コラム

 公開日: 2014-04-20  最終更新日: 2016-01-27

明日から使える『お見合いテクニック』

仲人としてお見合いの現場に立ち会うといろいろな方のお話も聞きます。

どーしてそうなってしまったの?な人も居ますが
そこには、上手くいかない婚活を続けて来た結果なのだと感じる事もあります。

お見合いの現場に現れた男性は、スーツ姿にさっぱりした髪型で清潔感もあり
申し分無い出で立ちですが、会社帰り・・・にしては荷物が・・・多い。
手持ちのカバンもパンパンですが、肩にはリュックも!?
これから出張にしても、駅にはコインロッカーもたくさん有るはず

何が入っているのかというと、街のガイドブックから、趣味の写真のファイルブック
晴天のはずなのに折りたたみの傘まで、いろいろ入ってます。
 そのカバンにはいっているのは「物」ではなく「不安」なんです。
相手の方の予想外のリクエストにも対応しようと、会話が途切れない様に
いろんな仕込みも持ち歩く様になってしまったんですね。

どーしてそんな事態におちいってしまったのか?
それは、「主導権が無いから」主導権を取れないのは、ひとえに「準備不足」なのです。
 
それでは、どんな準備が必要なのか?

 まずは、現場視察です。
お見合いというのは場所と時間があらかじめ決定しています。
事前に現場に出向いて、付近のおしゃれなお店なんかもチェックしておきましょう
出来れば当日と同じ時間帯にチェックするのが良いでしょう。
お見合いの時間帯によっては、一緒に食事でもとなるかもしれませんよね?
そんな時もすぐに行動できる様、和・洋・中をチェックしておくとスマートですよね。

 当日の会話も有る程度組み立てて準備しておいてください。
会社のプレゼンでもノープランで上手く話しをまとめるのは至難の業
 お見合い会話でありがちな事として
何を聞いて良いか分からず、家族構成から今までの婚活経緯、仕事の事等
「まるで、面接か取り調べの様だった」と、お見合い後にお伺いする事も度々あります。

では、どんな話題なら話しが弾むのでしょうか?
キーワードとして「地域」・「趣味」・「食べ物」そして「相手のプロフィールを読み解く」です。

・「地域」住んでいる地域のローカルランドマークや通っていた学校・通学路線等ローカルな話題は盛り上がリます、新しいスポットよりか過去のスポットの方がより親近感も生まれます。 プロフィールには住んでいる大雑把な地域しか記載はありません。(大体が~~市までです)しかし話題を探すには十分だと思います。

・「趣味」これも事前にお相手のプロフィールに書き込まれて有るハズですので、有る程度予習しておく事が必要です。 会話が弾めば、今度ご一緒したいと誘いやすいですしね! ここで問題なのは「インドアな趣味」の場合です「読書」や「語学」等、1人系の趣味ですよね、でも諦めず食らいついて行きましょう!
たとえは゛読書の場合は本に出てくる場所や物等から関連する場所や施設の話題から、「調べておくので、今度尋ねてみませんか?」と行動出来るシチュエーションに変換してみましょう。「語学」等の場合もねその言語圏の人達の集まる地域やお店なんかを調べて、後日お出かけにお誘いしてみてもいいでしょう。
ここで一番重要なのは、当日無理に予定を付けず 「調べる」がポイントです。
あなたは当然、趣味の当事者よりも情報が少ないですから、話しを合わせるだけで手一杯になりボロわだしてしまうかもしれませんので、知識を詰め込む時間が得られます。
間た相手は「自分の為に動いてくれる」が嬉しですし、断りづらくもなります。

・「食べ物」食事は欠かす事の出来ない行為ですから、食べ物の話題で相手があまり乗り気でないのなら
残念ですが、あまり脈はないのかもしれませんね。食べ物の話題で一番重要なのは聞き上手になる事です。
食べ物の趣向は人それぞれ違いますから、普通に話しをしていても対立してしまう事も、ここあえて聞き役に徹して相手の趣向を理解するチャンスです。相手の好みを理解した上で頃合を見て食事に誘ってみても良いかもしれません。ここで「下調べ」が有効に働きます!事前に和・洋・中のお店はチェック済みなので、最適なお店を的確にチョイス出来るハズです。

これからこの辺まで来れば、余裕も出て、もぅ大丈夫!会話も饒舌に進みますが、一人よがりにならない用にしてくださいね! 会話はキャッチボールだという事を常に思い出しながら会話を楽しんでください。

