コラム

 公開日: 2016-11-15  最終更新日: 2017-05-28

国土交通省が民泊の許容又は禁止の規約案を公表


先週11日に国土交通省から、特区民泊の円滑な普及を図るため、(1)マンション管理組合等への情報提供、(2)特区民泊の建築基準法における取扱い(安全性の確保、近隣住民等の良好な住環境に対する配慮などに関する措置)についての通知が発出されました。通知の内容次のとおりです。
(1)マンション管理組合等への情報提供 【※別紙1参照】
[1]マンション管理組合における対応の参考として、以下の内容を推奨される対応として周知
・ 認定申請を予定している事業者からの説明があった場合、特区民泊を実施するか否かについて、特区民泊は事業予定者が周辺地域の住民からの苦情・問合せに対して適切に対応することや滞在者名簿の設置等が特区法及び政令により義務づけられており、その要件に該当する事業であることを踏まえ、区分所有者間(管理組合)でよく議論の上、できる限り管理組合として方針を決定し、できるだけ管理規約において明示する等により方針を告知することが望ましい
・ その他の特区民泊実施区域内のマンションにおいては、必要に応じ、あらかじめ管理組合で議論の上、管理規約等において方針を告知しておくことが望ましい
・ 特区民泊実施区域内の新規分譲マンションは、分譲事業者において、あらかじめ、規約上で方針を明示しておくことが考えられる
[2]住宅の借主がさらに転貸して特区民泊を実施する場合の対応の参考として、以下の内容を周知
・ 事前に住宅所有者等の承諾を得て、転貸条件等を賃貸借契約上、反映すること
(2)特区民泊の建築基準法における取扱い 【※別紙2参照】
 今回の滞在日数要件の緩和に伴い、比較的短期の利用を可能とすることを踏まえ、6泊7日未満で行われる場合について、安全性を確保するとともに、近隣住民等の良好な住環境に配慮するため、次の措置を講ずることとする。
[1]火災時における避難安全性を確保するための措置
・ 非常用の照明装置の設置(後付けの機器による対応が可能)
・ 警報器の設置(他法令の規定に基づいて設置されるものと兼用可能)
[2]近隣住民等の良好な住環境に配慮するための措置
・ 住居専用地域を特区民泊の実施地域に含める場合、実施区域を管轄する地方公共団体は、地域住民へ周知・理解を求める
そして管理規約における明示の方法として、国土交通省は次のような改正案を公表しています。
≪民泊の許容を明示する場合の管理規約の一例≫
第○条 区分所有者は、その専有部分を専ら住宅として使用するものとし、他の用途に供してはならない。
2 区分所有者は、その専有部分を国家戦略特別区域法第13条第1項の特定認定を受けて行う国家戦略特別区域外国人滞在施設経営事業に使用することができる。
≪民泊の禁止を明示する場合の管理規約の一例≫
第○条 区分所有者は、その専有部分を専ら住宅として使用するものとし、他の用途に供してはならない。
2 区分所有者は、その専有部分を国家戦略特別区域法第13条第1項の特定認定を受けて行う国家戦略特別区域外国人滞在施設経営事業に使用してはならない。
≪使用細則に委ねることとする場合の案≫
第○条 区分所有者は、その専有部分を専ら住宅として使用するものとし、他の用途に供してはならない。
2 区分所有者が、その専有部分を国家戦略特別区域法第13条第1項の特定認定を受けて行う国家戦略特別区域外国人滞在施設経営事業に使用することを可能とするか否かについては、使用細則に定めることができるものとする。
※国家戦略特別区域法第13条第1項
国家戦略特別区域会議が、第八条第二項第二号に規定する特定事業として、国家戦略特別区域外国人滞在施設経営事業(国家戦略特別区域において、外国人旅客の滞在に適した施設を賃貸借契約及びこれに付随する契約に基づき一定期間以上使用させるとともに当該施設の使用方法に関する外国語を用いた案内その他の外国人旅客の滞在に必要な役務を提供する事業(その一部が旅館業法 (昭和二十三年法律第百三十八号)第二条第一項 に規定する旅館業に該当するものに限る。)として政令で定める要件に該当する事業をいう。以下この条及び別表の一の四の項において同じ。)を定めた区域計画について、第八条第七項の内閣総理大臣の認定(第九条第一項の変更の認定を含む。以下この項及び第九項第二号において「内閣総理大臣認定」という。)を申請し、その内閣総理大臣認定を受けたときは、当該内閣総理大臣認定の日以後は、当該国家戦略特別区域外国人滞在施設経営事業を行おうとする者は、厚生労働省令で定めるところにより、その行おうとする事業が当該政令で定める要件に該当している旨の都道府県知事(保健所を設置する市又は特別区にあっては、市長又は区長。以下この条において同じ。)の認定(以下この条において「特定認定」という。)を受けることができる。

