コラム

2012-04-18

大阪府育英会「大学入学資金貸付制度」の廃止

大阪府育英会の進学資金貸付制度には

「奨学金貸付制度」と「入学資金貸付制度」の

2つがあります。

そのうち、「入学資金貸付制度」の大学等進学者に対する

「大学入学資金貸付」がこの2012年度から廃止となりました。


「大学入学資金貸付」は、大学等へ入学を希望する生徒の保護者へ、

28万円(生活保護世帯は53万円)を入学前に融資する制度でした。

ですのでこの制度が廃止されるということは、大学等の入学金を貸し付けで

まかなう手段のひとつがなくなるということです。


“勤勉意欲の高い方”が経済的理由で大学等進学を断念する理由として、

入学前の納付金(入学金や1年次前期授業料)が納付できないことが挙げられます。

実際、いま当事務所での進学費用に関する相談で最も多いのが、

「入学前納付金を支援(“貸付”や“準備”ではないですよ)してくれるところはないか」

というものです。


入学後の授業料等には奨学金制度で対応することができますが、

こと入学前納付金に対する制度といえば・・・

“志の高い方”が経済的理由で勉学の機会を奪われることがなくなるよう、

各種制度や支援等の普及がひろがることを願います。


=消費者へ金融知力の普及と気付きを与える=

FP事務所らいふ工房
http://www8.ocn.ne.jp/~fplk/
080-3864-5822(代表直通)

この記事を書いたプロ

FP事務所らいふ工房 [ホームページ]

ファイナンシャルプランナー 木和田雅朗

大阪府大阪市住吉区山之内1-27-34-301 [地図]
TEL:06-6609-2703

このコラムを読んでよかったと思ったら、クリックしてください。

「よかった」ボタンをクリックして、あなたがいいと思ったコラムを評価しましょう。

1

こちらの関連するコラムもお読みください。

<< 前のコラム 次のコラム >>
最近投稿されたコラムを読む
取扱業務&料金
未来年表(左) 等

奨学金・進学費用【Ⅰ】相談 1案件税込3,000円 その他【Ⅱ~Ⅳ】相談 1案件税込10,000円別途交通費、遠方の場合は宿泊費をお願いしています  FP事務所らいふ工...

 
このプロの紹介記事
木和田 雅朗(きわだ まさあき)さん

一般消費者の方へ金融知力の普及と気づきを与えることが私の仕事です。(1/3)

 「FP事務所らいふ工房」は、2009年1月に設立された若い会社です。FPとはファイナンシャル・プランナーのことで、事業内容は、相談業務と講師業務が柱です。相談業務は保険見直し・設計が中心で、住宅ローン設計、預貯金・金融資産運用等のいわゆる...

木和田雅朗プロに相談してみよう!

読売新聞 マイベストプロ

奨学金・教育費対策のスペシャリストです

会社名 : FP事務所らいふ工房
住所 : 大阪府大阪市住吉区山之内1-27-34-301 [地図]
TEL : 06-6609-2703

プロへのお問い合わせ

マイベストプロを見たと言うとスムーズです

06-6609-2703

勧誘を目的とした営業行為の上記電話番号によるお問合せはお断りしております。

木和田雅朗(きわだまさあき)

FP事務所らいふ工房

アクセスマップ

プロのおすすめコラム
受験生の子どもにどんな言葉をかけてあげればいいのですか?

先日、千葉県船橋市にお住まいの方と教育ローンのご相談をしていたときに、今回のタイトルにある質問がでてきま...

[ FPのしごと~相談業務(教育費・進学費用対策) ]

みんな奨学金っていくら借りているのですか?

「奨学金ってみなさん月どれぐらい借りているのですか?」北九州市・小倉にお住まいの方との個別相談でのご質...

[ FPのしごと~相談業務(教育費・進学費用対策) ]

学資(こども)保険のココに注意!~進学資金対策

大学等進学に備えて、学資保険でその資金を準備されている、あるいはしよう考えている方もいらっしゃるかと思い...

[ FPのしごと~相談業務(教育費・進学費用対策) ]

リクナビ進学ブックに3回目の登場!
イメージ

株式会社リクルートホールディングスさんがお届けしている「リクナビ進学ブック」最新号に掲載させていただきま...

[ FPのしごと~執筆&メディア掲載 ]

兵庫県立農業高等学校定時制課程で講演しました
イメージ

開校100年以上の伝統を誇り、“県農(けんのう)”の愛称で地元に親しまれている兵庫県加古川市にある兵庫県立農業...

[ FPのしごと~講師・講演業務 ]

コラム一覧を見る

スマホで見る

モバイルQRコード このプロの紹介ページはスマートフォンでもご覧いただけます。 バーコード読み取り機能で、左の二次元バーコードを読み取ってください。

ページの先頭へ