コラム

 公開日: 2011-01-23  最終更新日: 2011-05-15

増患にインパクトを与える行動事例vol.31 

弊社のご支援先の実践事例から2回に分けて診療の現場で増患にインパクトを与える行動をお伝えしたいと思います。今回は診療の現場で増患にインパクトを与える行動(パート1)をまとめてみました。

1.診察室でまずは3分間、患者に好きなように話してもらう。
ちゃんと話を聞きますよと言う姿勢が極めて重要です(実際やると3分も話せる人は居ない)。

2.小さな心配や不安も軽く流さない
医師にとって取るに足らない問題でも患者が感じている不安は大きい場合がある。確実に受け止めてきちんと応えることが大切です。

3.何でも言える雰囲気作り
患者さんからは医師は白い鎧をつけているように見え敷居の高い存在です。なにより些細なことでも気軽に相談出来るやさしさや安心感が、次の受診や口コミにつながる。

4.個々の体質や病気や薬に対する考え方を尊重する
どういう治療や検査を希望するかの患者ニーズを捉え、それに対して専門家としての意見を返すと言うスタイルが望ましい。

5.診断結果をはっきり述べる
医療者としての最低条件だが、実際はあまり実行されていないようです。また、治療内容をしっかり伝え、本人の承諾の有無を確認することで治療内容を共有することは言うまでもなく重要ですが、これもあまり実行されていないようです。

増患にインパクトを与える行動とは、いかに患者さんに喜んでもらう行動ができるかだと私は強く思います。

明日は増患にインパクトを与える行動(パート2)をお伝えいたします。

最後までお読み頂きありがとうございました。
感謝!
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

 合同会社 MASパートナーズ 原 聡彦(hara toshihiko)

 住所:〒540-0031 大阪市中央区北浜東1-15 
              ビル・リバーセンター503号
   E-mail : hara@maspartners.co.jp 
------------------------------------------------------------------
 MASパートナーズ公式サイト < http://www.maspartners.co.jp/>
 原聡彦ブログ「気づき日記」 < http://blog.livedoor.jp/masp2010/>
 原聡彦ツイッター      < http://twitter.com/toshihiko_hara>
------------------------------------------------------------------
「マイベストプロ大阪 合同会社MASパートナーズ 
医療経営指導のプロ 原聡彦(はらとしひこ)の取材記事!」
http://pro.mbp-osaka.com/masp/
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━




この記事を書いたプロ

合同会社 MASパートナーズ [ホームページ]

経営コンサルタント 原聡彦

大阪府大阪市淀川区西宮原2丁目7番53号 Marutaビル5階 [地図]
TEL:06-6399-6488

  • 問い合わせ

このコラムを読んでよかったと思ったら、クリックしてください。

「よかった」ボタンをクリックして、あなたがいいと思ったコラムを評価しましょう。

0

こちらの関連するコラムもお読みください。

<< 前のコラム 次のコラム >>
最近投稿されたコラムを読む
メディア掲載情報
イメージ

2011年10月より全国の医薬品卸会社のユーザー医療機関に配布している医業情報ダイジェスト(月2回発刊)の連載記事を担当させて頂いております。私が担当している連載記...

 
このプロの紹介記事
原 聡彦(はら としひこ)さん

現場主義のコンサルティングをモットーにしています(1/3)

 医療機関専門のプロフェッショナル経営サポーター「MASパートナーズ」代表の原聡彦さんは、約16年間、神戸、大阪の2つの医療専門会計事務所での勤務を経て2009年10月に起業しました。「私自身が経営者になって、本当の意味でも経営者の孤独を実...

原聡彦プロに相談してみよう!

読売新聞 マイベストプロ

院長先生の経営パートナー

会社名 : 合同会社 MASパートナーズ
住所 : 大阪府大阪市淀川区西宮原2丁目7番53号 Marutaビル5階 [地図]
TEL : 06-6399-6488

プロへのお問い合わせ

マイベストプロを見たと言うとスムーズです

06-6399-6488

勧誘を目的とした営業行為の上記電話番号によるお問合せはお断りしております。

原聡彦(はらとしひこ)

合同会社 MASパートナーズ

アクセスマップ

このプロにメールで問い合わせる
プロのおすすめコラム
新人スタッフ教育

新人スタッフを早期戦力化させるためにはどんな事をすればいい?」と院長先生や院長夫人からよく質問を頂きます。...

[ 院外事務長の視点 ]

クリニックの広報に役立つ院内新聞

(ご相談内容)開業3年目の整形外科クリニックの院長から「開業以来、4カ月の1度の頻度で院内新聞を発刊してい...

[ 院外事務長の視点 ]

なぜ、あのクリニックのスタッフは定着率が高いのか?

本日は、「なぜ、あのクリニックのスタッフは定着率が高いのか?」と題して、お伝えします。<相談内容>弊...

[ 院外事務長の視点 ]

魅力ある求人票づくりのポイントとは?  ホームページを活用して求人に成功しているクリニックの共通

クリニックの人事労務で避けては通れないのがスタッフの採用です。多くの院長はスタッフを採用すると「期待してい...

[ 院外事務長の視点 ]

整形外科クリニックにおける短時間通所リハビリテーション開設方法③

<前回のおさらい>前回は、みなし指定の通所リハビリテーション開設、通所リハビリテーションの人員基準、診通...

[ 院外事務長の視点 ]

コラム一覧を見る

スマホで見る

モバイルQRコード このプロの紹介ページはスマートフォンでもご覧いただけます。 バーコード読み取り機能で、左の二次元バーコードを読み取ってください。

ページの先頭へ