コラム

 公開日: 2018-03-17 

魅力ある求人票づくりのポイントとは?  ホームページを活用して求人に成功しているクリニックの共通

クリニックの人事労務で避けては通れないのがスタッフの採用です。多くの院長はスタッフを採用すると「期待していた能力を持っていなかった」「働き始めたら院内トラブルばかり引き起こす」などスタッフ採用で失敗をご経験されているのではないでしょうか。そこで、今回は求人活動のポイントとホームページを活用して求人に成功しているクリニックの共通点をお伝え致します。

■採用したい理想の人材は?
求人で重要なのは採用したい理想の人物像を明確にすることにあります。見た目や性格、働き方まで細かく設定し理想の人物像を明文化してみましょう。この部分が定まっていないと面接時の第一印象だけで採用してしまい、失敗をする可能性も高くなってしまいます。
だからこそ、この理想像をつくることに時間をかけて頂きたいと思います。
理想の人物像を明確にする質問例を下記にまとめさせて頂きました。
ご参考にして頂ければ幸いです。
〔理想の人材を明確にする質問例〕
・年齢はどのくらいか
・どのような性格の人物か
・どのような見た目の人物か
・どのような能力をもっているか
・どのようなコミュニケーションをとるか
・どのような価値観を持っているか
・どのような働き方をしてほしいか

■ホームページを活用して求人に成功しているクリニックの共通点
採用活動において、我々クリニックは選ぶ立場であると同時に選ばれる立場であるという事を認識して頂きたいと思います。求職者の視点を知り理想の人材が自院に魅了されるメッセージを発信することが重要です。弊社のクライアント様でホームページを活用して求人に成功しているクリニックの共通点をまとめました。
1.クリニックとしての特徴や目標などをしっかりと記載している
求職者は「どんなクリニックなのか、何を目指しているのか」「どんな人を求めているのか
を重視して就職活動をしています。我々は求職者の視点に合わせて自院の特徴や目指して
いる医療をメッセージとしてお伝え頂くことをご提案しています。

下記にクリニックの特徴の事例をまとめております。
自院で実践していることで求職者が魅力に思う事がきっとあると思います。
ぜひ自院の魅力を発見してください。
〔クリニックの特徴の事例〕
・医療人が成長していける環境をどのように整えているか
 →定期的な勉強会(院長からの症例検討会など)、
・働きやすい環境づくり
 →業務上の問題が生じたときに話し合える場(定期的なミーティングや委員会)

2.働いている姿をイメージさせる
写真を多用して、働いている姿をイメージさせて頂くことをお勧め致します。例えば、ホームページでの求人に成功しているクリニックでは「一日の業務の流れ」や「先輩スタッフの声」を掲載されて求職者ご自身がクリニックで働いている姿をイメージできるよう工夫をしています。ぜひ、求職者に働いている姿をイメージさせて頂きたいと思います。


3.院長の詳しいプロフィールがある
院長の詳しいプロフィールページを作成して頂きたいと思います。できれば、笑顔の写真を掲載して頂きたいと思います。医師を目指した動機や趣味など先生の人となりがわかるプロフィール文章を作成して頂く事をお勧めしています。

求職者はこれから応募するクリニックのホームページを必ず確認されています。中でも院長はどんな人なのか。もっとも関心をお持ちです。ぜひ、院長の意外な一面や人間くさい一面など人となりが伝わるプロフィールを作成して頂く事をお勧め致します。

この記事を書いたプロ

合同会社 MASパートナーズ [ホームページ]

経営コンサルタント 原聡彦

大阪府大阪市淀川区西宮原2丁目7番53号 Marutaビル5階 [地図]
TEL:06-6399-6488

  • 問い合わせ

このコラムを読んでよかったと思ったら、クリックしてください。

「よかった」ボタンをクリックして、あなたがいいと思ったコラムを評価しましょう。

0

こちらの関連するコラムもお読みください。

<< 前のコラム 次のコラム >>
最近投稿されたコラムを読む
メディア掲載情報
イメージ

2011年10月より全国の医薬品卸会社のユーザー医療機関に配布している医業情報ダイジェスト(月2回発刊)の連載記事を担当させて頂いております。私が担当している連載記...

 
このプロの紹介記事
原 聡彦(はら としひこ)さん

現場主義のコンサルティングをモットーにしています(1/3)

 医療機関専門のプロフェッショナル経営サポーター「MASパートナーズ」代表の原聡彦さんは、約16年間、神戸、大阪の2つの医療専門会計事務所での勤務を経て2009年10月に起業しました。「私自身が経営者になって、本当の意味でも経営者の孤独を実...

原聡彦プロに相談してみよう!

読売新聞 マイベストプロ

院長先生の経営パートナー

会社名 : 合同会社 MASパートナーズ
住所 : 大阪府大阪市淀川区西宮原2丁目7番53号 Marutaビル5階 [地図]
TEL : 06-6399-6488

プロへのお問い合わせ

マイベストプロを見たと言うとスムーズです

06-6399-6488

勧誘を目的とした営業行為の上記電話番号によるお問合せはお断りしております。

原聡彦(はらとしひこ)

合同会社 MASパートナーズ

アクセスマップ

このプロにメールで問い合わせる
プロのおすすめコラム
新人スタッフ教育

新人スタッフを早期戦力化させるためにはどんな事をすればいい?」と院長先生や院長夫人からよく質問を頂きます。...

[ 院外事務長の視点 ]

クリニックの広報に役立つ院内新聞

(ご相談内容)開業3年目の整形外科クリニックの院長から「開業以来、4カ月の1度の頻度で院内新聞を発刊してい...

[ 院外事務長の視点 ]

なぜ、あのクリニックのスタッフは定着率が高いのか?

本日は、「なぜ、あのクリニックのスタッフは定着率が高いのか?」と題して、お伝えします。<相談内容>弊...

[ 院外事務長の視点 ]

整形外科クリニックにおける短時間通所リハビリテーション開設方法③

<前回のおさらい>前回は、みなし指定の通所リハビリテーション開設、通所リハビリテーションの人員基準、診通...

[ 院外事務長の視点 ]

整形外科クリニックにおける短時間通所リハビリテーション開設方法②

1.前回のおさらい「要介護被保険者の維持期リハビリの介護保険への完全移行」は2018年度末まで延期されること...

[ 院外事務長の視点 ]

コラム一覧を見る

スマホで見る

モバイルQRコード このプロの紹介ページはスマートフォンでもご覧いただけます。 バーコード読み取り機能で、左の二次元バーコードを読み取ってください。

ページの先頭へ