたばかりの子牛も。



「牛飼いをやってて良かった、餌運んで良かったって実感する」



と村田社長は言う。

この記事を書いたプロ

結婚相談所レジェンデ [ホームページ]

結婚コンサルタント 岡崎直人

大阪府堺市中区深井沢町3324 FUKAIビル4階 (E-mail: legende@legende.jp) [地図]
TEL:072-276-1122

  • 問い合わせ
  • 資料請求

このコラムを読んでよかったと思ったら、クリックしてください。

「よかった」ボタンをクリックして、あなたがいいと思ったコラムを評価しましょう。

0

こちらの関連するコラムもお読みください。

<< 前のコラム 次のコラム >>
最近投稿されたコラムを読む
お客様の声

最初は、結婚相談所ってどんなところかわからず、でも結婚したいので不安な気持ちを感じながらレジェンデさんへ!意外と普通な感じのスペースで、すごく普通な感じの...

レジェンデが考える結婚活動
イメージ

私たちのコダワリ…それはデジタルとアナログが融合した「婚活 x 深化」です。レジェンデでは1~2ヶ月に1度、対面でアナタとの関わりを深める「気づきのシェアワーク...

プロへのみんなの声

全ての評価・評判を見る>>

 
このプロの紹介記事
岡﨑 直人(おかざき なおと)さん

「どのような人と一緒にいると幸せを感じるのか?」。幸せの本質と向き合う婚活を(1/3)

 婚活によるストレスが社会問題となり、「婚活疲れ」という言葉も登場しました。立て続けに異性から交際や結婚を断られ婚活が長期化すると、自分自身を否定されたような気分になり、うつ病になってしまうケースもあるそうです。「楽しい婚活」をコンセプトに...

岡崎直人プロに相談してみよう!

読売新聞 マイベストプロ

レジェンデのコダワリ、「成婚までに会う回数」

店名 : 結婚相談所レジェンデ
住所 : 大阪府堺市中区深井沢町3324 FUKAIビル4階 [地図]
(E-mail: legende@legende.jp)
TEL : 072-276-1122

プロへのお問い合わせ

マイベストプロを見たと言うとスムーズです

072-276-1122

勧誘を目的とした営業行為の上記電話番号によるお問合せはお断りしております。

岡崎直人(おかざきなおと)

結婚相談所レジェンデ

アクセスマップ

このプロにメールで問い合わせる このプロに資料を請求する
このプロへのみんなの声

ありがとうございます!

レジェンデに会員登録してから3年、理想の女性と結婚になり...

S
  • 30代/男性 
  • 参考になった数(2

このプロへの声をもっと見る

プロのおすすめコラム
◆堺市こども子育て応援団に登録されました。(婚活レシピ)
イメージ

いつもご覧いただき、ありがとうございます。風邪がなかなか治らなくて、声が出にくい岡崎です(^^) ◆...

[ 幸せレシピ♡婚活レシピ ]

◆阪和電鉄・・・(幸せレシピ)
イメージ

いつもご覧いただき、ありがとうございます。今日は、朝から来店続きで目が回っている岡崎です(^^) ◆...

[ 幸せレシピ♡婚活レシピ ]

○私たちの大切な友人!○
イメージ

12月になりましたね・・・2010年も残り1カ月切ってしまいました。35歳を遥か昔に超えて以来月日が流れるのが早...

[ 婚活 大阪 体験 ]

(結婚(^^)大阪)楽しかった、一緒に料理作りdeお見合い交流会
イメージ

いつもご覧いただきまして、ありがとうございます。---------------------------------------------------------...

[ 婚活お見合いパーティー 堺 ]

【婚活レポート】自然と触れあう農業体験プレ交流会
イメージ

いつもご覧いただきまして、ありがとうございます。----------------------------------------------------------...

[ 婚活お見合いパーティー 堺 ]

コラム一覧を見る

求人情報
スマホで見る

モバイルQRコード このプロの紹介ページはスマートフォンでもご覧いただけます。 バーコード読み取り機能で、左の二次元バーコードを読み取ってください。

ページの先頭へ