コラム

 公開日: 2011-02-08  最終更新日: 2011-05-15

従業員のヴィクティム度合いを把握するためのポイントvol.47

ヴィクティムという言葉はご存知ですか?ヴィクティムとは、「被害者意識・ネガティブな考え」という意味です。一般的に言われるのは、リーダーたるもの、ネガティブな発言や被害者意識をもつことはリーダーとして失格といわれています。

しかしながら、読者の皆様の職場でもヴィクティム度合いの高いリーダーや従業員がいらっしゃるのではないでしょうか?

今回は、従業員のヴィクティム度合いを把握するためのポイントをお伝えします。

よくあるリーダー研修、管理者研修などでは、リーダーたるもの、いつもポジティブな考えを持ち、自分の仕事に責任を持つという自責意識を醸成する教育をしています。

たしかに、組織に属している部長、マネージャー、課長と言われるリーダーには、ポジティブな考えを持ち自分の仕事(結果及び行動)に責任持つという自立した意識・行動をとることが当然求められます。
しかしながら、ヴィクティムに囚われネガティブに傾いているリーダーを含む従業員に対して「いくらポジティブな思考をしろ!」と通り一遍のアドバイスをしたところで、状況は変わることはありません。
 
なぜなら、過去に怒りやわだかまりが積み重なったことがヴィクティムに囚われる原因になっているので、この怒りやわだかまりを解放しない限りポジティブな考えで一歩を踏み出すことができません。

かりに、ポジティブな考えで一歩を踏む出せたとしても時限爆弾のように必ず爆発します。爆発した後では、その従業員を復帰させるのは時間もパワーも必要になり極めて困難です。
こうなる前に、まず、院長先生、リーダーは、従業員のヴィクティムの兆候を知ることがポイントとなります。
従業員のヴィクティムの度合いを知るために次のチェックリストを活用することをお勧めしています。

☆従業員のヴィクティムの度合いを知るチェックリスト
1.部下や他人を責めてばかりいる
2.課題について話し合うとき、できないことにばかり目を向ける
3.他人の動向をさりげなくうかがっている
4.自分の責任のある事柄を確かめようとしない
5.自分にとって一番つらい課題に向かい合っていない
6.よく防衛体勢をとっている
7.自分では変えられない事について話すことが多い
8.上司、同僚、部下の批判にかなりの時間とエネルギーを費やしている
9.誰かに利用された一件を何度も口にする
10.世の中を悲観的に見ている

以上の10個のチェックリストのうち、5個以上当てはまる箇所があればその従業員はヴィクティム度合いが高い状態にあると言えます。

このようなヴィクティム度合の高い状態にある従業員がいるクライアント(企業、医療機関)に対して、高額なスーパーポジティブ研修に参加させ問題解決させようとするコンサルタントもいますのでご注意ください。

従業員が潰れますよ(そんなスーパーポジティブ研修をしている会社の従業員も潰れています。笑えない話ですね)。

最後までお読み頂きありがとうございました。
感謝!
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

 合同会社 MASパートナーズ 原 聡彦(hara toshihiko)

 住所:〒540-0031 大阪市中央区北浜東1-15 
              ビル・リバーセンター503号
   E-mail : hara@maspartners.co.jp 
------------------------------------------------------------------
 MASパートナーズ公式サイト < http://www.maspartners.co.jp/>
 原聡彦ブログ「気づき日記」 < http://blog.livedoor.jp/masp2010/>
 原聡彦ツイッター      < http://twitter.com/toshihiko_hara>
------------------------------------------------------------------
「マイベストプロ大阪 合同会社MASパートナーズ 
医療経営指導のプロ 原聡彦(はらとしひこ)の取材記事!」
http://pro.mbp-osaka.com/masp/
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━




この記事を書いたプロ

合同会社 MASパートナーズ [ホームページ]

経営コンサルタント 原聡彦

大阪府大阪市淀川区西宮原2丁目7番53号 Marutaビル5階 [地図]
TEL:06-6399-6488

  • 問い合わせ

このコラムを読んでよかったと思ったら、クリックしてください。

「よかった」ボタンをクリックして、あなたがいいと思ったコラムを評価しましょう。

0

こちらの関連するコラムもお読みください。

<< 前のコラム 次のコラム >>
最近投稿されたコラムを読む
メディア掲載情報
イメージ

2011年10月より全国の医薬品卸会社のユーザー医療機関に配布している医業情報ダイジェスト(月2回発刊)の連載記事を担当させて頂いております。私が担当している連載記...

 
このプロの紹介記事
原 聡彦(はら としひこ)さん

現場主義のコンサルティングをモットーにしています(1/3)

 医療機関専門のプロフェッショナル経営サポーター「MASパートナーズ」代表の原聡彦さんは、約16年間、神戸、大阪の2つの医療専門会計事務所での勤務を経て2009年10月に起業しました。「私自身が経営者になって、本当の意味でも経営者の孤独を実...

原聡彦プロに相談してみよう!

読売新聞 マイベストプロ

会社名 : 合同会社 MASパートナーズ
住所 : 大阪府大阪市淀川区西宮原2丁目7番53号 Marutaビル5階 [地図]
TEL : 06-6399-6488

プロへのお問い合わせ

マイベストプロを見たと言うとスムーズです

06-6399-6488

勧誘を目的とした営業行為の上記電話番号によるお問合せはお断りしております。

原聡彦(はらとしひこ)

合同会社 MASパートナーズ

アクセスマップ

このプロにメールで問い合わせる
プロのおすすめコラム
不満から始まったクリニック内研修〜スタッフが研修講師になるの巻〜
イメージ

私どもの院長夫人コーチングのクライアントでクリニック経営のマネジメントに真剣に取り組んでいる院長夫人のコラ...

[ 院長夫人の日々是勉強~クリニック経営のレシピ~ ]

電子カルテとドクターズクラーク導入時に気をつけてほしいこと〜その1〜

私どもの院長夫人コーチングのクライアントでクリニック経営のマネジメントに真剣に取り組んでいる院長夫人のコラ...

[ 院長夫人の日々是勉強~クリニック経営のレシピ~ ]

院内研修~研修後のアウトプットについて~

私どもの院長夫人コーチングのクライアントでクリニック経営のマネジメントに真剣に取り組んでいる院長夫人のコラ...

[ 院長夫人の日々是勉強~クリニック経営のレシピ~ ]

院長夫人のための実践的マネジメントセミナーの講師をしました!

私どもの院長夫人コーチングのクライアントでクリニック経営のマネジメントに真剣に取り組んでいる院長夫人のコラ...

[ 院長夫人の日々是勉強~クリニック経営のレシピ~ ]

接遇教育の根本にある『気配り』vol.4 

最近、患者さんへの接遇教育を熱心に実施している医療機関が増えています。その原因は患者さんから医療機関へ向け...

[ 医療経営の処方箋 ]

コラム一覧を見る

スマホで見る

モバイルQRコード このプロの紹介ページはスマートフォンでもご覧いただけます。 バーコード読み取り機能で、左の二次元バーコードを読み取ってください。

ページの先頭へ