主な業務内容はこちら
主な業務実績はこちら
ギャラリーはこちら

この記事を書いたプロ

マンション管理士事務所JU [ホームページ]

マンション管理士 小堀將三

大阪府大阪市中央区南船場4丁目10番5号 南船場SOHOビル702 柏原事務所(自宅兼) 大阪府柏原市旭ヶ丘1丁目6番39号 072-915-3765 [地図]
TEL:06-7878-8334

  • 問い合わせ
  • 資料請求

このコラムを読んでよかったと思ったら、クリックしてください。

「よかった」ボタンをクリックして、あなたがいいと思ったコラムを評価しましょう。

0

こちらの関連するコラムもお読みください。

<< 前のコラム 次のコラム >>
最近投稿されたコラムを読む
業務内容
イメージ

約12年~15年ごとに大規模修繕工事を実施することが推奨されていますが、専門知識を必要とする為に実際行うとなりますと多大な時間と労力が必要であり、理事会の役...

業務実績
イメージ

大阪府河内長野市 NHマンション 全部委託管理 2000年築 54戸 団地複合用途型2棟住宅棟 支援業務:顧問業務大阪府柏原市 TMマンション 全部委託管...

 
このプロの紹介記事
小堀將三(こぼり・しょうぞう)さん

充実した住環境と十分な管理体制づくりをお手伝い(1/3)

 年齢も職業も様々な人々が一つ屋根の下に暮らすマンションでは、適切な管理とルール作りが不可欠。そのために住民で管理組合が組織され、執行機関として理事会が置かれます。でも、ちょっとした修繕や共用部の清掃などについてならともかく、大規模修繕工事...

小堀將三プロに相談してみよう!

読売新聞 マイベストプロ

丁寧さと徹底した情報公開で、組合主体のマンション管理を支援

事務所名 : マンション管理士事務所JU
住所 : 大阪府大阪市中央区南船場4丁目10番5号 南船場SOHOビル702 [地図]
柏原事務所(自宅兼) 大阪府柏原市旭ヶ丘1丁目6番39号 072-915-3765
TEL : 06-7878-8334

プロへのお問い合わせ

マイベストプロを見たと言うとスムーズです

06-7878-8334

勧誘を目的とした営業行為の上記電話番号によるお問合せはお断りしております。

小堀將三(こぼりしょうぞう)

マンション管理士事務所JU

アクセスマップ

このプロにメールで問い合わせる このプロに資料を請求する
プロのおすすめコラム
住宅宿泊事業法(民泊新法)成立を踏まえた標準管理規約の改正
イメージ

 国土交通省が、住宅宿泊事業法(民泊新法)の成立を踏まえた「マンション標準管理規約」の改正に動き出し、国...

[ 管理規約・法律関連 ]

ロンドンの高層マンション火災
イメージ

 ロンドンの高層マンション「グレンフェルタワー」(築43年・24階建て120戸)で発生した火災ですが、日...

[ 防犯・防災 ]

外部専門家の活用ガイドライン
イメージ

 国土交通省から「外部専門家の活用ガイドライン」が公表されましたので、全文をお知らせします。「外部専門...

[ 管理組合 ]

改正個人情報保護法施行への対応について
イメージ

 先月30日から改正個人情報保護法が施行されましたが、それに先立って一般社団法人マンション管理業協会(管...

[ 管理組合 ]

玄関扉更新工事(カバー工法)
イメージ

 大規模修繕工事をお手伝いさせていただいていますマンションで、玄関扉の更新工事が予定されており、カバー工...

[ 大規模修繕工事 ]

コラム一覧を見る

人気のコラムTOP5
スマホで見る

モバイルQRコード このプロの紹介ページはスマートフォンでもご覧いただけます。 バーコード読み取り機能で、左の二次元バーコードを読み取ってください。

ページの先頭へ