コラム

 公開日: 2017-05-03  最終更新日: 2017-06-23

大和ライフネクストのマンション管理適正化・再生推進事業報告の内容 その1


 マンションの管理適正化・再生推進に当たっての課題の解決に 向けた管理組合等の活動を後押しする取組みを支援することにより、成功事例・ノウハウの蓄積等を通じ、全国のマンションにおける共通の課題の解決 及び今後増大することが予想されている老朽化したマンションの課題解決の環境整備を図る目的で、国土交通省は毎年、マンション管理適正化・再生推進事業マンション管理適正化・再生推進事業(マンシ ョンの新たな維持管理適正化・再生促進)を実施する事業者を公募しています。管理会社の大和ライフネクストが応募し、採択された「多数のマンションにおける維持管理適正化・再生促進の課題解決事例を収集・分析し、マニュアル等として全国に広く周知できるように取りまとめを行う事業」の報告書の中に、興味深い内容がありましたので、数回に分けてご紹介したいと思います。

 今回は、震災ゴミの搬出作業についてと、住戸を隔てる「間仕切り壁」についてです。まず、震災ゴミの搬出についてですが、地震が発生して避難所や親戚等に一旦避難していたマンションの居住者が、マンションに戻った際に一番必要としたのが、「ゴミの回収」だったそうです。
 行政によるゴミの回収はありましたが、回収車不足と膨大なゴミの量のため、迅速な回収がされなかったようで、行政の指定する処理施設に搬入すればゴミを引き取ってくれたのことです。この処理施設へのゴミの搬入作業を行ったのが管理会社で、震災直後の管理会社の対応として最も評価されたそうです。報告書では、「水や食料の備えは災害への備えとして浸透しつつあるが、震災ゴミをどこに保管するのか、衛生面をどう維持するのかを検討している管理組合は少ない」と注意を促しています。なお管理会社がゴミを処理施設に搬入する際には、理事長の委任状を必要としたとのことです。

 次に「間仕切り壁」についてですが、被害が軽微だったマンションでこの壁を修繕する際に、「一休さんの頓智話」のような要望が区分所有者からあったそうです。通常、「間仕切り壁」は躯体(コンクリート)部分で、管理規約上では共用部分となっていますので、その修繕費用は管理組合が負担します。ただし、躯体に張られたボードと壁紙は専有部分ですので、この修繕費用は区分所有者の負担となります。今回の震災で「間仕切り壁」の躯体を修繕しようとしたときに、「頓智話」のような要望が出たそうです。専有部分の修繕費用を負担したくない区分所有者が「共用部分の躯体を修繕するのは構わない。しかし、クロスとボードはそのままでいいから剥がさないで工事をしてくれ」との要望を出したそうです。クロスとボードを剥がさないで、どのようにして躯体を修繕するというのですか。無茶苦茶な話ですよね。この「頓智話」のような要望があったため、報告書では次のように規約を変更してはどうかと提案しています。
≪提案規約例≫
●被害の調査のために、管理組合さまにて、立ち入り請求をします。
●外観調査の結果、クロスの毀損が躯体を原因とするものでないことが分かる場合は、当該クロス及びボードの修繕、交換費用は区分所有者さまの負担となります。
●外観調査では原因が不明の場合、クロスやボードを剥がして調査します。この場合、クロスおよびボードの原状回復費用は、管理組合の負担となります。
 つまり、躯体が原因でクロスやボードが毀損した場合には、その修繕費用を管理組合が負担する旨と、躯体調査のためにクロスやボードを剥がした場合のクロスとボードの原状回復費用を管理組合が負担する旨を規約に定めておくということです。

 この「間仕切り壁」では、もう一つ問題が発生したとのことです。20階以上の高層マンションの「間仕切り壁」は、軽量化のためにコンクリートではなく石膏ボード等を使用した乾式壁が採用されていますが、ほとんどのマンションの管理規約では、「天井、床及び壁は、躯体部分を除く部分を専有部分とする。」と規定されていますので、「乾式間仕切り壁」は躯体に該当せず専有部分であるから、この修繕費用は区分所有者が負担すべきであると、できるだけ管理組合の費用負担を軽くしたいと考えた役員の方が指摘したそうです。
 戸境壁を専有部分としてしまいますと、壁を自由に変更されてしまう可能性がありますので、「専有部分と専有部分を隔てる部分については『共用部分と類推できる』という解釈ができる」として、役員の方には説明したとのことです。今後も同じ問題が起こらないようにするためにも、「天井、床及び壁は、躯体部分(乾式耐火間仕切り壁を含む。)を除く部分を専有部分とする。」に規約を変更することも提案しています。

