コラム

 公開日: 2011-02-01  最終更新日: 2011-05-15

訪問診療の患者を増やした実践事例vol.40

今回は訪問診療の患者を増やした実践事例をまとめました。

診療所経営の安定化を図るために訪問診療を強化したいという開業医師は増加している。しかしながら、訪問診療の患者を短期間で増やすのは難しいのが現状です。


ポイント1.地域医療(2次医療圏)分析
在宅医療を取り組むためには在宅患者及びその家族を支援できるコーディネーターになる事が必須です。弊社ご支援先のA院長がまず実践した事は地域の病院・介護施設がどのような機能を有しているのかを把握し、在宅患者とその家族のニーズに対応できる病院・介護施設を見極める目的で2次医療圏の医療分析を実施した。

分析の視点は下記のとおりです。

1.形式的な施設基準の確認 
入院基本料・開放型病床の有無・地域連携室の設置の有無など急性期医療を担う病院か慢性期を担う病院かを施設基準等の形式的にわかる範囲で分析を行う。             
2.実際に訪問して聞く
実際に訪問してみて自分の目で確かめる事の重要性をA院長は繰り返し強調していました。A院長が実際に訪問してみてわかった事は急性期病院が開業医に任せたい患者と開業医が望む患者が一致しているということがインタビューを通じてわかったという事です。実際に訪問してみて「わかる事」「気づく事」は多くあるので連携病院を見極める際は必ず訪問することをお勧めする。

ポイント2.連携病院へ積極アプローチ
連携する病院へ得意分野を情報発信する事で病院勤務医に対して紹介しやすい診療所であることを認知してもらう活動は欠かせない。A院長の活動は下記のとおりです。

1.病院主催の症例検討会等に参加する
参加する事が目的ではない。ここでは自分をアピールする事が目的である事を認識する。A院長の場合、自分のこれまでの経歴と診療所のパンフレットを各診療科の勤務医全員に配布しまわった。さらに勤務医が主催しているテニスサークルにも参加して情報交換を実施している。

2.共同診療を実施する
自分の紹介した患者を病院の勤務医と共同診療を行い、患者情報を共有する事は勤務医に認知してもらうのに効果があった。A院長で統計をとったところ、このような活動を実践した病院の勤務医から直接、在宅患者の紹介が5件以上あり予想以上に効果があった。
以上、訪問診療の増患事例でした。在宅医療患者を獲得するのはたいへん難しい環境になりつつありますが、地道な行動の積み重ねが紹介につながります。ぜひ、チャレンジしてみてください。

最後までお読み頂きありがとうございました。
感謝!
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

 合同会社 MASパートナーズ 原 聡彦(hara toshihiko)

 住所:〒540-0031 大阪市中央区北浜東1-15 
              ビル・リバーセンター503号
   E-mail : hara@maspartners.co.jp 
------------------------------------------------------------------
 MASパートナーズ公式サイト < http://www.maspartners.co.jp/>
 原聡彦ブログ「気づき日記」 < http://blog.livedoor.jp/masp2010/>
 原聡彦ツイッター      < http://twitter.com/toshihiko_hara>
------------------------------------------------------------------
「マイベストプロ大阪 合同会社MASパートナーズ 
医療経営指導のプロ 原聡彦(はらとしひこ)の取材記事!」
http://pro.mbp-osaka.com/masp/
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

この記事を書いたプロ

合同会社 MASパートナーズ [ホームページ]

経営コンサルタント 原聡彦

大阪府大阪市淀川区西宮原2丁目7番53号 Marutaビル5階 [地図]
TEL:06-6399-6488

  • 問い合わせ

このコラムを読んでよかったと思ったら、クリックしてください。

「よかった」ボタンをクリックして、あなたがいいと思ったコラムを評価しましょう。

0

こちらの関連するコラムもお読みください。

<< 前のコラム 次のコラム >>
最近投稿されたコラムを読む
メディア掲載情報
イメージ

2011年10月より全国の医薬品卸会社のユーザー医療機関に配布している医業情報ダイジェスト(月2回発刊)の連載記事を担当させて頂いております。私が担当している連載記...

 
このプロの紹介記事
原 聡彦(はら としひこ)さん

現場主義のコンサルティングをモットーにしています(1/3)

 医療機関専門のプロフェッショナル経営サポーター「MASパートナーズ」代表の原聡彦さんは、約16年間、神戸、大阪の2つの医療専門会計事務所での勤務を経て2009年10月に起業しました。「私自身が経営者になって、本当の意味でも経営者の孤独を実...

原聡彦プロに相談してみよう!

読売新聞 マイベストプロ

会社名 : 合同会社 MASパートナーズ
住所 : 大阪府大阪市淀川区西宮原2丁目7番53号 Marutaビル5階 [地図]
TEL : 06-6399-6488

プロへのお問い合わせ

マイベストプロを見たと言うとスムーズです

06-6399-6488

勧誘を目的とした営業行為の上記電話番号によるお問合せはお断りしております。

原聡彦(はらとしひこ)

合同会社 MASパートナーズ

アクセスマップ

このプロにメールで問い合わせる
プロのおすすめコラム
不満から始まったクリニック内研修〜スタッフが研修講師になるの巻〜
イメージ

私どもの院長夫人コーチングのクライアントでクリニック経営のマネジメントに真剣に取り組んでいる院長夫人のコラ...

[ 院長夫人の日々是勉強~クリニック経営のレシピ~ ]

電子カルテとドクターズクラーク導入時に気をつけてほしいこと〜その1〜

私どもの院長夫人コーチングのクライアントでクリニック経営のマネジメントに真剣に取り組んでいる院長夫人のコラ...

[ 院長夫人の日々是勉強~クリニック経営のレシピ~ ]

院内研修~研修後のアウトプットについて~

私どもの院長夫人コーチングのクライアントでクリニック経営のマネジメントに真剣に取り組んでいる院長夫人のコラ...

[ 院長夫人の日々是勉強~クリニック経営のレシピ~ ]

院長夫人のための実践的マネジメントセミナーの講師をしました!

私どもの院長夫人コーチングのクライアントでクリニック経営のマネジメントに真剣に取り組んでいる院長夫人のコラ...

[ 院長夫人の日々是勉強~クリニック経営のレシピ~ ]

接遇教育の根本にある『気配り』vol.4 

最近、患者さんへの接遇教育を熱心に実施している医療機関が増えています。その原因は患者さんから医療機関へ向け...

[ 医療経営の処方箋 ]

コラム一覧を見る

スマホで見る

モバイルQRコード このプロの紹介ページはスマートフォンでもご覧いただけます。 バーコード読み取り機能で、左の二次元バーコードを読み取ってください。

ページの先頭へ