コラム

 公開日: 2016-11-24  最終更新日: 2017-05-28

管理不全マンションは増加するばかり

毎日新聞の配信ニュースによりますと、毎日新聞が9月に、都道府県や人口20万人以上の市区など計178自治体にアンケートしたところ、過去5年間で49自治体が分譲マンションの実態を独自に調査し、管理組合すらないマンションが少なくとも671棟に上ることが分かったそうです。特に東京都が突出して512棟、次に北九州市が38棟、そして千葉県が21棟と続いています。また、管理費を徴収していないマンションも、東京都で243棟、熊本市で30棟など、8自治体で283棟あり、修繕積立金を未徴収のマンションも21自治体で720棟あり、東京都で417棟、北九州市で96棟、北海道で61棟があったそうです。
国の推計では、管理組合がないと確認されたのは200棟に1棟の割合だそうですが、自治体が実施するアンケート調査さえ応じない問題を抱えているマンションは相当数あり、管理組合がない割合はもっと増えるとのことで、建物の老朽化とともに「管理不全マンション」が今後ますます増え続けるは間違いありません。



このような管理不全のマンションの実態をつかむために、以前東京都が2011~12年に、都内の約5万3000棟の管理実態を調べたところ、約500棟に管理組合がなかったようで、調査に応じたのが全体の17%という事を考えれば、管理不全物件はさらに多くなるということでした。東京都以外でも、大阪市や京都市は現地訪問して調査しています。大阪市では2012~2013年に築30年以上の約340棟のマンションを対象に、理事長との代表者から直接問題点などを聞き取り、外観の目視点検を行っており、また京都市では、現地訪問した際に回収した調査票や目視調査から「要支援マンション」を選んで、マンション管理士や1級建築士などの専門家を派遣することで管理組合を支援しています。
このような「管理不全マンション」が将来増え続けることが予想されたために、国は2000年にマンション管理適正化法(正式名は「マンションの管理の適正化の推進に関する法律」という。)を制定しました。その際に林寛子初代国土交通大臣(女優の扇千景さん)が「マンションの管理の適正化に関する指針」を発表しており、その序文には次のように記載されています。
「我が国におけるマンションは、土地利用の高度化の進展に伴い、職住近接という利便性や住空間の有効活用という機能性に対する積極的な評価、マンションの建設・購入に対する融資制度や税制の整備を背景に、都市部を中心に持家として定着し、重要な居住形態となっている。
その一方で、一つの建物を多くの人が区分して所有するマンションは、各区分所有者等の共同生活に対する意識の相違、多様な価値観を持った区分所有者間の意思決定の難しさ、利用形態の混在による権利・利用関係の複雑さ、建物構造上の技術的判断の難しさなど、建物を維持管理していく上で、多くの課題を有している。
特に、今後、建築後相当の年数を経たマンションが、急激に増大していくものと見込まれることから、これらに対して適切な修繕がなされないままに放置されると、老朽化したマンションは、区分所有者自らの居住環境の低下のみならず、ひいては周辺の住環境や都市環境の低下など、深刻な問題を引き起こす可能性がある。
このような状況の中で、我が国における国民生活の安定向上と国民経済の健全な発展に寄与するためには、管理組合によるマンションの適正な管理が行われることが重要である。」
マンション管理適正化法では、管理業者に国土交通省への登録を義務付け、住民の相談に乗る国家資格「マンション管理士」を新設し、マンションの居住環境を守るためのインフラ整備を行いましたが、「管理不全マンション」の是正の道のりはまだまだ遠いようです。今度の日曜日に、平成28年度のマンション管理士試験が実施されますが、受験者数は年々減ってきています。今後ますます「管理不全マンション」が増えることを考えると、実働のマンション管理士を多く輩出することが急務と思われるのですが、受験者数が減っていることは相当に深刻な問題だと思っています。

主な業務内容はこちら
主な業務実績はこちら
ギャラリーはこちら

この記事を書いたプロ

マンション管理士事務所JU [ホームページ]

マンション管理士 小堀將三

大阪府大阪市中央区南船場4丁目10番5号 南船場SOHOビル702 柏原事務所(自宅兼) 大阪府柏原市旭ヶ丘1丁目6番39号 072-915-3765 [地図]
TEL:06-7878-8334

  • 問い合わせ
  • 資料請求

このコラムを読んでよかったと思ったら、クリックしてください。

「よかった」ボタンをクリックして、あなたがいいと思ったコラムを評価しましょう。

0

こちらの関連するコラムもお読みください。

<< 前のコラム 次のコラム >>
最近投稿されたコラムを読む
セミナー・イベント
業務内容
イメージ

約12年~15年ごとに大規模修繕工事を実施することが推奨されていますが、専門知識を必要とする為に実際行うとなりますと多大な時間と労力が必要であり、理事会の役...

業務実績
イメージ

大阪府河内長野市 NHマンション 全部委託管理 2000年築 54戸 団地複合用途型2棟住宅棟 支援業務:顧問業務大阪府柏原市 TMマンション 全部委託管...

 
このプロの紹介記事
小堀將三(こぼり・しょうぞう)さん

充実した住環境と十分な管理体制づくりをお手伝い(1/3)

 年齢も職業も様々な人々が一つ屋根の下に暮らすマンションでは、適切な管理とルール作りが不可欠。そのために住民で管理組合が組織され、執行機関として理事会が置かれます。でも、ちょっとした修繕や共用部の清掃などについてならともかく、大規模修繕工事...

小堀將三プロに相談してみよう!

読売新聞 マイベストプロ

丁寧さと徹底した情報公開で、組合主体のマンション管理を支援

事務所名 : マンション管理士事務所JU
住所 : 大阪府大阪市中央区南船場4丁目10番5号 南船場SOHOビル702 [地図]
柏原事務所(自宅兼) 大阪府柏原市旭ヶ丘1丁目6番39号 072-915-3765
TEL : 06-7878-8334

プロへのお問い合わせ

マイベストプロを見たと言うとスムーズです

06-7878-8334

勧誘を目的とした営業行為の上記電話番号によるお問合せはお断りしております。

小堀將三(こぼりしょうぞう)

マンション管理士事務所JU

アクセスマップ

このプロにメールで問い合わせる このプロに資料を請求する
プロのおすすめコラム
住宅宿泊事業法(民泊新法)成立を踏まえた標準管理規約の改正
イメージ

 国土交通省が、住宅宿泊事業法(民泊新法)の成立を踏まえた「マンション標準管理規約」の改正に動き出し、国...

[ 管理規約・法律関連 ]

ロンドンの高層マンション火災
イメージ

 ロンドンの高層マンション「グレンフェルタワー」(築43年・24階建て120戸)で発生した火災ですが、日...

[ 防犯・防災 ]

外部専門家の活用ガイドライン
イメージ

 国土交通省から「外部専門家の活用ガイドライン」が公表されましたので、全文をお知らせします。「外部専門...

[ 管理組合 ]

改正個人情報保護法施行への対応について
イメージ

 先月30日から改正個人情報保護法が施行されましたが、それに先立って一般社団法人マンション管理業協会(管...

[ 管理組合 ]

玄関扉更新工事(カバー工法)
イメージ

 大規模修繕工事をお手伝いさせていただいていますマンションで、玄関扉の更新工事が予定されており、カバー工...

[ 大規模修繕工事 ]

コラム一覧を見る

スマホで見る

モバイルQRコード このプロの紹介ページはスマートフォンでもご覧いただけます。 バーコード読み取り機能で、左の二次元バーコードを読み取ってください。

ページの先頭へ