コラム

 公開日: 2012-08-13 

クリニックの前に放置されるワンちゃんのウンチ

【院長夫人の日々是勉強~クリニック経営のレシピ~VOL2】のテーマはクリニックの前に放置されるワンちゃんのウンチです。

【クリニックの前に放置されるワンちゃんのウンチ】

クリニックの前や周辺道路にワンちゃんのウンチが放置されているといった経験はありませんか?
わがクリニックの周辺は郊外で、お庭があるお住まいも多く、ペットを飼っておられる率も高いのか、クリニックの周りで、ワンちゃんのウンチを見つけることがしばしばあります。

患者様の通られる道です。きれいにしておきたいじゃーありませんか。では、だれがその始末を?

うちのクリニックは、クリニックスクエアで、私どものクリニック以外に他のクリニックが2軒と薬局が1軒で、駐車場は共有スペースです。管理費も支払っていますが、敷地内のお掃除日は週に1度で月曜日、敷地内でない前の道路脇の植木横に放置されたウンチを火曜日に見つけて、翌週の月曜日まで清掃を待てません。

朝見つければ、院長が、私が出勤時に見つければ、私が、暑かろうが寒かろうが手袋をして新聞紙をもってワンちゃんのウンチ撃退運動を始めました。

はじめは、なぜ4軒あるのにうちだけが?院長夫人になってなんで毎日ウンチ撃退!など不満に思うこともありました。ワンちゃんのウンチ撃退運動をするようになって、クリニックの周辺を1周するようになると、溝にたくさんのゴミ、駐車場の吸殻なども一緒に片づけるようになりました。

当時、私は、スタッフに気を使っていましたし、スタッフも私をクリニックの一員として受け入れてくれていませんでしたから、私がワンちゃんのウンチ撃退の場面をみても、声をかけるスタッフはいませんでしたし、私も頼むこともしませんでした。

そんなとき、コーチングに通い始めて、ある枠組み(フレーム)で捉えられている物事について枠組みをはずして、違う枠組みで見るというリフレーミングの事を知り、ワンちゃんのウンチ撃退と外回り当番が私の日常業務として違和感がなくなり習慣にすることができはじめました。

そんな頃、スタッフも入れ替わり、「奥さん、私、行きます。」と声をかけてくれるスタッフがでてきました。
その時は本当にスタッフの心遣いに感謝できました。

そうしたプロセスを経て、私も外回り当番に混じり、当番制に変化し、今では、私を含まず、スタッフ全員が交代でワンちゃんのウンチもゴミも撃退してくれています。不満に思いながらのスタッフもいるかもしれませんが、いつも清潔に保たれているクリニックの外回りを見ながら、私はスタッフに感謝するという、ひとつの平穏な心を手に入れることができ、スタッフを誇りに思う気持ちが強くなりました。

ワンちゃんのウンチにも感謝すべきかもしれません。当時、こんな日がくるとは思えずに過ごしていましたが、ワンちゃんのウンチ撃退を最初にはじめた院長である夫のことも、見なおすきっかけにもなり、今では、時々この当番に参加する大切さすら感じています。

思い込みや被害者意識に囚われるなどネガティブな考え方から抜け出すには、自分自身の物の見方を変えるリフレミーングの視点を持って行動することで状況を変えることができます。私はこの体験を通じてリフレーミングの大切さを知りました。

ネガティブな考えに溺れそうになったときはリフレーミングしてみてください。きっと今の状況を良い方向へ変えることができるので、ぜひ!リフレーミングを実践して頂きたいと思います。

最後までお読み頂きありがとうございました。感謝!

この記事を書いたプロ

合同会社 MASパートナーズ [ホームページ]

経営コンサルタント 原聡彦

大阪府大阪市淀川区西宮原2丁目7番53号 Marutaビル5階 [地図]
TEL:06-6399-6488

  • 問い合わせ

このコラムを読んでよかったと思ったら、クリックしてください。

「よかった」ボタンをクリックして、あなたがいいと思ったコラムを評価しましょう。

2

こちらの関連するコラムもお読みください。

<< 前のコラム 次のコラム >>
最近投稿されたコラムを読む
メディア掲載情報
イメージ

2011年10月より全国の医薬品卸会社のユーザー医療機関に配布している医業情報ダイジェスト(月2回発刊)の連載記事を担当させて頂いております。私が担当している連載記...

 
このプロの紹介記事
原 聡彦(はら としひこ)さん

現場主義のコンサルティングをモットーにしています(1/3)

 医療機関専門のプロフェッショナル経営サポーター「MASパートナーズ」代表の原聡彦さんは、約16年間、神戸、大阪の2つの医療専門会計事務所での勤務を経て2009年10月に起業しました。「私自身が経営者になって、本当の意味でも経営者の孤独を実...

原聡彦プロに相談してみよう!

読売新聞 マイベストプロ

会社名 : 合同会社 MASパートナーズ
住所 : 大阪府大阪市淀川区西宮原2丁目7番53号 Marutaビル5階 [地図]
TEL : 06-6399-6488

プロへのお問い合わせ

マイベストプロを見たと言うとスムーズです

06-6399-6488

勧誘を目的とした営業行為の上記電話番号によるお問合せはお断りしております。

原聡彦(はらとしひこ)

合同会社 MASパートナーズ

アクセスマップ

このプロにメールで問い合わせる
プロのおすすめコラム
不満から始まったクリニック内研修〜スタッフが研修講師になるの巻〜
イメージ

私どもの院長夫人コーチングのクライアントでクリニック経営のマネジメントに真剣に取り組んでいる院長夫人のコラ...

[ 院長夫人の日々是勉強~クリニック経営のレシピ~ ]

電子カルテとドクターズクラーク導入時に気をつけてほしいこと〜その1〜

私どもの院長夫人コーチングのクライアントでクリニック経営のマネジメントに真剣に取り組んでいる院長夫人のコラ...

[ 院長夫人の日々是勉強~クリニック経営のレシピ~ ]

院内研修~研修後のアウトプットについて~

私どもの院長夫人コーチングのクライアントでクリニック経営のマネジメントに真剣に取り組んでいる院長夫人のコラ...

[ 院長夫人の日々是勉強~クリニック経営のレシピ~ ]

院長夫人のための実践的マネジメントセミナーの講師をしました!

私どもの院長夫人コーチングのクライアントでクリニック経営のマネジメントに真剣に取り組んでいる院長夫人のコラ...

[ 院長夫人の日々是勉強~クリニック経営のレシピ~ ]

接遇教育の根本にある『気配り』vol.4 

最近、患者さんへの接遇教育を熱心に実施している医療機関が増えています。その原因は患者さんから医療機関へ向け...

[ 医療経営の処方箋 ]

コラム一覧を見る

スマホで見る

モバイルQRコード このプロの紹介ページはスマートフォンでもご覧いただけます。 バーコード読み取り機能で、左の二次元バーコードを読み取ってください。

ページの先頭へ