コラム

 公開日: 2013-05-11  最終更新日: 2015-05-08

スカラネット入力用紙「家庭事情欄」の書き方のポイント

「“スカラネット入力下書き用紙”の家庭事情情報欄はどのように書けばいいのですか?」

これは横浜に住む方との個別面談で出てきたご質問です。
当該欄を見てみると、
「なぜ奨学金が必要なの?その理由(原因)は?」
を書いてくださいとのようですね。
私がこれまでに受けた個別相談からでは、
やはり経済的理由から奨学金を利用したいという方が多いです。
失業して生活保護を受けている等ですね。

一方、奨学金申込要件のひとつ「家計基準」をみてみると、
第二種希望でサラリーマン3人世帯の場合、1,080万円以下が目安となっています。
現在、サラリーマンの平均年収が410万円ぐらいです。
ということは、夫婦とも正社員であっても820万円(410万円×2人)なので
十分基準をクリアということになります。
さてこのようなご家庭の場合、何を書きますか?


日本学生支援機構の奨学金を予約申込する際に、
「学力基準」と「家計基準」があることをご存知の方は多いと思います。
そのうち「学力基準」について、
平成26年度入学者用奨学金案内(以下、奨学金案内)
の5ページに、このように記載されています(一部抜粋)。

 [3]申込基準
 奨学金申込者の人物・健康・学力・家計について審査し、採用候補を決定します。
 (1)学力基準
 2 第二種奨学金
  次のいずれかに該当する人。
  ・略
  ・略
  ・大学等における学修に意欲があり、学業を確実に修了できる見込みがあると認められること。


また奨学金案内10ページには、こんな記載もあります(一部抜粋)。

 Ⅳ 奨学生に採用され貸与を受けている間【貸与中】の注意事項
 学力等の基準を満たして奨学生採用されたので、奨学生としての自覚を持って、勉学に励んでください。
 2.貸与期間中は~中略~。
  学校は、学業成績等により奨学生としてふさわしいかどうかの認定を行います。
 
その右端にはこんな注意書きが!
 「奨学金継続願」の未提出、学業成績不振の場合は、奨学金は廃止されます。 


スカラネット入力下書き用紙の4ページにある「J―家庭事情情報」欄。
記入必須である奨学金を希望するに至った事情だけではなく、
大学等に「何のために行くのか?」「何をしたいのか?」「卒業後の“夢”は?」etc


「学修意欲&ヤル気」をこの200文字にぶつけてみましょうね。


【参照:続「奨学金 家庭事情情報の書き方」】
http://mbp-osaka.com/lifekoubou/column/20169/



=消費者へ金融知力の普及と気付きを与える=

FP事務所らいふ工房 ご相談予約申込先
http://www.lifekoubou.info/
080-3864-5822(代表直通)
*ご相談は面談のみ(電話・メール等不可)となっております

「教育費の専門家FP」として、
ビジネス誌のダイヤモンド社からの取材記事で掲載されています
http://diamond.jp/articles/-/31700?page=3

この記事を書いたプロ

FP事務所らいふ工房 [ホームページ]

ファイナンシャルプランナー 木和田雅朗

大阪府大阪市住吉区山之内1-27-34-301 [地図]
TEL:06-6609-2703

このコラムを読んでよかったと思ったら、クリックしてください。

「よかった」ボタンをクリックして、あなたがいいと思ったコラムを評価しましょう。

8

こちらの関連するコラムもお読みください。

<< 前のコラム 次のコラム >>
最近投稿されたコラムを読む
取扱業務&料金
未来年表(左) 等

奨学金・進学費用【Ⅰ】相談 1案件税込3,000円 その他【Ⅱ~Ⅳ】相談 1案件税込10,000円別途交通費、遠方の場合は宿泊費をお願いしています  FP事務所らいふ工...

 
このプロの紹介記事
木和田 雅朗(きわだ まさあき)さん

一般消費者の方へ金融知力の普及と気づきを与えることが私の仕事です。(1/3)

 「FP事務所らいふ工房」は、2009年1月に設立された若い会社です。FPとはファイナンシャル・プランナーのことで、事業内容は、相談業務と講師業務が柱です。相談業務は保険見直し・設計が中心で、住宅ローン設計、預貯金・金融資産運用等のいわゆる...

木和田雅朗プロに相談してみよう!

読売新聞 マイベストプロ

奨学金・教育費対策のスペシャリストです

会社名 : FP事務所らいふ工房
住所 : 大阪府大阪市住吉区山之内1-27-34-301 [地図]
TEL : 06-6609-2703

プロへのお問い合わせ

マイベストプロを見たと言うとスムーズです

06-6609-2703

勧誘を目的とした営業行為の上記電話番号によるお問合せはお断りしております。

木和田雅朗(きわだまさあき)

FP事務所らいふ工房

アクセスマップ

プロのおすすめコラム
受験生の子どもにどんな言葉をかけてあげればいいのですか?

先日、千葉県船橋市にお住まいの方と教育ローンのご相談をしていたときに、今回のタイトルにある質問がでてきま...

[ FPのしごと~相談業務(教育費・進学費用対策) ]

みんな奨学金っていくら借りているのですか?

「奨学金ってみなさん月どれぐらい借りているのですか?」北九州市・小倉にお住まいの方との個別相談でのご質...

[ FPのしごと~相談業務(教育費・進学費用対策) ]

固定 or 変動どっちがトク?~奨学金第二種の利率算定方法

「日本学生支援機構奨学金(以下、奨学金)第二種の利率は利率固定方式(固定)と利率見直し方式(変動)のどっ...

[ FPのしごと~相談業務(教育費・進学費用対策) ]

第一種奨学金の採用確率は?

「日本学生支援機構奨学金(以下、奨学金)第一種の採用確率ってどれぐらいですか?」これも高校や大学オープ...

[ FPのしごと~相談業務(教育費・進学費用対策) ]

兵庫県立農業高等学校定時制課程で講演しました
イメージ

開校100年以上の伝統を誇り、“県農(けんのう)”の愛称で地元に親しまれている兵庫県加古川市にある兵庫県立農業...

[ FPのしごと~講師・講演業務 ]

コラム一覧を見る

スマホで見る

モバイルQRコード このプロの紹介ページはスマートフォンでもご覧いただけます。 バーコード読み取り機能で、左の二次元バーコードを読み取ってください。

ページの先頭へ