コラム

 公開日: 2017-02-18  最終更新日: 2017-06-15

個人情報保護法が改正 マンション管理組合の対応その3


個人情報保護法が改正されたことで、マンション管理組合は個人情報取扱事業者として見なされるようになると思われますが、改正前も改正後も、「個人情報」の取り扱いに十分注意しなければならいことは、何ら変わりはありません。
 マンションを購入する動機として一番高いのが、「セキュリティの充実で安全であること」です。最近のマンションでは、ほとんどがオートロックや防犯カメラが設置されております。そしてタワーマンション等では、警備管理会社による24時間有人管理がなされており、コンシェルジュも配備しています。また古いマンションでは、資産価値が下がらないためにも、大規模修繕工事の際に、エントランスドアをオートロックに改修したりし、防犯カメラを設置したりして防犯体制を強化しています。 ところで、この防犯カメラに記録された画像の取り扱いには十分注意が必要なのですが、録画された画像の取り扱いについてルール化がされておらず、録画された画像を見たいとの請求があって初めて、細則等を制定する管理組合が少なくないようです。記録された画像で特定の個人が識別できれば、それは「個人情報」に該当すると思われますので、映像記録の開示方法や、保管方法についての「細則」は絶対に必要だと考えます。まだ制定されておられないようでしたら、早急に作成していただきたいと思います。
 また「個人情報」の管理方法ですが、「個人情報」として重要なものは、施錠できる書庫等で厳重に保管し、持ち出しルールも厳格にしておき無暗に持ち出しできないようにしておきます。またパソコン等で管理する場合には、アクセスできる人を理事長等に限定し、パスワードもまめに変更していただきたいと思います。

 個人情報保護委員会から示された「事業者が守るべきルール」の主なものに、次のようなものがあります。
*個人情報を取得するときは利用目的を特定・公表し、本人にも通知する。
*取得した個人情報は特定した目的以外のことに利用しない。
*すでに取得した個人情報を他の目的で利用したい場合には、本人の同意を得る。
*「要配慮個人情報」を取得するときも本人の同意が必要
特に入居時に入居届等で「個人情報」を取得することが多いと思いますが、その際には、何のための入居届なのかを明確に説明しておくことが大事です。使用目的としては、「居住者名簿作成のため」、「災害発生時安全確認のため」、「暴力団組員の入居阻止のため」、「要支援者安否確認のため」などがありますが、これ以外の目的で使用しないことを明言しておくことも必要です。
また今回の改正で導入された「要配慮個人情報」の取り扱いには十分注意する必要があります。要配慮個人情報として政令で定める事項としては、次のような情報が挙げられています。
*「病歴」に準ずるもの
   診療情報・調剤情報・健康診断結果・障害(身体、知的、精神など)・ゲノム情報
*「犯罪の経歴」に準ずるもの
   前科前歴情報・犯罪被害情報
これらの情報は極めてデリケートな情報ばかりですが、管理組合がプライバシーを侵害しない範囲内で取得しなければならない場合があると思います。その場合には、より一層慎重に取り扱い、さらに徹底した管理を行う必要があります。

 個人情報保護法の目的は、個人情報の有用性に配慮して「個人情報の権利利益」を保護することにありますので、管理組合の組合活動や災害時の安否確認などに必要となる組合員名簿の作成を妨げるものでは決してありません。冒頭にも述べましたように、今回の改正でマンション管理組合は個人情報取扱事業者として見なされるかもしれませんが、改正前も改正後も、「個人情報」の取り扱いに十分注意することには何ら変わりはありませんので、情報管理に関する細則等が作成されていない管理組合様は、早急に作成していただき、細則等が既に作成されておられる管理組合様も、是非もう一度内容を見直していただきたいと思います。

★個人情報保護法が改正 マンション管理組合の対応その1
  http://mbp-osaka.com/mankan-ju/column/29867/
★個人情報保護法が改正 マンション管理組合の対応その2
  http://mbp-osaka.com/mankan-ju/column/29907/

主な業務内容はこちら
主な業務実績はこちら
ギャラリーはこちら

この記事を書いたプロ

マンション管理士事務所JU [ホームページ]

マンション管理士 小堀將三

大阪府大阪市中央区南船場4丁目10番5号 南船場SOHOビル702 柏原事務所(自宅兼) 大阪府柏原市旭ヶ丘1丁目6番39号 072-915-3765 [地図]
TEL:06-7878-8334

  • 問い合わせ
  • 資料請求

このコラムを読んでよかったと思ったら、クリックしてください。

「よかった」ボタンをクリックして、あなたがいいと思ったコラムを評価しましょう。

0

こちらの関連するコラムもお読みください。

<< 前のコラム 次のコラム >>
最近投稿されたコラムを読む
業務内容
イメージ

約12年~15年ごとに大規模修繕工事を実施することが推奨されていますが、専門知識を必要とする為に実際行うとなりますと多大な時間と労力が必要であり、理事会の役...

業務実績
イメージ

大阪府河内長野市 NHマンション 全部委託管理 2000年築 54戸 団地複合用途型2棟住宅棟 支援業務:顧問業務大阪市住吉区 SSマンション 全部委託管...

 
このプロの紹介記事
小堀將三(こぼり・しょうぞう)さん

充実した住環境と十分な管理体制づくりをお手伝い(1/3)

 年齢も職業も様々な人々が一つ屋根の下に暮らすマンションでは、適切な管理とルール作りが不可欠。そのために住民で管理組合が組織され、執行機関として理事会が置かれます。でも、ちょっとした修繕や共用部の清掃などについてならともかく、大規模修繕工事...

小堀將三プロに相談してみよう!

読売新聞 マイベストプロ

丁寧さと徹底した情報公開で、組合主体のマンション管理を支援

事務所名 : マンション管理士事務所JU
住所 : 大阪府大阪市中央区南船場4丁目10番5号 南船場SOHOビル702 [地図]
柏原事務所(自宅兼) 大阪府柏原市旭ヶ丘1丁目6番39号 072-915-3765
TEL : 06-7878-8334

プロへのお問い合わせ

マイベストプロを見たと言うとスムーズです

06-7878-8334

勧誘を目的とした営業行為の上記電話番号によるお問合せはお断りしております。

小堀將三(こぼりしょうぞう)

マンション管理士事務所JU

アクセスマップ

このプロにメールで問い合わせる このプロに資料を請求する
プロのおすすめコラム
大規模修繕工事に関する実態調査
イメージ

 昨日、国土交通省から「マンション大規模修繕工事に関する実態調査」の結果が公表されました。この実態調査は...

[ 大規模修繕工事等 ]

ファミリーマートがエアビーアンドビーと業務提携
イメージ

 セブン―イレブン・ジャパンがJTBと連携し、24時間365日利用者がチェックインと鍵の受け渡しができるサ...

[ 民泊 ]

大阪市の民泊条例
イメージ

 住宅宿泊事業法による民泊解禁まであとわずかとなりました。民泊営業をできる上限は年間180日となっていま...

[ 民泊 ]

マンション管理業協会が見積統一書式を作成
イメージ

 一般社団法人マンション管理業協会(東京・港)が、マンション管理組合から業務を受託する際に交わす見積書の...

[ マンション管理業界 ]

改正個人情報保護法施行への対応について
イメージ

 先月30日から改正個人情報保護法が施行されましたが、それに先立って一般社団法人マンション管理業協会(管...

[ 管理組合 ]

コラム一覧を見る

スマホで見る

モバイルQRコード このプロの紹介ページはスマートフォンでもご覧いただけます。 バーコード読み取り機能で、左の二次元バーコードを読み取ってください。

ページの先頭へ