・「プロフィールを読み解く」 最後になりましたが、直接お会いする前からお相手のプロフィールは手元に有るのですから、冒頭に書いたみたいな「取調べ」は必要ないです。
プロフィール自体は只のデータです。そこから何かを読み解くには想像力が必要です。
家族構成から生い立ちを考え、進学した大学と自宅の住所から学生時代は一人暮らしだったのだろうか?
なら、自炊していただろうから家事もこなせるだろう(女性側にしても、将来夫が家事を手伝ってくれるか大きな関心があるところですよね!) 技術・資格 の項目からも趣味とあわせて考えると、趣味の資格かビジネススキルかも解かると思います。ビジネススキルは、将来の収入の予測にもなります、たとえ趣味の資格でも難関な資格を取得していれば、その分野で収入が得られる可能性も有ります。
家族構成からは、将来の家族構成も見えます。本人の兄弟の人数が、自分の子どもの人数の理想だからです。
特に男性は意外とプロフィールの内容把握しいいない人が多いです。
女性側にしてみると、そんな男性を「私に興味がないの?」と感じてしまいます。
一度ついた不信感は、一度消えてもくすぶりつづけていて、ちょっとした会話や態度からもすぐに再燃してしまいます。 良い感じでお話し出来たのに「お断り」されてしまう方、心当たりないですか?

将来の伴侶を捜している訳ですから、お相手の方にも失礼のないよう親権に取り組んでほしいです。
そして何より重要なキーワード それは、「会話を楽しむ」です。
お付き合いするかどうかの最後の決め手は?と尋ねると
男性も女性もダントツで「楽しかったので」です。

事前の準備は目いっぱいがんばっても、お見合いの席では、大いに会話を楽しんでもらうことこそが
婚活成功の一番のカギとなるのです。

この記事を書いたプロ

日本仲人協会 大淀支部 結婚相談所 マリアージ・グリーンフィールド [ホームページ]

結婚コンサルタント 原敦子

大阪府大阪市北区大淀中4-15-18-502 [地図]
TEL:090-2068-8252

  • 問い合わせ
  • 資料請求

このコラムを読んでよかったと思ったら、クリックしてください。

「よかった」ボタンをクリックして、あなたがいいと思ったコラムを評価しましょう。

1

こちらの関連するコラムもお読みください。

<< 前のコラム 次のコラム >>
最近投稿されたコラムを読む
プロへのみんなの声

全ての評価・評判を見る>>

 
このプロの紹介記事
原敦子(はら・あつこ)さん

結婚したい人をサポートする仲人士という仕事(1/3)

 結婚相談所「マリアージ・グリーンフィールド」の原敦子さんは、最近の少子化について「子育て支援など、結婚した人たちへの制度は少しずつ充実してきましたが、その前に結婚しない人、出会いを探している人たちへの社会的なサポートが成熟していない」とい...

原敦子プロに相談してみよう!

読売新聞 マイベストプロ

根っからの大阪人の気取らない仲人が真剣婚活をサポートします!

会社名 : 日本仲人協会 大淀支部 結婚相談所 マリアージ・グリーンフィールド
住所 : 大阪府大阪市北区大淀中4-15-18-502 [地図]
TEL : 090-2068-8252

プロへのお問い合わせ

マイベストプロを見たと言うとスムーズです

090-2068-8252

勧誘を目的とした営業行為の上記電話番号によるお問合せはお断りしております。

原敦子(はらあつこ)

日本仲人協会 大淀支部 結婚相談所 マリアージ・グリーンフィールド

アクセスマップ

このプロにメールで問い合わせる このプロに資料を請求する
このプロへのみんなの声

お見合いが組めました!

45歳再婚希望です。 それまで他社で3年ほど活動していまし...

T・H
  • 40代/女性 
  • 参考になった数(2

このプロへの声をもっと見る

プロのおすすめコラム
良縁は動いた本人が作り出すもの

結婚相談所に入会して婚活を始めると、仲人さんからよく言われることが 『動けば動くだけ "縁" が集まるますよ...

[ お見合い実践/実録 ]

婚活女子が気にする条件とは

女性の方がお相手の男性の条件の中でもっとも気にする項目は見た目? 年収? 身長? 年齢?それらも気には...

[ お見合い実践/実録 ]

婚活に必要な時間は?

時間には限りが有ります。そんな限り有る時間の中から婚活を始め様と考えた場合、どれぐらいの時間が婚活に使え...

[ 結婚相談所のシステム ]

婚暦有りは有利!?

婚暦有りは有利!?結婚相談所には、いろいろな人が来ます。20代後半から60代まで(中には20歳で申し込...

[ 結婚相談所のシステム ]

お見合いに着ていく服装は

 お見合いに着ていく服装 お見合いにどの様な服装が良いかと聞かれたら私は必ず、男性の方にはスーツでいら...

[ お見合い実践/実録 ]

コラム一覧を見る

スマホで見る

モバイルQRコード このプロの紹介ページはスマートフォンでもご覧いただけます。 バーコード読み取り機能で、左の二次元バーコードを読み取ってください。

ページの先頭へ