コラム

 公開日: 2014-07-20 

院長夫人のための実践的マネジメントセミナーの講師をしました!

私どもの院長夫人コーチングのクライアントでクリニック経営のマネジメントに真剣に取り組んでいる院長夫人のコラムをお届けします。

去る2014年6月1日にクリニック経営に携わる院長夫人のための実践的マネジメントセミナー(主催 合同会社MASパートナーズ)の講師を務めるという機会をいただきました。

私は、クリニックの人事マネジメントに関する、採用活動、入職時オリエンテーション、教育研修、スタッフへの承認、叱る具体的事例などをお話ししました。自分の人事マネジメントに関する5年間の試行錯誤と現在取り入れている形を私なりにまとめて発表しました。当然ですが、当日話すことよりも、準備のほうが圧倒的に大変でした。
でも、ご参加下さったクリニックマネジメントに悩む方々に、積極性と問題解決に臨む意欲を強く感じることができた1日となり、私も力をもらいました。私が過去、専門としてきたソーシャルワークの中には、グループワークという支援方法がありますが、同じ悩みを持つもの同士が、協力して解決しようとする行為は、とても有意義かつ重要です。当事者にしか、わからないことがたくさんあるからです。

夫である院長とすら、思いを共有できず孤独に悩んでおられる院長の奥様もおられることと思います。その夫である院長とすら思いが共有できないところから、共感し合える場でもあると思いますので、次の機会には、クリニックを、患者さんを想う、難しい立ち位置の院長夫人にもっとたくさん出会いたいと思いました。

多くの方々が悩んでおられる、よい方法を見つけ出せずに困っている、でもなんとかしたいと思っているんだと思えるだけでも、少しホッとできます。

私は、オセッカイオバチャンなので、その中で少しおてんばに、こうしてみたらどうかという具体的行動策をわずかに示すことで、課題に向き合える力をいただいた次第です。

機会を作って下さったコーチと、ご参加下さった方にお礼を申し上げます。
今後も、クリニック経営上の悩みを、恥ずかしがらず、えーかっこせず、どんどんカミングアウトし、解決策を導きだせるセミナーの開催をやっていきたいと思っています。


余談ですが、セミナーの中で、院長とは今もLoveLoveですか?の質問に、はい!とお応え下さった夫人がおられました。経営者が機嫌よく、スタッフの前に毎日立つために、最も重要なことではないかと、私は思っているので質問したのですが、このコラムを読んでくださっている皆様はいかがでしょうか?
おそろしく難しいことにも思えますが、クリニック経営の上昇に、意外と深く関わっていると思われます。スタッフを云々する前に、振り返りたいところです。
そして、世間の医療コンサルタントは、院長である夫と意見が分かれる私たち夫人の立場を語ってはくれません。私は、仲良くする方法はわかりませんが、意見が分かれる具体的事例の提出はいくらでもできそうです。院長へのいろんな想いを募らせておられるご夫人は、ぜひ私のカミングアウトセミナーへお越しください。へへへ。

今回のセミナー参加者からは下記のような感想を頂戴いたしました。

・参考にしたい事例がいっぱいありました。皆さん頑張っていらっしゃることがわかって 
 勇気をもらいました。給与明細のメッセージ始めたいと思います。

・とても具体的で、共感できるお話で本当に参考になりました。

・実際に当クリニックでも取り入れられることも多く今後のスタッフ指導に役立ていきたい。

・採用について他のクリニックでどう工夫されているか知りたかったので大変勉強になった。

・ご本人から具体的な事例を聞けてよかったです。主人にも聞いてもらいたかったです。

当日、参加できなかった院長夫人または人事マネジメントにお悩みの奥様に今回のセミナーの収録したものをご用意いたしました。
eラーニングセミナーにご関心のある方は下記までお問い合わせください。
eラーニングお問い合わせ

この記事を書いたプロ

合同会社 MASパートナーズ [ホームページ]

経営コンサルタント 原聡彦

大阪府大阪市淀川区西宮原2丁目7番53号 Marutaビル5階 [地図]
TEL:06-6399-6488

  • 問い合わせ

このコラムを読んでよかったと思ったら、クリックしてください。

「よかった」ボタンをクリックして、あなたがいいと思ったコラムを評価しましょう。

4

こちらの関連するコラムもお読みください。

<< 前のコラム 次のコラム >>
最近投稿されたコラムを読む
メディア掲載情報
イメージ

2011年10月より全国の医薬品卸会社のユーザー医療機関に配布している医業情報ダイジェスト(月2回発刊)の連載記事を担当させて頂いております。私が担当している連載記...

 
このプロの紹介記事
原 聡彦(はら としひこ)さん

現場主義のコンサルティングをモットーにしています(1/3)

 医療機関専門のプロフェッショナル経営サポーター「MASパートナーズ」代表の原聡彦さんは、約16年間、神戸、大阪の2つの医療専門会計事務所での勤務を経て2009年10月に起業しました。「私自身が経営者になって、本当の意味でも経営者の孤独を実...

原聡彦プロに相談してみよう!

読売新聞 マイベストプロ

会社名 : 合同会社 MASパートナーズ
住所 : 大阪府大阪市淀川区西宮原2丁目7番53号 Marutaビル5階 [地図]
TEL : 06-6399-6488

プロへのお問い合わせ

マイベストプロを見たと言うとスムーズです

06-6399-6488

勧誘を目的とした営業行為の上記電話番号によるお問合せはお断りしております。

原聡彦(はらとしひこ)

合同会社 MASパートナーズ

アクセスマップ

このプロにメールで問い合わせる
プロのおすすめコラム
不満から始まったクリニック内研修〜スタッフが研修講師になるの巻〜
イメージ

私どもの院長夫人コーチングのクライアントでクリニック経営のマネジメントに真剣に取り組んでいる院長夫人のコラ...

[ 院長夫人の日々是勉強~クリニック経営のレシピ~ ]

電子カルテとドクターズクラーク導入時に気をつけてほしいこと〜その1〜

私どもの院長夫人コーチングのクライアントでクリニック経営のマネジメントに真剣に取り組んでいる院長夫人のコラ...

[ 院長夫人の日々是勉強~クリニック経営のレシピ~ ]

院内研修~研修後のアウトプットについて~

私どもの院長夫人コーチングのクライアントでクリニック経営のマネジメントに真剣に取り組んでいる院長夫人のコラ...

[ 院長夫人の日々是勉強~クリニック経営のレシピ~ ]

接遇教育の根本にある『気配り』vol.4 

最近、患者さんへの接遇教育を熱心に実施している医療機関が増えています。その原因は患者さんから医療機関へ向け...

[ 医療経営の処方箋 ]

医療法人設立のメリット・デメリットvol.10

今回は、基金拠出型医療法人の一般的なメリット・デメリットをまとめましたのでお伝えします。基金拠出型医療法...

[ 医療経営の処方箋 ]

コラム一覧を見る

スマホで見る

モバイルQRコード このプロの紹介ページはスマートフォンでもご覧いただけます。 バーコード読み取り機能で、左の二次元バーコードを読み取ってください。

ページの先頭へ