コラム

 公開日: 2011-05-29 

会計事務所の顧問料低料金化に対応するために vol.2

会計事務所の顧問料低料金化に対応するためにブログ(http://blog.livedoor.jp/masp2010/)の続きです。

私は「顧問料の安さだけをみて会計事務所を選定してはいかがなものでしょうか。先生の大事な財布の中身をゆだねるわけですし、これぐらいの顧問料になると、まだ経験の浅い若い人が来ると思いますので先生や奥様の相談にものってもらえないと思いますよ。」とお答えした。

要は、「安かろう!悪かろう!」と言いたかったのだが・・・次の瞬間、奥様から次のようなものを見せられて、正直、焦りました。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
もちろん会計事務所の選定は料金だけの問題ではありません
         そこで幣事務所からのお約束
●経験豊富なスタッフが担当(経験5年未満のものは顧客担当させません)
●決算・税務対策その他経営相談は公認会計士・税理士等が対応
●弁護士・司法書士・社会保険労務士などの万全なネットワーク
●会社設立から株式公開まで経営に関することは全て対応
●毎月最新経営情報などを必ず提供(事務所通信としてFAX配信)
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

上記の案内を見せられ、とっさに切り替えした言葉が「まあ、でも、医療業に精通している会計事務所はなかなかございませんから。また、医療法人の設立~売却・廃院までわかっている事務所も少ないですからね。クリニックの開業からリタイヤまで一環してフォローできるサービスをもっている事務所は少ないですよ。」とお話ししてなんとかその場を凌ごうとした。

お客様は、「いや、あなたの事務所があかんとかいっているのではないよ。こういう会計事務所も現れている事も知っといて欲しいから見せただけやから。」とニヤっと笑いながらお話されました。

この一連の対応をして、私は、顧問料の低料金化を肌身に感じとったとともに、お客様は会計事務所に払う顧問料の負担額をしっかり把握されており、他の事務所とも常に比較していることを感じました(その後、このお客様は顧問料低料金の案内をいまだに院長室の目立つところに掲示されているのが気になりながら仕事をしていました・・・)。

多かれ少なかれ現場の担当者の方はこのような顧問料の問題に直面していると思います。担当者は会計士・税理士業界の顧問料の低料金化は潮流であることを認識してお客様に挑む必要があるのではないかと思います。そして、会計事務所として顧問料低料金化の潮流をどのように組織として対応するか仕組みを構築する時が到来したと思います。

顧問料の低料金化に会計事務所は、どのように対応しなければならないのか?

私はお客様に価格以外の選択基準を教えないとお客様は価格だけを求めてくると考えています。つまり、価格競争に巻き込まれるという事です。そうならないためにも、お客様に価格以外の選択基準を持って頂き、お客様に会計事務所の価値を認識頂けるような仕組みをつくっていくことが重要ではないでしょうか?それでは価値を持っていただくためにはどうすればいいか。私なりに医療業のお客様に絞って下記にまとめました。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
顧問料低料金化に対応するために
1.創業以来、事務所が医業クライアントに継続して続けている独自のサービスを明確にする!

2.事務所独自のサービスの提供を標準化(生産性アップ)して創り込んでいく!

3.全職員が「事務所独自のサービス」をお客様に提供できるようレベルアップし続ける!
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

顧問料の低料金化の波は押し寄せています。所長先生、事務所の幹部の方々には、今一度、上記の視点で事務所のサービスを見直し厳しい環境を乗り越えて頂きたいと思います。

税理士事務所・会計事務所の経営相談を定期的に受付しております
⇒(http://www.maspartners.co.jp/manager.html )

私どもMASパートナーズでは、会計事務所の顧問料低料金化に対応するために上記の三つの視点で会計事務所、税理士事務所向けのコンサルティングを実施しております
(お客様の声⇒ http://www.maspartners.co.jp/voice.html )。

ご関心のある方はお問い合わせください。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

 合同会社 MASパートナーズ 原 聡彦(hara toshihiko)