★大和ライフネクストのマンション管理適正化・再生推進事業報告の内容 その2
  http://mbp-osaka.com/mankan-ju/column/30373/

主な業務内容はこちら
主な業務実績はこちら
ギャラリーはこちら

この記事を書いたプロ

マンション管理士事務所JU [ホームページ]

マンション管理士 小堀將三

大阪府大阪市中央区南船場4丁目10番5号 南船場SOHOビル702 柏原事務所(自宅兼) 大阪府柏原市旭ヶ丘1丁目6番39号 072-915-3765 [地図]
TEL:06-7878-8334

  • 問い合わせ
  • 資料請求

このコラムを読んでよかったと思ったら、クリックしてください。

「よかった」ボタンをクリックして、あなたがいいと思ったコラムを評価しましょう。

0

こちらの関連するコラムもお読みください。

<< 前のコラム 次のコラム >>
最近投稿されたコラムを読む
セミナー・イベント
業務内容
イメージ

約12年~15年ごとに大規模修繕工事を実施することが推奨されていますが、専門知識を必要とする為に実際行うとなりますと多大な時間と労力が必要であり、理事会の役...

業務実績
イメージ

大阪府河内長野市 NHマンション 全部委託管理 2000年築 54戸 団地複合用途型2棟住宅棟 支援業務:顧問業務大阪府柏原市 TMマンション 全部委託管...

 
このプロの紹介記事
小堀將三(こぼり・しょうぞう)さん

充実した住環境と十分な管理体制づくりをお手伝い(1/3)

 年齢も職業も様々な人々が一つ屋根の下に暮らすマンションでは、適切な管理とルール作りが不可欠。そのために住民で管理組合が組織され、執行機関として理事会が置かれます。でも、ちょっとした修繕や共用部の清掃などについてならともかく、大規模修繕工事...

小堀將三プロに相談してみよう!

読売新聞 マイベストプロ

丁寧さと徹底した情報公開で、組合主体のマンション管理を支援

事務所名 : マンション管理士事務所JU
住所 : 大阪府大阪市中央区南船場4丁目10番5号 南船場SOHOビル702 [地図]
柏原事務所(自宅兼) 大阪府柏原市旭ヶ丘1丁目6番39号 072-915-3765
TEL : 06-7878-8334

プロへのお問い合わせ

マイベストプロを見たと言うとスムーズです

06-7878-8334

勧誘を目的とした営業行為の上記電話番号によるお問合せはお断りしております。

小堀將三(こぼりしょうぞう)

マンション管理士事務所JU

アクセスマップ

このプロにメールで問い合わせる このプロに資料を請求する
プロのおすすめコラム
住宅宿泊事業法(民泊新法)成立を踏まえた標準管理規約の改正
イメージ

 国土交通省が、住宅宿泊事業法(民泊新法)の成立を踏まえた「マンション標準管理規約」の改正に動き出し、国...

[ 管理規約・法律関連 ]

ロンドンの高層マンション火災
イメージ

 ロンドンの高層マンション「グレンフェルタワー」(築43年・24階建て120戸)で発生した火災ですが、日...

[ 防犯・防災 ]

外部専門家の活用ガイドライン
イメージ

 国土交通省から「外部専門家の活用ガイドライン」が公表されましたので、全文をお知らせします。「外部専門...

[ 管理組合 ]

改正個人情報保護法施行への対応について
イメージ

 先月30日から改正個人情報保護法が施行されましたが、それに先立って一般社団法人マンション管理業協会(管...

[ 管理組合 ]

玄関扉更新工事(カバー工法)
イメージ

 大規模修繕工事をお手伝いさせていただいていますマンションで、玄関扉の更新工事が予定されており、カバー工...

[ 大規模修繕工事 ]

コラム一覧を見る

スマホで見る

モバイルQRコード このプロの紹介ページはスマートフォンでもご覧いただけます。 バーコード読み取り機能で、左の二次元バーコードを読み取ってください。

ページの先頭へ