 住所:〒540-0031 大阪市中央区北浜東1-15 
              ビル・リバーセンター503号
   E-mail : info@maspartners.co.jp 
------------------------------------------------------------------
 MASパートナーズ公式サイト < http://www.maspartners.co.jp/>
 原聡彦ブログ「気づき日記」 < http://blog.livedoor.jp/masp2010/>
 原聡彦ツイッター      < http://twitter.com/toshihiko_hara>
------------------------------------------------------------------
「マイベストプロ大阪 合同会社MASパートナーズ 
医療経営指導のプロ 原聡彦(はらとしひこ)の取材記事!」
http://pro.mbp-osaka.com/masp/
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

この記事を書いたプロ

合同会社 MASパートナーズ [ホームページ]

経営コンサルタント 原聡彦

大阪府大阪市淀川区西宮原2丁目7番53号 Marutaビル5階 [地図]
TEL:06-6399-6488

  • 問い合わせ

このコラムを読んでよかったと思ったら、クリックしてください。

「よかった」ボタンをクリックして、あなたがいいと思ったコラムを評価しましょう。

0

こちらの関連するコラムもお読みください。

<< 前のコラム 次のコラム >>
最近投稿されたコラムを読む
メディア掲載情報
イメージ

2011年10月より全国の医薬品卸会社のユーザー医療機関に配布している医業情報ダイジェスト(月2回発刊)の連載記事を担当させて頂いております。私が担当している連載記...

 
このプロの紹介記事
原 聡彦(はら としひこ)さん

現場主義のコンサルティングをモットーにしています(1/3)

 医療機関専門のプロフェッショナル経営サポーター「MASパートナーズ」代表の原聡彦さんは、約16年間、神戸、大阪の2つの医療専門会計事務所での勤務を経て2009年10月に起業しました。「私自身が経営者になって、本当の意味でも経営者の孤独を実...

原聡彦プロに相談してみよう!

読売新聞 マイベストプロ

会社名 : 合同会社 MASパートナーズ
住所 : 大阪府大阪市淀川区西宮原2丁目7番53号 Marutaビル5階 [地図]
TEL : 06-6399-6488

プロへのお問い合わせ

マイベストプロを見たと言うとスムーズです

06-6399-6488

勧誘を目的とした営業行為の上記電話番号によるお問合せはお断りしております。

原聡彦(はらとしひこ)

合同会社 MASパートナーズ

アクセスマップ

このプロにメールで問い合わせる
プロのおすすめコラム
不満から始まったクリニック内研修〜スタッフが研修講師になるの巻〜
イメージ

私どもの院長夫人コーチングのクライアントでクリニック経営のマネジメントに真剣に取り組んでいる院長夫人のコラ...

[ 院長夫人の日々是勉強~クリニック経営のレシピ~ ]

電子カルテとドクターズクラーク導入時に気をつけてほしいこと〜その1〜

私どもの院長夫人コーチングのクライアントでクリニック経営のマネジメントに真剣に取り組んでいる院長夫人のコラ...

[ 院長夫人の日々是勉強~クリニック経営のレシピ~ ]

院内研修~研修後のアウトプットについて~

私どもの院長夫人コーチングのクライアントでクリニック経営のマネジメントに真剣に取り組んでいる院長夫人のコラ...

[ 院長夫人の日々是勉強~クリニック経営のレシピ~ ]

院長夫人のための実践的マネジメントセミナーの講師をしました!

私どもの院長夫人コーチングのクライアントでクリニック経営のマネジメントに真剣に取り組んでいる院長夫人のコラ...

[ 院長夫人の日々是勉強~クリニック経営のレシピ~ ]

接遇教育の根本にある『気配り』vol.4 

最近、患者さんへの接遇教育を熱心に実施している医療機関が増えています。その原因は患者さんから医療機関へ向け...

[ 医療経営の処方箋 ]

コラム一覧を見る

スマホで見る

モバイルQRコード このプロの紹介ページはスマートフォンでもご覧いただけます。 バーコード読み取り機能で、左の二次元バーコードを読み取ってください。

ページの先頭へ